結婚を考えている彼氏に借金があった!対処方法と別れた方がいいケース

結婚を考えている彼氏に借金があった!対処方法と別れた方がいいケース

カップル

将来結婚を考えている彼氏に借金があったら、別れるべきなのでしょうか。真剣な交際をしている彼氏に借金があるとわかった場合、別れたほうがいいケースとそうでないケースがあります。

彼氏に借金があることがわかったら、このまま彼氏と付き合って結婚してもいいのか悩むポイントです。 慌てて彼氏と別れようとする前に、いくつかチェックポイントがあるので落ち着いて考えてみましょう。

結婚を考えている彼氏の借金が発覚した場合、やってはいけないことやどう対処するべきなのかを解説してきます。

 

彼氏の借金が発覚!まずどうするべき?対処法を紹介

お札を持つ手

彼氏の借金が発覚したら、どうするべきなのかを紹介していきます。 ショックでパニックにならずに、冷静に対処していくことが大事なポイントです。 以下が借金発覚後の対処法となります。

  • 理由を聞く
  • 金額を確認する
  • どこから借りているか確認する
  • 返済の計画を立てさせる
  • 転職の背中を押す
  • 結婚する前に精算してもらう

 

理由を聞く

彼氏の借金が発覚したら、まずは借金の理由を聞くようにしましょう。 借金をしていることすべてが悪いことではなく、理由によっては仕方がない事情であることもあります。

たとえば、学費を払うための奨学金や親の借金を返済しているなど、家庭の事情による借金や事業立ち上げのための借金などです。 ギャンブルや浪費のために重なった借金とは違って、正当な事情があれば今後のことを相談する余地があります。

今後の返済目処がどれくらいなのかなど、相談することも必要です。 そのため、「借金があるなんて」と彼氏を一方的に責めずに借金の理由を聞いてあげましょう。

金額を確認する

借金の理由とともに確認しておきたいのが、彼氏の借金の金額です。 金額の大きさによっては、問題の大きさが異なるため聞きにくいと思っても彼氏に確認するようにしましょう。

たとえば、旅行や買い物で数十万円程度の借金があるのと、なんらかの理由で数百万円以上の借金があるのとでは大きく違います。 借金の金額が大きくなればなるほど、場合によっては返済ができないこともあるので返済できる可能性を疑うべきです。

多額の借金がある場合、彼氏が返済できずに自己破産となる可能性もあり、結婚を考えている場合は考えるべきポイントとなります。

どこから借りているか確認する

借金がある場合、どこから借りているのかも大きなポイントとなります。 借金をしている場合、金融機関や消費者金融で借り入れをしていることが多いです。

借りている金融機関によっては、違法な金利で貸し付けているケースもあり、さらに返済のために複数の金融機関から借り入れていると「多重債務」となってしまいます。 そして、知人などから借り入れているケースでは、返済が滞納するなどが起これば人間関係のトラブルにもつながりかねません。

トラブルに巻き込まれないためにも彼氏がどこからお金を借りているのか、確認をしておくようにしましょう。

返済の計画を立てさせる

借金をどうやって返済するつもりなのか、返済の計画を立てさせることも重要です。 借金の額がいくらかというのは、彼氏の年収によって返済計画が異なります。

たとえば、借金100万円ある人が年収1,000万円ある場合と200万円しかない場合では、借金の重みが違うことになりますよね。 毎月いくら返済をしていつまでに終了させる予定なのか、具体的に確認してみましょう。

多額の借金があり返済ができない場合を考えて、土地や家屋などを担保にしている場合もあるので、返済できない場合を考えてどんな計画なのか聞いておくことが大事です。

転職の背中を押す

彼氏の現在の収入では返済がキツイ状態で時間がかかりすぎてしまう場合は、彼氏に転職などの収入アップを提案してあげることがおすすめです。 今の仕事の給料が低くボーナスや昇給などがないのなら、転職を勧めてあげるのもいいでしょう。

現状の仕事を辞めたくないという場合は、副業を勧めてみるのもおすすめです。 外でのバイトでもいいですが、難しい場合は自宅でできるクラウドソーシングなどもあるので、勧めてみるといいでしょう。

彼氏に早めに借金を返済することを条件にして、できないのなら別れると言ってみるのも1つの手段です。

結婚する前に精算してもらう

独身時代に作った借金は個人のものなので、結婚前に精算させておくことも重要です。 借金を抱えたまま結婚をしてしまうと、相手の借金なのに自分も関わることになってしまいトラブルになります。

個人で作った借金は本人に返済義務があるだけで、結婚したからといってあなたに返済義務はありません。 少額の借金だとしても、すべて返済が終わるまで結婚はしないようにしましょう。

むしろ借金額が少ないのであれば、結婚前に返済させておくべきです。 すぐ返せるからと言われても、借金を返すまで結婚しないとはっきり伝えましょう。

結婚を考えていた彼氏の借金が発覚…別れなくても大丈夫なケースは?

計算をする男性

将来結婚を考えている彼氏の借金が発覚しても、別れなくても大丈夫なケースもあります。 理由や状況によっては、時間が多少かかっても解決することもあるからです。 借金があったとしても別れなくても大丈夫なケースは以下となります。

  • 借金の内容が、車のローンと奨学金だった場合
  • 毎月計画を立ててコツコツ返済している
  • 事業で背負った借金

 

借金の内容が、車のローンと奨学金だった場合

彼氏の借金の理由が車のローンや奨学金だった場合は、借金があっても別れなくてもいいケースといえます。

車を購入する際、現金一括で購入できる人はほとんどいません。 また、学費のための奨学金も現金がないから利用するものです。

そのため、車のローンや奨学金のための借金であれば返済さえできている状態であれば問題ありません。 この場合はローンの返済の状況を確認して、いつまでどのくらいの借金があるのか確認しておきましょう。

彼氏の借金の返済状況が悪くないのであれば、借金返済を待って結婚という形を提案してみることがおすすめです。

毎月計画を立ててコツコツ返済している

借金の返済を毎月計画を立ててコツコツ行っているなら、別れなくても大丈夫なケースです。

自分の借金をきちんと把握し、計画を立てて返済の目処が立っているならさほど心配はいらないでしょう。 借金をしているのに無頓着で無計画な彼氏だと、さらに借金を重ねることも考えられますが、きちんと把握している場合は返済する意思があると考えられます。

そのため、彼氏の借金返済計画をしっかり確認して計画的かどうか、現実的な計画なのかを確認するようにしましょう。 適当に流すような彼氏に合わせてしまうと、自分が大変なことになります。

事業で背負った借金

事業設立や投資などで背負った借金の場合は、ケース次第で別れなくてもいい理由となります。 たとえば、事業が大きなもので借金額も大きい返済の可能性がある場合や、一時的な投資の損失である場合などです。

事業で背負ってしまった借金というのは、金額が大きい場合もあります。 そのため、借金返済をしていきながら事業を回していくというリスクも背負うことになるため、結婚してからも一緒に返済していくことになるのです。

それだけの覚悟があり、借金の返済ができる可能性があるというケースであれば別れなくてもいいといえます。

結婚前提の彼氏の借金で、すぐに別れた方がいいケース

カードを持つ男性

結婚しようと思っていた彼氏の借金が発覚して、すぐにでも別れた方がいいケースもあります。 借金によるトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、結婚するべきではないケースです。 結婚前提の彼氏の借金で、すぐに別れた方がいいケースは以下です。

  • 返済する意識が低く、なるようにしかならないと考えている
  • ギャンブルでできた借金をギャンブルで返そうとしている
  • 普段から無駄遣いが多く、浪費癖がある

 

返済する意識が低く、なるようにしかならないと考えている

借金があること自体の意識が低く、なんとかなる精神の人は別れた方がいいタイプといえます。 このタイプは、なんとかなるという意識が強くいい加減な傾向があるからです。

自分がいくら借金を抱えているのか、いつまでに返済すればいいのかということを理解していないため、無計画にお金を使ってしまいます。 借金の金額や返済計画などを尋ねてもいいかげんな答えしかしない、楽観的すぎるようなら別れを選ぶことをおすすめします。

別れたくないと彼氏が慌てて考え直す可能性もありますし、それでも変わらないのであれば確実に別れましょう。

ギャンブルでできた借金をギャンブルで返そうとしている

どんなにいい人でもどんなに好きでも、借金の理由がギャンブルの場合は別れを選択することをおすすめします。 ギャンブルを止められない人は、一種の依存症ということを理解しておきましょう。

ギャンブルで勝っている喜びを忘れられないため、負けても勝つまで続けてしまい借金が膨らんでいくことになります。 もうやらないと泣きつかれて許してしまうと、結果同じことをくりかえします。

別れたくない思いがあるなら、一度別れて冷却期間をおき様子をみてみましょう。 それでもギャンブルを止められない場合は、別れる覚悟を決めることです。

普段から無駄遣いが多く、浪費癖がある

計画性がなく欲しいと思ったら手に入れないと気がすまない、我慢ができないタイプは無駄遣いが多く借金をくりかえすことになります。 そのため、一旦借金がなくなったとしても、また借金ができるという発想になるので、買い物などをくりかえしてしまうのです。

このタイプは、買うことに満足するためその欲求を満たしたいというループに入り、買い物依存症に近い状態になってしまいます。 ギャンブルと同じでなかなか治らないことが多く、借金があること自体罪悪感もありません。

結婚したとしても変わらなければ、借金だらけの未来が訪れることになるでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。