告白して振られた後連絡しない方がいい期間は?知っておきたい男性心理

告白して振られた後連絡しない方がいい期間は?知っておきたい男性心理

恋活

次の連絡までの適切な期間は?

スケジュール確認をする女性

告白して振られた後、男性に連絡をするまでの期間の目安は2週間です。 女性を振った後の男性の心理を考えて、すぐに連絡をしてしまうのはセカンドチャンスを失うことにもなりかねません。

もし告白して振ってしまった相手に対して男性が、少しでも気になりはじめているとしたら、期間を空けるべきです。 すぐに連絡をしてしまうと、彼の熱は冷めてしまうこともあります。

さらに、良からぬ男性に体の関係を求められて都合のいい女になってしまう危険もあります。 最低でも2週間の冷却期間を空けることで、男性の気持ちを落ち着かせることができるのです。

逆にあまりに間を空けすぎるのも良くないので、セカンドチャンスを狙うなら2週間が目安です。

期間を置いて連絡をするときのポイント

スマホを見る女性

冷却期間を置いて連絡をするときのポイントには、どんな注意点があるのでしょうか。 振った側の男性と良好な関係を持つためには、ポイントを押さえて連絡を取ることが重要です。

男性の心理を考えずに、思うままに連絡をすると感情を逆なでしてしまうこともあるでしょう。 振られた男性に連絡をするときのポイントは、以下のようなことがあります。

  • 明るく返信しやすい内容を送る
  • 友達として接する
  • 恋愛系の話題は避ける
  • 返事は根気よく待つ

 

明るく返信しやすい内容を送る

振られてから冷却期間を空けたあと、男性に連絡をするときは明るく返信しやすい内容を送るようにしましょう。

たとえば、気候がよくなってきたねとか明るいニュースの話題などが差し障りないので、連絡を受けた彼も返信しやすいです。

ネガティブな内容の連絡をしてしまうと、振った男性は返信に困ってしまいます。 こないだはごめんなさいなど、告白のことを蒸し返すような話題は厳禁です。 気軽に話せる話題を選ぶようにしましょう。

友達として接する

告白した男性との関係性がまだ薄かった場合、あなたのことをよく知らなかった可能性もあります。 そのため、心機一転で友達からスタートしてみることも効果的な作戦です。

冷却期間を空けたあと連絡をするときに、友達として彼に連絡をしてみましょう。 友達として会話をすることが増えれば、あなたの印象が変わりセカンドチャンスに繋がる可能性があります。

思っていたよりいい子かもと気づき、彼の気持ちが変化するように振る舞ってみましょう。

恋愛系の話題は避ける

振られた相手への連絡でNGなのは、恋愛や未練を語る内容です。 振ってしまった相手は、返信に困り連絡をしてこなくなる可能性があります。

まして、ポエムのような思いを語るような自分本位の連絡はもってのほかです。 恋愛に関係のない明るい話題を心がけて、彼に負担を感じさせないようにしましょう。

振られてしまった彼とセカンドチャンスを狙うなら、まずはあなたの良さをわかってもらう行動が大事です。 しばらくは、恋愛系の話題は出さないように注意してください。

返事は根気よく待つ

勇気を出して振られた彼に連絡をしてみたけど、連絡が来ないということもあります。 振られた彼からの連絡は、どんなに時間が経っても焦らず根気よく待つことです。

たまたま彼が仕事などで忙しくて連絡ができない可能性もありますし、彼自身が返信に迷っている可能性も考えられます。

そんなときに、しつこく連絡をしてしまうと彼は面倒だと感じて連絡が途絶える可能性もあるのです。 彼のペースに合わせるように、根気よくゆっくりと返信を待ちましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事