女性が恋愛に臆病になる原因と解決のヒント2つ

女性が恋愛に臆病になる原因と解決のヒント2つ

1773

恋はしたいけれど、やっぱり勇気が出ない・・・。そんな状況にハマり込んでいる女性もいるのではないでしょうか?でも、恋愛に臆病になるには何か理由があったはずです。ここでは、女性が抱え込みがちな原因と解決へのヒントについて取り上げます。あなたも当てはまることがあるかもしれません。

1773 |

恋愛に臆病に!その原因とは?

恋のきっかけがないわけじゃない。

男性からアプローチだってされることがある。

でも・・・やっぱり、今はまだ恋愛をする勇気が持てず、臆病になってしまっている自分がいる。

そんな状況にある時、抜け出したい思いと、やっぱり恋愛するのは怖いという思いの間で揺れ動き、辛い思いをするでしょう。

でももし、少しでも「恋がしたい」「状況を変えたい」と思うなら、一度はその原因にしっかりと向き合ってみることが大切かもしれません。

恋愛したい思いを邪魔する原因とは?

早速、女性が恋愛をすることに特に臆病になってしまうような、トラウマとも言える原因を取り上げます。

1.家庭環境が良くなかった

特に恋愛そのもので嫌な思いをしたわけではないけれど、「恋愛は怖いものなのでは?」と潜在意識で捉えてしまい臆病になる原因は、家庭環境が良くなかったという場合が多く見られます。

他に、自分が育った家庭そのものではなくても、周囲に恋愛や夫婦関係で苦労している人がいて、それを見て育ったということが原因になることも。

多感な子ども時代に、両親が仲が悪いことで安心できる家庭環境ではなかったり、また、父親や身近な男性が横柄な人だったなど、男性を「怖い」と感じながら育ったということも原因になります。

解決方法は?

臆病になったのがこの原因の場合、自分には責任がないものですから、解決は難しいのでは?と思いがちですが、まずは目撃したり経験した良くない男性と、自分が出会う男性は別の人である

ということを認識することが大切です。

同じ男性であっても、すべてが不誠実や怖い人ばかりではありません。仲の良い夫婦や仲良しカップルと交流することで、恋愛や結婚に対するマイナスイメージが、少しずつプラスのイメージに塗り替えられていくことが臆病な心をなくしていくきっかけになります。

2.努力では変えられないことでフラれたことがある

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー