バレンタイン手作りチョコ6つの失敗~手作りでありがちな失敗集

バレンタイン手作りチョコ6つの失敗~手作りでありがちな失敗集

カップル

ついにバレンタイン!完璧に作ったはずの手作りチョコでも、少しうっかりしていただけで思わぬ失敗をしているものです。自分で気づかないまま彼氏や好きな人に失敗チョコを渡してしまうことのないよう、事前に確認しておきましょう!

美味しくても、許されないミス!

バレンタインのチョコレート。

手作りで頑張っても、そして、どんなに美味しく出来上がったとしても、思わぬ失敗で彼にドン引きされる可能性だってあるのです。

そんな、男性が引いてしまう手作りチョコでありがちな失敗とは??

チョコが割れている

熱気球が飛んでいる景色

これはいけませんね・・・。

せっかく冷蔵庫で固めても、割れてしまったら台無しです。

とくにハート型のチョコが真っ二つに割れていたら・・・縁起が悪すぎますから!(笑)

急いでいて走ったりなんかすると、チョコが箱の中でいろんな方向にぶつかります。

ですから、当日はバタバタしないよう時間に余裕を持って行きましょうね!

チョコが潰れている

「私は生チョコだから大丈夫!」

「ケーキだから割れないわ」

と思っている人も注意ですよ。

割れているのと同様、潰れているというのもよくある失敗です。特に、リュックの中にチョコを入れる予定の人は、気をつけていただきたいです!

筆者は、高校時代リュックに生チョコを入れて持っていきましたが、そのことを忘れて登校中、バスの背もたれに思いっきりもたれてしまい、中でチョコがペシャンコになっておりました(笑)

こういうこともあるので、チョコ用の袋に入れた方が安全かもしれません。

チョコが指紋だらけ

几帳面な性格の人に多い失敗です。

本当にこれで大丈夫かな・・・と何度も何度もチョコに触って見直していくうちに、どんどんチョコに指紋がついていくという、思わぬ失敗。指紋がついていると、どんなに美味しくても不衛生に見えてしまうので、気をつけたいですね。

ポリ袋などを手にはめて間接的に触れば、こういった失敗は防げるかもしれません。

チョコが溶けている

これもよくある失敗です。

学校やオフィスなど、長時間暖房のきいたところに置いておくと、折角の手作りチョコが溶けてしまう危険がありますね。

すぐに渡せない場合は、保冷材を入れて持っていくか、駅などによくある有料ロッカーに入れておくなどして、なんとしてでもチョコが溶けるのを防ぎましょう。

本当に心配であれば、溶けないお菓子を持っていくのが確実ですよ。

賞味期限ギリギリのもの

線香花火を持っている手

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。