私は彼の1番とは違う。2番目の女ができない6つの事

私は彼の1番とは違う。2番目の女ができない6つの事

1864
update

彼に本命がいても一緒にいれれば幸せ!と思ってデートを続けている女性も、ふと2番目の女には”できない”ことに直面したら、彼とこれからも一緒にいる事について考え直すかもしれませんね。2番目の女で良いわけがないのです!もし、現在その立場にいるのでしたら、冷静に考え直してください。

1864
update

これはよくない!

「好きな人だから」というだけで、本命彼女・奥さんがいる男性との関係を続けている人も、いるかもしれません。

2人で一緒にいる時は、とても幸せで、会えない間に溜まっていた不安も一気に吹き飛んでしまいますが、アナタが2番目の女でいる限り、絶対に出来ない事がいくつかあります。

そして、その度に2番目の悲しさを感じることになるのです。

彼と電話でおしゃべり

彼と電話をするのはデートの待ち合わせ、お互いを見つけられなかったと時だけ。彼に電話を掛けても、出てもらえない事が多くありませんか?

彼に特定のパートナーがいる場合は、アナタと通話する事が難しいです。

その理由はただひとつ、”他の女性と一緒にいるから”です。

その為、本命の女性にバレないように、アナタとのやり取りはコソコソとメッセージで行っているのです。

電話に出てくれないという事は、アナタの存在は隠されているという意味です。

プレゼント

好きな人の誕生日や、イベント事の時は、やっぱりプレゼントをあげたい気持ちになるものです。

しかし、2番目の女でいる限り、好きな彼の為に「プレゼントをあげていいのかな?」という悩みが付きまといます。

プレゼントを渡しても、奥さんや彼女にバレたら困るため、使われずに処分される可能性もあります。

この関係性でいる限り、彼の為を思って渡したプレゼントだとしても、彼にとっては迷惑行為として受け取られてしまうのです。

イベント事を一緒に過ごす

彼の誕生日、お盆休み、クリスマス、お正月などのイベント事は、年に1度しかない為、必然的に本命の為の時間として捧げられます。

本来なら楽しく過ごすはずのイベント事も、2番目の女にとっては、自分が本命じゃないと思い知らされる日であり、「今頃彼は彼女と楽しく過ごしているのかな・・・」と嫉妬に苛まれる日でもあります。

イベント事がくる度にこのような気持ちになってしまうなら、アナタにとってその関係は辛いものでしょう。

彼の看病

彼が風邪を引いたときですら、彼女がご飯を作ったり、薬を飲ませたりするので、2番目の女の入る隙はありません。

ですから、たとえ彼が何かしらの理由で入院したとしても、あなたはお見舞いすら行けないという可能性も大いにあります。

そんな時、友達以下のような気分にさせられることでしょう。

そして、彼の力になれない不甲斐なさを感じると同時に、本命の存在を思い知らされる事になります。

お見送り・お出迎え

この記事が気に入ったらシェア♪
2 ニャーニャー
通報

もう何もかもできないことだらけすぎるね。こんだけできないことがあったらこのまま関係を続けることさえ苦痛になりそう。これは二番目であるが故の宿命なのかなぁ。

1 ザブトン
通報

すごく悲しい気持ちになります。二番目だからこそ、できないことがこんなにもあるなんてというのが本音です。束の間の幸せも、できないことに直面すると、むなしく感じられるようです。なんだか、いろんなことを考えさせられました。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー