実践した者勝ち!彼氏欲しい人が本気で彼氏を作る方法5ステップ

実践した者勝ち!彼氏欲しい人が本気で彼氏を作る方法5ステップ

1864
update

彼氏作る!!この宣言を何度したことでしょうか?でも実際はなかなかできないもので・・・。1年・・・2年・・・どんどん月日が経ってしまいますよ。今回は、本気で彼氏欲しいと思っている人のために、彼氏を作るための実践的な方法を1からご紹介したいと思います!彼氏が欲しいならぜひ試してみてくださいね♪

1864
update

今年ももう終わり。1年って早いですよ!

今年もあと少しで終わり。

1年が経つのは早いもので、去年の今頃「今年こそは彼氏を作るぞ」と意気込んでいたあなたも、気が付けば夏になり、彼氏ができないままあっという間に年末と年が明けてしまうものです。

今年こそは同じことを繰り返さないためにも、彼氏欲しい人が彼氏を作るための方法ををご紹介します。

彼氏欲しい大学生はコレをしよう!彼氏を作るための7ポイント!

彼氏欲しい!と思っている大学生はもちろん多いはず!大学生ともなれば本格的に恋愛を楽しみたいという気持ちも高まりますよね。今回は大学生で彼氏が欲しい女性が頑張るべきことを7つ紹介したいと思います☆コレをしておけば、大学生で彼氏を作ることも簡単なはず♪

https://koimemo.com/article/4097

彼氏を作る方法【Step 1どんな彼氏がほしいのかを考える】

ただなんとなく「彼氏欲しいな〜」と漠然としていては去年と同じです。

経済学におけるマーケティング理論では、だれに買ってもらうのかターゲットを決めるのです。

ここではつまり、彼氏にしたい人の具体的な年齢や経歴などを突き詰めていきます。

目標を決めることで、次に何をすべきかが見えてきます。

ここではより明確にターゲットを決めた方が、次にすべきことが決まりますが、ターゲットを絞りすぎもよくありません。

すでに好きな人がいる方は、その好きな人を念頭に次のstepへ行ってください。

例えば、年齢は自分と同じくらいでアパレルや美容師さんのようなオシャレな彼氏がいい!とします。

彼氏を作る方法【Step 2 ターゲットの好みを考える】

自分よがりな恋は破滅に向かうだけです。

ここでは、相手が求めている女性像を想像します。

アパレルや美容師さんは、どんな人がタイプだろう〜。

んーやっぱりオシャレな女性だよね!?私、そんなにオシャレじゃないけど、とりあえず雑誌で勉強してみようかな。

ターゲットとした男性を思い浮かべることで、相手が何を求めるのかを考えます。

そうすることで、自分が今何をすべきかが見えてきます。

オシャレな男性をターゲットとするのであれば、オシャレについて雑誌などで勉強してみよう、となります。

また、実際に街へ出かけウインドウショッピングしてみよう、となります。

そこでステキな服が見つかれば、いつかのデートのために買っておきましょう。

彼氏を作る方法【Step 3 出会い】

想像だけでは、実際に付き合うことはできません。

どうやって出会うか、です。

アパレル店員さんであれば、直接お店に行けば会えます。

美容師さんもお店を探し、お目当ての店員さんがいる美容室に通うしかありません。

たまに友達の紹介もあると思いますので、友達付き合いは多いに越したことはないでしょう。

出会いは、突然やってくるものです。

普段行かないようなイベントや、セミナーに参加してみるのも良いでしょう。

彼氏を作る方法【Step 4出会ったら、勇気を出して話をしてみましょう】 

この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

ただただ妥協。

既婚者の友人みな口を揃えて言ってたけど、結婚は妥協って言ってました。

だから結局彼氏作りたいのでも妥協なんだと思う。

妥協できない人たちはずっと独身なんだな〜って独身の友人を見て思う。

3 名無しさん
通報

やっぱこっち側から話すって一番大きいと思う。会いに行ったり、どんな人がいいのかを突き詰めるのも大事、大事なんだけど、それをやっても話さなければ何にもならないから、話さないと意味ないなって。会話ってすごい大事って思ってる。

2 よっしー
通報

なるほど論理的だなぁ。逆算していくと彼氏を作る方法が見えてくるよね。どんな人と付き合いたいか、どうしたら付き合えるか、どうしたら出会えるかって考えていけば、今すべきことが見えてくるかも。

1 ニーチェ
通報

彼氏を作るためにも戦略が必要っていうのはわかりやすいですね。仕事でもマーケティングをするようにターゲットとなる男性を想定して、それに向けて売りを作るっていうのは確かに有効な手段だと思います。今まで彼氏ができなかったのに、今までと同じようにしてたら売れないのは当たり前ですよね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー