バレンタイン義理チョコを本命と勘違いされないために言いたい台詞

バレンタイン義理チョコを本命と勘違いされないために言いたい台詞

1674
update

バレンタインの義理チョコは、きちんと義理であることが伝わらなければ、本命と勘違いされて気まずい感じになることも。今年、男性に義理チョコを渡す予定の人は、渡す際に必ずあの台詞を言ってください!変に誤解されない為に、出来る予防線は、ちゃんと張っておきましょう!

1674
update

義理チョコを本命と勘違いされないために

バレンタイン、いつもお世話になっている人に、チョコをあげたいけど、本命チョコと誤解されるのだけは絶対に避けたいですよね。

もし誤解されたら、お互い気まずくなってしまうかもしれません。

こういったことを避けるためにも、義理チョコを渡す際には、あのセリフを言いましょう!

「いつもお世話になっているから」

これなら男友達でも会社の上司でも、そこそこ関わりのある相手であれば誰にでも使えそうです。

バレンタインチョコを渡す理由が「お世話になっているから」であれば、間接的に義理ですと言っているようなもんですよね。

これ以上に何も言う必要はありません。

相手に律儀な印象を与えることもできるかもしれないのも、こちら側のメリットです。よほど鈍感な男性でないかぎり、特別な意味はないと察してくれるはずです。

「たくさん作っちゃったから」

義理チョコも手作りでたくさん作ります、という人もいることでしょう。

「たくさん作っちゃったから」は、「本当はあげる予定なかったけど、たくさん作って消化しきれないからあげるね」といったニュアンスですね。たとえ手作りチョコでも、大量生産したうちのひとつとなれば義理感がかなり出ます。

他の人より豪華にしたり量を増やしたり、ラッピングを凝ったりしない限りは、本命と勘違いされることはないと思いますので、大丈夫ですよ。

モテない感じの男性だと(失礼ですが)義理チョコでももらえるだけで嬉しい、という人も多いです。

あまりチョコをもらっていなそうな人には、このセリフでも良いでしょう。

「これからも仲の良い友達でいてね」

「友達」を強調するのがポイントです。

あなたに好意を持っていて告白してきそうな男性(あなたは好きでない人)には、あえてこういう言い方をして渡すのもアリですよ。告白される前にナチュラルに友達宣言すれば、相手も脈ナシと気づくことでしょう。

そうでなくても、チョコをあげたらすぐにあなたを意識してしまいそうな単純そうな男性には、このセリフを言っておくと良いです。

深い意味がないとわかっていれば、相手のハートに火がつくことはないはず・・・(笑)

「これ、私達から」と、複数人で渡す

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー