デートのキャンセルで彼に嫌われずにすむフォロー内容3つ

デートのキャンセルで彼に嫌われずにすむフォロー内容3つ

恋活

約束していたデートを、どうしてもキャンセルしなければならないときもありますよね。彼に嫌われてしまわないためにも、キャンセルのフォローは、こう入れましょう。デートをキャンセルしなければならなくなった際は、こうやってフォローするのです!

mimi
mimi
2016.01.25

デートのキャンセルはココを気を付けて!

行きたくても、どうしても行けなくなったデート。

彼に嫌われてしまわないか、キャンセルするのは不安ですよね。

ここでは、デートをキャンセルする際に気を付けたいことや、後のデートに繋げるためのフォローについて、お話しします☆

曖昧な理由はやめよう

デートをキャンセルするときに、曖昧な理由でキャンセルするのは一番良くないことです。

例えば「なんか気分が乗らなくて…」「ちょっと行けなくなっちゃって…」こんな理由では男性も納得できませんよね。

「分かったよ」と言いつつも、「もしかして嫌われたのかな…」なんてマイナスに考えられてしまう可能性もあります。

理由を伝えるときは「はっきりとした理由」を伝えるようにしましょう。

例え本音は曖昧な理由でも、バレない程度の嘘ではっきりと理由を伝える方が大切です。

次の約束について触れよう!

デートをキャンセルして「また今度ね」のまま、次のデートのきっかけが掴めないことはよくあることです。

男性側に「デートしたくないんだな」と勘違いされて、次のデートのお誘いがないパターンも多いんです。

なので、デートをキャンセルしたときは「今日は無理になっちゃったけど、土曜ならいつでも空いてるよ」「いつにしようか?」と、彼が嫌でデートを断ったわけじゃない!というアピールをしましょう。

こうすることで、キャンセルで誤解される心配はなくなります。

キャンセルした埋め合わせを伝えよう!

デートをキャンセルして悪かった!という気持ちを伝えるためには、フォローとして「今度埋め合わせするね」と伝えることが大事です。

もちろん、埋め合わせの内容は具体的な方が良いですね☆

「今度のデート、お昼は私に奢らせて~」「美味しいスイーツ、次のデートのときに持参します!」こんな風に伝えれば男性に「反省してるみたいだし、しょうがないな~」と思ってもらえます。

実際に男性が埋め合わせに期待しているわけではありませんが、そうやって誠意を見せようとする姿に納得してくれるのです。

「次のデートお昼奢るから~!」「絶対だぞ~!」なんて明るい雰囲気に持っていけるのもポイントですよ☆

座って夕陽を眺める男女

いかがでしたか?

理由は何であれ、キャンセルするということは、こちら側に落ち度があるということです。

楽しみにしていた相手の気持ちも考えて、しっかりとフォローすることが大切ですよ☆

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事