プロポーズに指輪なし派の女子が増えた理由3つ!婚約指輪について

mayu

映画やドラマのプロポーズでは定番の「結婚して下さい!」に続く指輪が入った小箱をパカっと開けるシーン。子どもの頃から憧れている人もいるのではないでしょうか?しかし、現実にその場面を経験する人はおよそ3割程度。でもむしろ、それで構わないと考える女子が増えているんです。

指輪の起源


指輪がプロポーズの必須アイテムのようになったのはなぜなのでしょう?

指輪なしでのプロポーズはあり得ないのでしょうか?

ギリシャ神話にこんな話があります。

人類の創造主であるプロメテウスは、全知全能の神ゼウスのいいつけに背き人間に火を与えました。

未熟な人間に火を与えることは、災いを招くとしていた神々の見解を証明するかのように、人類は火を用いて武器を作り戦争を始めるようになるのです。

天空の神ジュピターは、人類に火を与えたプロメテウスを3万年もの間、コーカサスの岩に鎖でつなぐという試練を与えました。

鎖でつながれたプロメテウスは、ハゲワシにその内臓を啄まれ続けました。

その様子を憐れに思ったジュピターはプロメテウスの鎖を外すのですが、巨神族のタイタンが鎖をリングに換えプロメテウスの指にはめることを提案。

そのときにコーカサスの岩の一部も取り付けられたのです。

恐らくは、その過ちをプロメテウスに忘れさせないためでしょう。

そんないわれを受けてのことなのでしょうか。

指輪は戦利品として略奪されてきた女性にはめるものでした。

女性が逃げ出さないようにはめたと言いますから、よほどサイズが小さくきついものだったのかもしれませんね。

そのころは鉄の輪だったそうです。

それが古代ローマでは武勇の証として、騎士が身に付けるものへと変化していきました。

神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世は、ブルゴーニュ公の娘マリアとの婚約の証として指輪を贈りました。

戦争が常態化した当時のローマでは、さぞ栄誉なことだったのでしょう。

ともあれ、これが婚約指輪の始まりではないでしょうか?

もともとは、暗い意味を持っていた指輪は大出世を遂げたわけです。

古代エジプトでは、永遠を意味する輪が結婚を表す文字(象形文字)だったとも聞きます。

壮大なバック・グラウンドを持つ婚約指輪ですから、プロポーズの際に指輪なしというのは悲しい気がします。

マクシミリアン1世とマリアの政略結婚は、決められていたことでしたがなかなか実現には至らなかったのです。

でもブルゴーニュ公国内が混乱した際に、マリアが救済を求める形で結婚が決まります。

マクシミリアン1世は、マリアに指輪を贈ることで彼女の立場を守ったのではないでしょうか?

落ちぶれた公女ではなく、戦乱の世に立ち向かう同士として武勇の証である指輪を贈ったのです。

これから生活を共にする彼氏からもその証をいただきたいもの!

プロポーズするというのは、人生の一大事なのです。

その思いを込めるのが指輪である以上、やっぱり指輪なしは考えられない。

……と言いながら私は指輪なんてい~らないという人間だったので、偉そうなことは言えませんが。

プロポーズのおまけのように扱われるのなら、いっそ指輪なしもアリかなとは思います。

マクシミリアン1世とマリアの時代には、象徴的な意味で必要だった指輪ですが、現代においては心の問題のような気がします。

お互いがお互いを認めて、これからの生涯を共にすると決めたこと。

それを心に刻んでさえいれば、プロポーズに指輪なしは全然OKでしょ。

プロポーズに指輪なし派はもはや主流?


プロポーズは女子にとって、人生で5本の指に入る記念日ですよね。

大好きな彼氏からの「結婚して下さい」「これから一緒に人生を歩んで」の言葉は、いつまでも心を温かくする素敵な想い出となることでしょう。

そんなプロポーズを彩る定番の演出と言えば、”ポケットからおもむろに指輪の小箱を取り出す”。

以前はこれが定番でしたよね。

しかし、現在ではこの場面、かなりレアなものになっているんです。

婚約時に婚約指輪を購入するカップルは約7割。

その内、プロポーズ後に一緒に指輪を買いに行った割合は5割以上!

つまり約3割程度しか、いわゆる”箱パカ”を経験していない計算になるのです。

でも、それを寂しいと感じる女子より、むしろ歓迎する女子の方が多いと言われるその理由とは、いったいどんなものなのでしょうか?

自分好みの指輪が欲しい!


プロポーズ時は指輪なしでいい!

と、積極的に唱える女子の意見として、最も多いのがこれ。

そう、どうせなら自分好みの婚約指輪を選びたいのです。

婚約指輪が給料3カ月分だったのは過去の話ですが、それでも婚約指輪の平均額は30万円台。

冷静に考えたら、5万円の指輪を購入する時でさえ熟考しますよね。

そう考えると、指輪に詳しくない彼氏に30万円以上の指輪を独断で購入してもらう(選ばれる、とも言う)のはどうなんだろう?

だったら自分が本当に欲しい指輪が欲しい!となるのです。

その方が婚約指輪でも普段遣いもしやすく、長年飽きの来ないデザインを選べますよね。

いかにも婚約指輪!

というデザインだと、ほとんど使わずしまわれていることが多いものです。

自分で選びたい派の女子は、プロポーズされる前に何気なく匂わせておくと良いですよ。

「友達が婚約指輪をもらったのに、好みじゃないって言ってたの。一緒に買いに行けば良かったのにね」といった内容の会話をしておきましょう。

男子側としても婚約指輪を1人で選ぶことは、かなりのプレッシャーを感じています。

お互いの意思が同じであれば、それが上手く通じるようお膳立てをしていきたいですね。

そもそも婚約指輪に興味がない


不景気が長く続いているだけに、超現実派の女子も増えています。 

そもそも、婚約指輪自体に興味が無い女子もいるんです。

プロポーズの時に「一緒に指輪を買いに行こう?」と誘われても、そのお金で新居のインテリアや新婚旅行の費用にしようと提案する。

それも指輪を我慢してではなく、本心で言っている女子も少なくありません。

ただ、その代わりのインテリアや高価ではない記念のアクセサリーを買ってもらって、自分の価値観にあったプロポーズの記念にするようです。

ロマンチスト派には理解不能かもしれませんが、婚約指輪より今後の生活を見据えている意味で、頼もしい奥さんになりそうです。

女の子はみんなキラキラした宝石の輝く婚約指輪に憧れる・・・

なんて考えは、もう古いと思った方が良いでしょう。

婚約指輪に給料の3ヶ月分のもコストをかける男性も、今や天然記念物と言っても良いほど少なくなっています。

そんなただのアクセサリーにそこまでお金をかけるなら、もっと実用的なものに・・・というのは男女共通の現代人の考え方ではないでしょうか?

そのため、プロポーズの時に指輪なしというのは、決しておかしなことではないのです。


逆に給料何ヶ月分もの指輪と共にプロポーズなんかされたら、「これにそんなにお金かけたの!?」「指輪なしで良かったのに、もったいない!」なんて感じる女性も現代では多くなったのではないでしょうか。

女性の方が男性よりも現実的で、プロポーズは指輪なしで、その分、もっとお金をかけるべき大切な部分があると考えていることが多いのです。

指輪なし、あるいは1万円もするかしないか程度の指輪で十分、といった考え方の女性もいますね。

昔はプロポーズの指輪と言えば、婚約から結婚までの間、「これだけお金をかけた指輪をプレゼントしたのだから」といった意味でお互いの気持ちをつなぎとめておくための保険のようなものという意味も込められていました。

ですが、実際にはどんなにお金がかけられた指輪を受け取っても、気持ちが冷めれば別れてしまうものですし、これが保険になるとは言い難いですよね。

現実的な考え方をするようになった今のカップルは、指輪なしでも気持ちが通じていれば無事に結婚するし、指輪があっても気持ちが変われば別れるのです。

そのため、プロポーズに指輪なしというのは、決して大きな問題にはならないのですね。


キラキラ輝くダイヤモンドの指輪にステイタスを感じるという時代でも無くなってきました。

「ダイヤには別に興味がないから、それなら家事が楽になるキッチン家電が欲しい」なんて女性も少なくありません。

指輪に興味がないのに、指輪にお金をかけて、これを保険代わりにされても困るのです。

しかも興味がないなら、せっかくプレゼントされてもタンスの肥やしになるだけですね。

それなら実用的で、使う度にプロポーズの時の新鮮な気持ちを思い出せるようなものにお金をかけた方が、ずっと良いと考えることもできますね。

経済的に厳しいケースも・・・


20代同士の結婚では、若さゆえ婚約指輪を購入するのが経済的に厳しいといった事情もあります。

欲しいけれど買えないのは、ちょっと寂しく感じてしまうでしょう。

婚約指輪は人に幸せを形して見せている側面もあり、その点も女子にとっては大切なのかもしれません。

しかし、婚約指輪をつける期間は短いものですし、大半の人は数年以内に付ける機会が激減します。

その分をちょっと奮発した結婚指輪にしたり、将来感謝の意味を込めたジュエリーを贈ってもらう約束するのも素敵です。

いかがでしたか?

プロポーズ=婚約指輪ではないですよね。

こういった風潮のように、自分達の価値観で、本当に必要な物を取捨選択していく姿勢は素晴らしいことです。

指輪なしでも、プロポーズの言葉はどんな宝石より価値があるもの。

その時の気持ちを、2人で一生大切にしていきたいものですね。

「プロポーズに指輪なし派の女子が増えた理由3つ!婚約指輪について」を読んだ人に人気の記事
彼氏からプロポーズされて結婚したい~プロポーズされるための3つどうして彼氏はプロポーズしてくれないの?彼氏から、最高のプロポーズを聞きたいあなたがすべきことが、3つあります。彼氏と結婚したいと願うなら、待っているだけでなく行動あるのみです。今回の記事では、プロポーズされたい女性が、やるべきことをご紹介したいと思います。
彼はどう?結婚相手にするなら疲れない男性を!見極めポイント5つ今の彼氏と結婚を考えている人も、これから結婚相手を探そうと思っている人も、結婚相手にするなら疲れない男性を選ぶようにしてはいかがでしょうか?数ある条件の中でも、疲れないことをあえて重視するのは、結婚すれば一緒にいる時間が長いからです。では、その見極め方とは?疲れない男性かどうか見極めておきましょう。
【えっこんな所で!?】女性がひいた、意外すぎるプロポーズの場所「彼氏にプロポーズされる場所はこんな所がいいな」という憧れを抱いている人は多いと思いますが、憧れ通りに行かないのが現実です。とはいえ、「こんな場所でプロポーズされることもあるの!?」と思うこともありますよね。ちょっとびっくりするようなプロポーズの場所を紹介したいと思います。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • オーダーできる物が人気みたい!おすすめの結婚指輪ブランド3選

      一生に一度の買い物となる結婚指輪は男女での意見の食い違いなどもあり、決めるまでに時間がかかってしまうようです。今回はそんな結婚指輪の人気ブランドについてまとめてみました。なぜこのブランドは人気なのか、どのような理由があって人気なのかという部分も掘り下げてみました。

    • 両親への挨拶や結婚式場決め!彼にプロポーズされた後のTO DO

      付き合っている彼からプロポーズされたら嬉しいですよね!念願だった結婚ができるわけですから♪ただ、いつまでも浮かれている場合ではありません!彼からプロポーズされたら結婚後のことなど、やるべきことがたくさんあるんです。今回は彼からプロポーズされたらやるべきことを紹介しますね♪