元彼の結婚を知ってショックを受ける理由6つ~知りたくなかった。

mimi

元彼が結婚すると聞いて、ショックを隠せない女性って結構多いんですよね。別に、元彼に未練があったわけでもないし、付き合っていたのは、ずっと前のことなのに…なんて考えると、自分がどうしてショックを受けたのか不思議な人もいるはず。ここでは元彼の結婚を知ってショックを受ける理由について、お話ししたいと思います。

元彼の結婚…何故かショックな理由とは

元彼に、未練があるわけでも、今現在、自分が不幸なわけでもないのに、元彼の結婚って、何故かショックなんですよね。

直接、元彼に報告されたわけでもなく、風の噂で聞いた程度でも、微妙な気持ちになってしまうのは、一体何故なのでしょうか。

複雑な心境に「あれ?」と思った人は、なぜショックを受けたのか一緒に考えてみましょう。

理由1#報われなかった恋の結末に切なくなった


元彼との恋は、言うまでもなく報われなかった恋です。

別れの理由が何であれ、結局は終わってしまった恋なんですね。

しかし、最初から報われないと思って恋をする人はいないでしょう。

そのため、元彼との恋は″いつまでも忘れられない恋″となって、心に残ってしまうのです。

付き合っていた当時は、その恋を、上手くしたいと思っていたのです。

それこそ、ゴールは、結婚だったんでしょう。

それが、叶わなかったという想いは、やはり切ないんですね。

そんな切なさを痛感させることこそが、「元彼の結婚」でしょう。

決して未練があるわけじゃありません。

元彼の結婚相手が憎いわけでもありません。

けれど自分が報われなかった恋を振り返ると、切なさでショックなのです。

理由2#「隣にいたのは私だったかも」と考えてしまった


元彼の結婚で、リアルに考えてしまうのは、元彼の隣に立っていたのは、もしかしたら、自分だったかもしれないということです。

自分も、同じように、付き合ったことがあるのですから、当然かもしれませんね。

なんだかんだと、別れることになってしまった元彼ですが、何かが違えば、続いていたかもしれません。

それこそ、元彼と結婚していたのは、自分だったかもしれないのです。

そう思うと「あのとき○○していれば違ったのかな」なんて、思ってしまいますよね。

元彼の隣に、自分が立ちたかったわけではないんです。

隣に立てなかったことが、悔しいわけでもありません。

しかし、「隣に立っていたかもしれない」可能性を考えると、何とも言えないショックが、あるのも事実です。

理由3#相手の女性と自分を比べてしまった


元彼が、結婚して、幸せになる…それは嬉しいことでもあります。

それこそ、自分は自分で、幸せに過ごしているならば、「元彼にも幸せになってもらいたい」という気持ちがありますよね。

しかし、どうしても、元彼の結婚相手と、自分を比べてしまうのが、女というものです。

幸せいっぱいな、元彼の結婚相手を想像すると、嫉妬心が芽生えてしまいます。

自分が、充分幸せでも「元彼と結婚するあの子の方が、自分より幸せかもしれない」なんて考えてしまうんですね。

手に入れようと思えば、手に入れることが、できた立ち位置だけに、ショックを受けてしまうことも、やはりあるんです。

実際に、どちらが幸せかなんて、誰にも分かりません。

そもそも、結婚したては、誰だって幸せそうに見えるもの。

時間が経てば、その気持ちも、きっと失われることでしょう。

理由4#″自分のもの″が他人のものになった感覚


一度は″自分のもの″だった元彼。

そんな元彼が、結婚するとなると、自分のものを、奪われてしまったような、ショックを受けます。

未練とは違う″依存″がそこには、存在するんです。

別れても、離れていても、なんとなく大切な存在だった元彼。

いつまでも「誰のものにもならないで欲しい」という気持ちが、そこにはあります。

だからこそ、元彼の結婚は、考えてもいない衝撃的なことであり、ショックを受けてしまうのです。

自分勝手な話ではありますが、元彼には、ずっと独身でいて欲しいと、願う女性も多いのです。

だからといって、復縁するわけでもなく、いつまでも、元彼の存在が、自分にとって″お気に入りのおもちゃ″なんですね。

ショックを受けてしまうのは、元彼がもう自分のものではないと、痛感してしまったからです。

やっとそれに気付けたということ。

理由5#結婚相手が知人だった


今はFacebookやLINEに代表されるSNSの普及により、様々な人と繋がりを持てる時代になりました。

友人たちの結婚報告がタイムラインに流れてくるのは、よくあることだと思います。

入籍届を手に持った二人の写真はもはやあるあるですよね。


単なる友達の結婚報告ならば微笑ましい気持ちになるものですが、元彼の結婚報告はそうはいきません。

かつては自分と付き合っていた元彼、どんな人と結婚したのかを知りたくない人はいないでしょう。

幸か不幸かSNSでは誰と結婚したかが比較的容易に特定できます。


そのお相手を見てびっくり仰天、まさかの自分の友達だったというのがこのケース。

元彼や友達から予め知らされていれば覚悟はできているでしょうが、いきなりSNSで知るとなると驚きを隠せませんよね。

知り合いである元彼の結婚相手は何も悪くないのですが、なんとなく嫌な印象を抱いてしまうかもしれません。

これまで通り接しないといけないとは頭ではわかっているのですが、実際問題そうはいかないのが現実です。

元彼と結婚してしまったことで、友達ともギクシャクした関係になってしまうのは避けられない事態かもしれません。

理由6#結婚相手が元カノだった


大好きな彼氏に嫉妬することは、誰しも経験したことがあると思います。

同じクラスの女の子、バイトの女の子、職場の女の子など、彼氏の周囲には女性がたくさん。


しかし、やはり一番気になるのは元カノではないでしょうか。

”実際に付き合っていた”という事実が、他の女性に比べて元カノをより意識させます。

付き合っていた当時は自分とラブラブな元彼ですが、同じようなことを過去の彼女たちにもしていたと思うと辛いですよね。

仕方ないこととはいえ、考えれば考えるほど胸が痛みます。

「元カノのことはもうなんとも思ってないよ。」

「こんなに好きになったのは○○(あなた)が初めてだよ。」


そう言ってたはずなのに、結局元カノと寄りを戻して結婚してしまう元彼を見てショックを受けるでしょう。

「結局元カノですか。私と付き合ってた時もどうせ元カノのことを忘れてなかったんだろうな。」と思ってしまいますよね。

かつて愛し合っていた人と別れて、自分と付き合い、そして最終的にはかつての人に戻るという流れに、「自分は繋ぎだったのではないか。」という思いを想起させられるのでしょう。

自分の知らない人との結婚よりも元カノとの結婚に、より大きなショックを受けるのはこういった理由からかもしれません。

いかがでしたか?

今回の記事では、元彼が結婚すると知って、ショックを受けてしまう理由について、ご紹介しました。

一度は、本気で恋愛をした元彼だからこそ、複雑な心境があります。

しかし、過去は過去と受け止めて、元彼の結婚を心から祝福してあげたいですね。

おまけ:元彼の結婚にショックを受けた時の対処法

元彼の結婚というニュースにショックを受けてしまった時、素直に祝福することができない自分が嫌になってしまうこともありますよね。

また、自分だけが取り残されたような感覚に、立ち直れないくらいのショックを受けてしまう方もいらっしゃるでしょう。

元彼の結婚に対してショックを受けてしまう原因を理解しておけば、ある程度は冷静に対処できるものです。

ですが、それでもどうしても、気持ちのどこかではモヤッとしてしまうことがありますよね。

そんな風に、元彼の結婚でショックを受け、なかなかうまく対処できない時には、クヨクヨ考えなくても済むような状態にすることが大切です。


例えば、仕事や趣味に夢中になってしまえば、元彼の結婚について考える余裕なんてなくなりますよね。

わざと、忙しくしてしまうのです。

ただし、仕事に夢中になり過ぎて体を壊してしまったり、趣味に夢中になり過ぎてお金を使い過ぎてしまったり、自滅するような事態になるのは控えましょう。

あくまでも、「仕事が楽しい」「趣味が面白い」と思える範囲で行うことが大切です。

楽しい、面白いと思えることがあれば、元彼の結婚なんてニュースは、とても小さなことに思えてくることでしょう。

元彼の結婚というニュースをどう受け止めるかは、その時の心の状態にも関係してくるのです。

心が豊かで潤っていれば、ショックなニュースにも、それほどのダメージを受けなくなることでしょう。


あるいは、プラス思考に考えるクセを身につけてしまうということも大切です。

元彼が結婚して幸せになったことに対して、ヤキモチを焼いたり卑屈になったりしていても、何も始まりません。

これをバネにして、「私も負けていられない!」とポジティブに、素敵な「新しい恋」を見つける努力をしてみましょう。

とは言っても、もちろんヤケクソになれば良いというものではありません。

付き合っている彼氏がいるなら、元彼の結婚に影響されたからといって「結婚」を急ぐ必要はありません。

彼氏がいないからと言って、焦って彼氏を見つけようとする必要もありません。

ただ、「元彼よりも幸せな結婚」を目標にして、今の彼氏との関係を深めたり、フリーの方は出会いの場に積極的に出て行くようにしてみると良いですね。


元彼の結婚というニュースは、少なからずショックを受けてしまうもの。

ですが、そんなショックを、自分が幸せになるための糧にすることができれば、何も損することはありません。

元彼と別れ、2人別々の道を選んだことが、結局は「お互いにとって正解だった」と気づけるような幸せを見つけてしまいましょう!

「元彼の結婚を知ってショックを受ける理由6つ~知りたくなかった。」を読んだ人に人気の記事
男性が怖い?!過去に深い傷を覆った、男性不信の女性の特徴とは?男性不信の女性は過去に何らかのトラウマを抱えてしまったことによって、男性のことを体が受け付けなくなってしまっているんです。恋愛に消極的ということではなく、男性不信というのはもっと深刻な問題なのです。そこで今回は男性不信の女性にはどんな特徴があるのか、紹介します。
あなたはどんな時に抱擁したくなりますか?抱擁したくなる心理とは抱擁してほしい。人生の中で、誰しもが何度かそう思ったことがあるのではないでしょうか?でも、どうして抱擁なんでしょうか?今回は、抱擁したい、してほしいと思う心理を3つ、理由と一緒にご紹介したいと思います。他のコラムとはちょっと趣旨が違うのでぜひ読んでみてくださいね♪
女性の"察して"を理解する【2】~嫌いな人からのアプローチは嫌【対応のお手本付】女性の「察してほしい」文化をご紹介する第二弾。SNSでの未読や、「うん」「いいよ」だけの短い返事、挙句スタンプだけの気のないレスポンスなど、それは一体どういう女性心理を表しているのでしょうか。相手の気持ちを確かめる方法と女性心理についての解説を、具体的なお手本付きでご紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 女性の嫉妬はこんな心理から来る!愛されるために嫉妬を理解しよう

      男女関係において、嫉妬という感情は遅かれ早かれ誰もが経験することになると思います。ですがこんなにも厄介な嫉妬という感情は、どうして沸き上がってしまうのでしょうか?その心理とは一体なにが原因なんでしょうか?今回は嫉妬を引き起こしやすい状況と、それに伴う心理を徹底解析します。

    • 結婚の挨拶は親にだけじゃない!祝福してもらうための挨拶の仕方

      結婚を決めたらしなければいけないこと、それは「挨拶回り」です。結婚の挨拶をしなければいけないのは家族だけではありません。上司や友達にだって結婚の報告は必要です。両親、上司、友達に祝福してもらえるような結婚の挨拶はどうすればいいのか、紹介します。

    • 虚しさが募るだけ。寂しい気持ちで恋愛をしてはいけない理由とは

      1人でいると寂しいという気持ちになってネガティブになることが多くなりますよね。そんな時に「恋愛がしたい」と思うことも多いと思いますが、1人が寂しい時だからこそ恋愛をするのは控えた方がいいかもしれません。どうして寂しい時は恋愛をしてはいけないのか、その理由を紹介します。