【縁切り】悪縁を断って良縁を呼び込む!東京板橋の「縁切榎」

【縁切り】悪縁を断って良縁を呼び込む!東京板橋の「縁切榎」

1777
update

東京、板橋区にある「縁切り」で有名な“縁切榎”をご存知ですか?男女間の縁だけでなく、病気や悪習などの悪縁を断ち、良縁を結ぶ…という隠れた名所を訪れてきました。本日は、江戸時代から信じられてきた「縁切榎」を紹介します。

1777
update

 江戸時代の縁切り事情

板橋区立郷土資料館(板橋区赤塚5-35-25)で、2016年3月27日まで開催されている企画展「江戸時代の縁切事情」-三下り半・駈込み寺・縁切榎-

これは恋愛コラムを書く筆者としては見逃せない企画展!といってまいりました。

現在は離婚届の提出により離婚が成立しますが、江戸時代では三下り半と呼ばれる離縁状や駆け込み寺への入寺など様々な方法がありました。板橋宿の名所として知られる縁切榎への祈願も離婚(離縁)の一つの方法だったかもしれません。ここでは、江戸時代における恋愛や結婚模様に触れ、離婚(離縁)にはどのような形式があったのか、また各地に伝わる縁切祈願の名所などを紹介します。
出典:http://www.k5.dion.ne.jp/~kyoudo/

(板橋区立郷土資料館展示解説より)

展示は、リアルな離縁状(テンプレは本当に三行半、でも色々書いてあって長文のものも)だったり、江戸時代の様々な結婚事情、離縁事情について展示、解説がありました。

家同士の結婚がほとんどだった江戸時代、離縁してから再婚するためには、離縁状を持ってないといけなかったんですね。

女性は立場が弱く、自分から離縁を言い出せることが少なかったため、夫が離縁に応じてくれない場合は、駆け込み寺に入寺する、という方法がとられたりしました。

けれども江戸時代に、いわゆる幕府公認の駆け込み寺が2カ所しかなかったり、入寺し滞在する際の費用は自分持ちだったりと、駆け込みは相当な覚悟、苦労の上、するものだったとされています。

そこで、なかなか離縁ができない、でも縁を切りたい…と、そんな時は縁切り祈願に頼る場合がありました。

板橋宿にある「縁切榎」も、その縁切り祈願の場所として江戸時代から有名な所の一つです。

縁切榎

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

全ては縁である、と聞きますから縁の大切さはよく知っています。悪縁に関しては何としても遠ざけたいものですが、こういったスポットを活用するのも手軽で良さそうですね。江戸時代からの歴史ある所なら、安心感もあると思いました。ありがとうございます。

1 名無しさん
通報

都営線沿線感がある街の写真・・・と思ったら、板橋区なんですかね?どこだろ・・・

えのき⇨縁切りって、ダジャレかい!

でも悪縁は神様に切ってもらったほうが

後々面倒なことにならなくて良さそう。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー