彼氏の困った行動、喧嘩しないで上手に注意するテクニック2つ

彼氏の困った行動、喧嘩しないで上手に注意するテクニック2つ

カップル

彼氏が困った行動を取るから、いつもそれで怒って喧嘩になってしまう(T T)というあなた。やめて欲しいことをもっと上手に伝えることが出来れば、喧嘩も減らせて彼氏もあなたの望みを聞いてくれるようになるかもしれませんよ!彼氏と喧嘩しないヒントにしてもらえると嬉しいです!

まろん
まろん
2015.12.24

困った行動、やめて欲しいけど喧嘩もイヤ!

うつむいた女性の後姿

彼氏に困った行動をやめて欲しいから、注意したり怒ったりするのだけど、その度に喧嘩になってしまう・・・。

これは女性にとってよくある悩みではないでしょうか?

でも、ちょっと注意のしかたに気を付けることで、彼氏との喧嘩も防げて、彼も直す努力をしてくれるようになるかもしれません。

早速試してみませんか?

1.時間にルーズ

時間にルーズな男性は困りもの。

特に、デートの約束に毎回遅れてくるなどはいただけませんよね。

そんな時は、頭ごなしに

「またなの!?」

と責めるよりも、「来るのが遅くなるなら早めに連絡してくれる?1人で待っていると心細いし、あなたに何かあったのかと不安になっちゃうし」

としおらしく言ってみましょう。自分のことを心配して、不安になっているあなたの気持ちがしみじみ伝わりやすいですし、伝われば直そうと改心してくれる可能性大です。

2.出来ない約束をする

あなたからの提案で、本当は守れそうもないのに、その時は悲しませたくないからと安易に約束してしまい、結局は守れないことが多い・・・。

そんなことが続くなら、「無理ならそう言ってくれた方が安心するよ。直前にダメになるとガッカリが大きいから」

と伝えましょう。

「なんでいつも約束守れないの!?」

とか

「約束守る気ないんでしょ!」

と責め立てると、彼氏も素直になれませんが、ぬか喜びさせないで欲しいという本音をあなたが伝えれば、彼もいい加減な気持ちで安請け合いはしなくなるはずです。

いかがでしたか?

男性は、責められると素直に謝れなかったり、反省出来なかったりすることが多々あるようです。

そこで、まずは優しくあなたの気持ちを伝え、どうしたらそんな状況が改善出来るのか、ヒントを示してあげると彼も「そうすればいいのか」と理解でき、あなたの気持ちに寄り添うことも出来るようになります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)