出会いの場がないと嘆く前に!行動しなければ恋愛も無しと心得よ!

出会いの場がないと嘆く前に!行動しなければ恋愛も無しと心得よ!

恋活

口癖のように「出会いがない」と呟いてしまってませんか?確かに仕事で毎日忙しくしていると、出会いの場が減ってしまうのは事実かもしれません。でも、いくら忙しくても常に恋愛をしている人もいますよね。その差はやはり、出会いの場に積極的に参加するかしないかの違いです。ちょっとの勇気を出して飛び込んでみれば、出会いは意外にたくさん転がっているんですよ。

mayu
mayu
2016.06.07

「出会いの場がない!」は思い込み?

社会人になると、予想以上に出会いの場がないと戸惑う人も多いようです。

毎日忙しくしていると、つい職場と家の往復になり、疲れて休日は寝てしまう。

そんな生活を繰り返している内に、気づけば「もう何年彼氏いないんだろう・・・」と愕然。

そうなるとつい、「だって出会いの場がないんだもん!」と愚痴も言いたくなりますよね。

学生時代までは、身近に同年代の恋愛対象がたくさんいたので、出会いの場に困ることはありません。

苦労せずとも恋愛に発展したことも多いでしょう。

しかし社会人になると、職場に既婚者ばかり、職種によってはほぼ女性しかいないケースも。

ただ出会いの場は職場だけとは限りませんよね。

「友人の紹介」や「学生時代からの繋がり」、また最近ではSNSを通じてといった方法も多くなっています。

あなたの行動次第で、出会いの場はいくらでも見つけることができるのです。

出会いの場#1 人からの紹介

夕食

友人や職場の人、親戚等からの紹介でおつき合いを始める人は予想以上に多いようです。

紹介なら身元も安心ですし、あなたの好みもある程度分かっているから、カップリングしやすいのでしょう。

周囲に日頃から、「紹介できそうな人がいたら」とお願いしておくのをオススメします。

注意したいのは、色々と注文をつけないこと。

理想が必要以上に高かったり、紹介しても何かにつけ一言いうようなタイプに紹介したいと思いますか?

絶対嫌ですよね。

紹介する人に対しても失礼な気がしてしまいます。

つまり「誰かを紹介してもらう」には、あなた自身が紹介されるような人である必要があります。

そういった意識を持って普段からの言動に気をつけましょう。

またもっとカジュアルに合コンに参加するのも、出会いの場としてメジャーですよね。

忙しくしていても、学生時代の友人等とのつき合いも大事にしておきましょう。

出会いの場#2 趣味を通じて

女性 山

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事