同時に二人の男性を好きになった!選べない女性が持つべき視点4つ

同時に二人の男性を好きになった!選べない女性が持つべき視点4つ

恋活
大塚ちえ
大塚ちえ
2016.02.03

2.どっちに触れられた方がドキドキするか

あなたは、その二人の男性どちらに触れられた方がドキドキするでしょうか。

どちらに抱きしめられる方が、胸がぎゅっとなりますか?

肌に触れられるのは、やっぱり特別な人でないと不快ですよね。

好きでもない人と触れ合って、嫌な気持ちになった女性も多いかもしれません。

大人になれば、恋愛経験も重ねて男性と抱き合う機会も増えることでしょう。

そのうち、肌がただ触れるだけではドキドキしなくなることもあるかもしれません。

ドキドキしなくても、ぎゅっと抱きしめられた時、きっとあなたの心の中で何かの答えが出るはずです。

少し嫌だと感じたり、悪くないと感じたり、強い愛情を感じたりするでしょう。

自分の胸の中にある気持ちを、少しずつ紐解いてみてください。

わずかにでも嫌悪感があったり、不快感があったりしたら、自分に素直になってその男性とは少し距離を置きましょう。

3.どちらの匂いが好きか

女性は男性よりも嗅覚が敏感で、本能的に匂いでパートナーを選ぶ節もあると言われています。

匂いは遺伝子と結びつきのある要素。

子孫を残すには、できるだけ遺伝子の遠い相手と子どもを作るのがいいと言われていますから、遺伝子の遠い人ほどいい匂いに感じるのだとか。

加齢臭が近親相姦を防いでいるとも、言われていますよね。

どちらの匂いが好きか、ぜひその人の体臭を嗅いでみてください。

香水の匂いではなく体臭を嗅ぐことが、とても望ましいですね。

その人の体臭を愛せるということは、遺伝子レベルで惹かれているといってもいいのかもしれません。

どちらにせよ、恋人同士になったらそれなりに肌と肌が近付く瞬間は多くあるでしょう。

そんなとき、相手の匂いを受け入れられないのはマズイですよね。

中には、本当に相性の合わない匂いというのもあります。

清潔感のない匂いというわけではなく、生理的に受け付けない匂いです。

きっとそれは、遺伝子的に近いのでしょう。

もしそれでも、どうしてもその人が好き、となったらその匂いと付き合っていくことを忘れずに。

女性 横

4.いざと言うとき、そばにいたいと思うのは誰か

好きになってしまった二人の男性のうち、いざというとき、そばにいてあげたいと強く思うのはどちらでしょう。

ここは出来るだけリアルにイメージしてほしいところです。

いざというとき、たとえば事故に遭ったときや不治の病にかかったとき、大きな災害があって日本中が混乱の渦に巻き込まれた時、あなたは誰のそばにいてあげたいと思うでしょうか。

最期にどうしても会いたい、最期にわたしを見てほしい。

そう強く思える人こそ、あなたの心が本当に求めている人です。

必ず心にきゅっと鋭い痛みが走るはず。

それがないということは、まだあなたの気持ちがそこまで追いついていないという証拠。

もう少し時間をかけないと見えてこない時期です。

そうなったら、焦らずゆっくり考えていけばいいでしょう。

焦ってもいい答えが出ることはありません。

でも、はっきりしない自分にフラストレーションが溜まったり、もやもやしたりする気持ちもありますよね。

そういうときは、あまり自分を責めず、好きな人たちと会う時間を増やしましょう。

会えば会うほど、結論を出すための材料が増えるはずです。

同時に二人の男性を好きになったときの相談相手

どちらか一人を諦めようと思ったとき、上述した基準で諦めることに不安を感じたり、もし二人の男性を諦めたとしても復縁の可能性はあるのか知りたいことが色々あるかもしれません。

そんなときにおすすめしたいのが「占い」です。

彼とあなたを知らない「占い師」に相談することにより客観的な意見をもらうことができ、あなたのモヤモヤした悩みもなくなるはずです。

しかも「電話占い」であれば顔バレする事もないし、好きな時と場所でリラックスして相談することができます。

誰にも知られることなく悩みを相談してみてはいかがでしょう。

おわりに

自分の中でも、好きになってしまった二人の男性どちらか選べない、なかなか決められないって、あると思うのです。

わたしも、よく何人も好きな人ができてしまって困ったものです。

でも、周りにたくさん魅力的な人がいるということは、いいことですよね。

優柔不断な自分にフラストレーションが溜まる気持ちもありますが、プラスに捉えてストレスを溜めないようにしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事