彼氏に嫌がられるキスの後のNGセリフ2つ~あの言葉もNGだった

彼氏に嫌がられるキスの後のNGセリフ2つ~あの言葉もNGだった

1007
update

キスの後、貴方はどんな言葉を彼氏にかけますか?彼氏に喜ばれることばもあれば、彼氏がガッカリしてしまう言葉もあります。今回は、キスの後に彼氏がショックを受けちゃうようなセリフをご紹介します!もしラブラブなままでいたいなら、控えておきましょう!

1007
update

キスの後はすごく大事

キスの後のリアクションで彼氏を喜ばせることも出来るのですが、逆に萎えさせてしまう可能性もあるんです!

喜びそうだから、と言った台詞や思わず素直に言ってしまった言葉でも、相手を傷つけているのかも知れません。

キスした後に、何を言ってはいけないのか、その言葉をご紹介します!

◼『今までで一番上手なキスだった❤』

彼氏を褒めよう、彼氏に喜んでもらおう、と思って言う台詞かもしれませんが、この言葉は逆効果になってしまいます。

『今までで一番』と言うことは、『今までの他の人と比較して』今彼のキスがうまかったということを暗に表しています。

『比較する』には『他にキスした誰か』がいなければいけません。

甘いキスの後に『他の誰か』とキスを比べられるといい気分にはならないものです。

『キスが上手だなぁ』と思っても『キスが上手いね!』とは言わず『すごく素敵だった』や『気持ちいいキスだった』と言うようにしましょう。

そうすれば、誰とも比較することなくストレートな感想だけが伝わります。

◼『くさい』

『くさい』はストレート過ぎる言葉ですが口臭を指摘すると、ムードもぶち壊しになり、相手は嫌な気持ちになってしまいます。

『焼き肉食べた?』や『今日納豆食べたよね?』など、キスした直後に口から匂った食べ物を指摘することも『くさい』と同じくらいダメージを与えるようです。

口内が乾燥する冬などは、特に口臭が気になる時期でもあります。

キスの最中に『くさい!』と思っても、我慢できそうなら指摘せずに我慢した方が良いでしょう。

もしどうしても我慢できないなら、『私、喉乾いちゃった』などと言って、水をのみ、相手にもそれとなく飲ませましょう。

口内が潤えば、ある程度臭いがマシになることもあります。

あくまで自然に口臭がマシになる手段を探しましょう。

いかがでしたか?

どちらも素直に言ってしまった言葉かもしれませんが、意外に男性は繊細な心を持っています。

比べられたり、臭いを指摘されると恥ずかしかったり、傷ついたり、あまりいい気分にはなれないようです。

キスの後は、甘い雰囲気に包まれたいものですよね。

そのためにも、『相手を傷つけないか』一度考えてから言葉を選んで、彼氏に伝えるようにしましょう!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー