「LINE教えて」で拒否された!完全に脈なし?断る男の心理とは

「LINE教えて」で拒否された!完全に脈なし?断る男の心理とは

恋活

好きな人に勇気を出して「LINE教えて」と頼んだのに、拒否されたら落ち込みますよね。気軽に教えてもらいやすいLINEだからこそ、拒否されてしまうと完全に脈なしなのかなと思ってしまいます。今回は「LINE教えて」で断る男の心理について紹介!

mimi
mimi
2016.04.26

LINEを教えるのを拒否する男

はっきり言って、連絡先交換の中でも気軽に交換しやすいのがLINE。

電話番号を教えなくてもIDだけで連絡先交換できるのが魅力です。

しかし、そんなLINEすら教えてもらえなかったら、完全に脈なしなんだとガックリするはず。

断る男の心理ってどんなものでしょうか?

滅多にLINEを利用していない・やり方がよく分からない

カフェ 電話

LINEをする人が増えているからといって、全ての人がLINEをしているわけではありません。

男性の場合はとくに、LINEが苦手な人も多いです。

登録はしているものの、最低限の利用にしてたり、やり方もいまいち分からないなんて人も。

そんな人は「LINE教えて」と言われても、自分でちゃんとできる自信がないので教えるのを拒否します。

軽々しく教えて実際にLINEが届いても、どう対応すれば良いのか不安なのです。

だったら教えない方が良い!という考えですね。

しかし、実際はLINEができるのに「苦手だから」「よく分からないから」と単なる断り文句にしている男性もいます。

本当にLINEをしてなそうな男性には、LINE以外の連絡ツールを利用してアプローチするのが正解です。

LINE=プライベートなやり取りの認識がある

男性

LINE=プライベートなやり取りという認識がある人は、本当に親しい人にしかLINEを教えないことがあります。

事務的な内容であればメールや電話で充分と考えているんですね。

そのため、然程親しくもない相手に「LINE教えて」と言われても、そう簡単には教えません。

この場合、恋愛対象としてNGというよりも、もっと親しくなるのが先ということですね。

まだLINEを聞く段階でも、LINEでやり取りができる段階でもないのです。

LINEを通じて仲良くなりたい気持ちは分かりますが、まずはそれ以外の面で接点を増やしたり会話をする努力をしましょう。

現段階では脈はありませんが、努力次第でいずれLINEを教えてくれる可能性はあります。

LINEを返すことを考えると面倒くさい

男性 靴

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事