彼氏の作り方3step!成功する彼氏の作り方と失敗する作り方

yukino

季節イベントが近づいたり、周囲の友達に彼氏ができたりといったタイミングで発症する「彼氏欲しい症候群」。なんだったら「彼氏の作り方を教えて」とみんなに聞いて回りたい気分になりますよね。というわけで今回は彼氏の作り方を3つのステップに分けてご紹介します。

彼氏の作り方が知りたいっ!


季節イベントが増えてくると、折に触れて「彼氏欲しいな」と感じることはありませんか?

誕生日に花火大会、クリスマスにバレンタイン・・・。

彼氏のいない女性は、普段から肩身が狭い思いをすることもあるでしょう。

友だちに彼氏ができたり、街中で素敵なカップルを見つけたり、キュンとする恋愛映画を見たり……恋のボルテージだけは上がるのに、一向に彼氏ができる気配がない、という方もいるのではないでしょうか。

周囲に素敵な男性がいない、と嘆く方も多いでしょうね。

今いる環境が本当に枯渇状態なのか、それとも高望みをしたり、いい人が見えていないだけなのか、まずはそこの見極めから。

彼氏ができた女友達に、彼氏の作り方や自分の境遇について聞いてみるのもいいでしょう。

自分では気づくことのできなかった盲点に気付けるかもしれません。

というわけで今回は3Stepに分けた彼氏の作り方と、そもそもこんな彼氏の作り方じゃ失敗するぞ!と言った内容をご紹介させていただきます。

彼氏の作り方を習得したいのであれば、ぜひ最後まで見てくださいね!

彼氏の作り方1♡好きになれそうな彼を見つけよう


彼氏の作り方といっても、彼氏は料理でもなければペットでもありません。

作り方という方法論に辿り着く前に、まずは自分の周辺環境を整理してみましょう。

#1:今いる環境を正しく見据える

まずは、自分の今いる環境を冷静に考えてみてください。

あなたの周りに、まだ話したことがない、知らない男性はどれくらいいますか?

今いる会社に、自分のよく知らない男性がいるのであれば、それは枯渇状態ではありません。

もし自分のオフィスが小さかったり、支店や店舗にいる人数が少なかったり、全ての男性をよく知っている、かつ少しも魅力的と思える男性がいないのであれば、はじめてそれを枯渇状態ということにしましょう。

さて、自分の置かれている環境はどちらでしょうか。

もちろんオフィスに詳しく知らない男性が一人でもいるからといって、その人をターゲットにしろとは言いません。

しかし、大人になればなるほど、新しい出会いというのは期待できなくなるもの。

合コンや街コンで新しく人脈を作るのもアリですが、就活と同じで何度も繰り返すうちに自信をなくすこともあるでしょうし、時間とお金の無駄になることもしばしば。

人見知りの方にとっては、そこも大きな壁となるでしょう。

そんなリスクを背負うくらいなら、まずはリスクのないところから始めるのが無難というわけです。

なので、今いる環境を見つめなおしてみて、周りにあまり話したことがなかたっり、絡んだことのなかった男性がいる人は、会社の飲み会などで、積極的に色々な男性と話してみることをおススメします。

もちろんここは人によるでしょうから、自分にあったやり方を選びましょう。

#2:新しい人脈を作りに行く

彼氏を作りたい、と思ったら、積極的に新しい人脈を作りに行くことも大切。

職場が枯渇状態だった場合や、リスクを承知の上で新しい環境に身を置きたい方は、さっそく新しい出会いを探しに行きましょう。

新しい人脈を作るメリットは、考えてみると結構あるものです。

たとえば、職場では地味で男受けのしないキャラが確立してしまっているあなたは、職場で彼氏を作ろうとしても、周りの先入観が邪魔をしてなかなか彼氏を作ることができません。

しかし、普段属している組織から一歩外に出れば、その事実を知る者は少ないのです。

新しい人と出会うということは、あなたのイメージやキャラを全く知らない人と出会うということ。

新しく出会った人には、新しい自分や素の自分をさらけ出すことができるということです!

また、出会いを目的としたイベントや合コンに参加する場合にもメリットがあります。

このような機会には、男性も出会いを求めてやってきます。

出会う気なんてさらさらない人を、彼氏候補にするよりも、出会う気満々で来た人とお近づきになったほうが、彼氏になってくれる確率が格段にアップします。

イベントの中でも特におすすめなのが街コン!

規模が大きいことが多いので、一度にたくさんの人と出会うことができます。

もちろん男性陣は出会いを求めていますので、うまくいけば意気投合して、その日中に彼氏ができちゃうかも?!

街コンに行くのであれば、まずは一人気が合いそうな女の子をゲットしておくのがおすすめです。

もし二人ともその街コンで惨敗したとしても、「次も一緒に行こう」と言いやすく、共同戦線を張ることもできます。

会社の友だちには街コンに行ってると知られたくない、でも一人で行くのは心細いという人には、この作戦がおすすめですよ♩

また、街コンの種類は自分が興味のあるものというよりも、自分がその市場でなら勝てそうだというものを選ぶようにしてください。

そのテーマに詳しくなくても「教えてください」と言えばOKです。

彼氏の作り方2♡彼との距離を縮めよう


彼氏の作り方Step 2では、見つけた彼氏候補の男性との関係性の作り方を主にお伝えしていきます。

ここで紹介している関係性の作り方は、意外と地味なもののように思えるかもしれません。

よくある彼氏の作り方関係の記事で言われていること、その行動の"意味"を考えてみましょう。

#1:相手の話をちゃんと興味を持って聞いてあげること

知り合ったばかりの人と距離を縮めるために大切なのは、「あなたに興味があります」と伝えること。

自分に興味のない人に対して、自分の話をしようとは思いませんよね。

多くの人は、自分の話を他人に聞いてもらうのが好きなものです。

彼に「この子と一緒にいると楽しい」と思ってもらうためには、まずは相手に喋らせること。

それに笑顔で、リアクションもちゃんとしながら聞いてあげたり、相手の話に対して新しい見方を提示してあげたりすれば、彼はあなたといる時間を心地よいと思ってくれるはずです。

話すのが苦手という人には、適度な質問で話を引き出してあげるのが良いでしょう。

ただし、聞くことに徹しすぎてしまうのは、彼氏の作り方としては失敗してしまいやすい事例です。

話に耳を傾けることは大切ですが、聞き役ばかりになってしまうと、相手は「話題を見つけるのに疲れる」という感想を抱いてしまうことでしょう。

会話は、あくまでもキャッチボールでなければなりません。

言葉のキャッチボールは、彼氏の作り方で、最も基本となる部分です。


相手が自分のことを話してくれたら、適度に相槌を打って、「そうなんだ~!」と感激したり、共感したりします。

そしてそこから、「実は私も・・・」と似たような話題を振ってみるのも良いですし、「だけど私はこうかな・・・」と、相手と違う部分を話題にしてみるのも良いでしょう。

こうして会話を広げていくことで、「話していて楽しい」という感想を、お互いに抱くことができるようになります。

一緒にいて、会話をしていて楽しくなければ、彼氏の作り方が成功することは、まずありません。

できるだけ相手の会話に耳を傾け、そして、それに合う話題を絶妙なタイミングで提供し、2人で盛り上がることができる・・・

そんな状態に持っていくのがベストですね。


ただし、「彼氏の作り方では会話を盛り上げるのが基本だった!」と焦り、必死でアレコレ話し過ぎるのも良くありません。

自分が疲れてしまう原因になります。

自分が楽しいと感じていない会話は、やっぱり相手にも楽しいと思ってもらえていない可能性大です。

大切なのは「お互いが楽しめる会話」です。

これを忘れないように、会話をうまくキャッチボールしていきましょう。

もし相手が口下手で、なかなか話題を引き出せないような場合は、彼氏の作り方のマニュアル通りにはいかず、苦戦してしまうかもしれません。

そんな時には、まずはお天気の話や、お互いの趣味の話なんかから始めてみてください。

お天気なら誰とでも話題にできますし、相手の趣味を聞き出せば、そこから話題を盛り上げることができます。

口下手な男性でも、自分がハマっている趣味についての話題なら、驚くほどスラスラと話し始めてくれるかもしれません。

あまり興味のない趣味であっても、ここはしっかり耳を傾けておきましょう。

うまく会話をして、相手がどんな人か知り、自分がどんな人かを知ってもらうのは、彼氏の作り方では基本の第一歩です。

お互いよく知らないままに、付き合い始めることなどできませんね。

よく知って、そして良い関係に発展させていけるように、上手な聞き役、盛り上げ役になるよう、心がけた会話をしていきましょう。

#2:適度なスキンシップ

わざとらしいスキンシップを好む男性は少ないでしょうが、たとえば他の方を見ている彼の背中や肩をツンツンとつついてこちらを向かせる程度のスキンシップであれば、爽やかで彼をドキリとさせることができるかもしれません。

誰でも嫌いな人に対してスキンシップをとらないことからわかるように、スキンシップは「あなたに興味があります」「あなたには触れたいと思います」という意思表示でもあります。誰でもスキンシップをしてくる人が自分を嫌いだとは思わないので、相手に自分は好かれているんだ、少なくとも嫌われてはないんだという安心感を与える意味でも有効です。

#3:隙を見せること

単純行動的な隙、たとえばいつもみんなでいるより一人で行動する、ぼんやり外を眺めるといった行動でもいいですし、精神的な隙を見せるというのもありです。

素直に少しだけ寂しいということを言ってみたり、涙もろさを見せたりというのが効果的なのは普段の姿からのギャップと、その精神的な隙に対して「この子から目を離せない」「一人にしておけない」と思わせることができるからなのです。

恋に臆病になっているのなら、重くならない程度に打ち明けてみるのも良し。

他人の言葉ですぐ不安になる癖があるのなら、それを打ち明けてみるのも良いでしょう。自分の欠点を隠すのではなく、改善しようとしているんだけど…というスタンスで打ち明けてみるのは、自分の人柄を誤解させない点と相手に精神的な隙や弱みを見せられる点と、一石二鳥です。

ただし、喋りすぎない、生々しく語らない、言わなくて良いことまでは言わない、という点に気をつけるようにして下さいね。

彼氏の作り方3♡彼に告白させよう


彼氏の作り方の最終ステップは、彼からの告白。

Step 2で相手との関係性を築いたら、あとは彼からの告白を待つのみ♡

自分から告白するのもいいかもしれませんが、できれば告白は男性からしてほしいものですよね。

彼から告白してもらうためには何が必要なのか、考えてみましょう。

#1:相手に好意を持っていることを言動でちゃんと表してあげること

Step 2でも何度か強調しましたが、多くの人は「自分はこの人に認められている」「この人には好かれているらしい」と感じることが心地よいものです。

それは承認欲求を満たす事に直接的につながり、自分自身の存在価値を他人の中に見出すという尊い現象でもあるのです。

たとえば、友達とカフェに行くにしても、断られそうな友達よりはいつ誘っても来てくれる友達を誘いますよね。

相談を打ち明けるときに正面から思い切り否定されそうな相手よりは、自分のことを理解してくれそうな相手を選びますよね。

それと同じなのです。

私も一時、「振られる可能性があるから告白しない、なんて自分のことを可愛がり過ぎだ」と思っていたことがありました。

しかし、誰しも傷つくのは怖いし、振られてそばにいられなくなることのほうがもっと怖い、という人もいるのですよね。

だったら何も言わないで、このままそばにいられるほうを選ぶ、とその愛の深さゆえに思われてしまっては本末転倒。

彼に告白して欲しいのであれば、告白一歩手前の言動で、きちんと好意を持っていることを言動で表現しましょう。

これじゃダメ!間違った彼氏の作り方


さて、彼氏の作り方についてご説明させていただきましたが、次に「こんな方法じゃ彼氏は作れないぞ!」と言ったような、間違った彼氏の作り方について触れたいと思います。

知らぬ間にやっていたのであれば大変!

心当たりがないか、チェックしておりましょう!

彼氏の作り方、間違い1#手当たり次第に「男紹介して」と頼む

積極的に、出会いを求めることは、もちろん大切ですが、手当たり次第に「男紹介して」と頼むのは、間違いです。

闇雲に、紹介を頼んだからといって、″いい人″に出会えるとは限りませんよね。

それに、周囲に「男ならだれでもいいのか」「がっつきすぎ」と、マイナスイメージをもたれてしまうことも。

これではますます、彼氏を作る環境ではなくなってしまいますよね。

まさしく「数打ちゃ当たる」精神でいても、全く当たらずに終わってしまう可能性が高い、間違いだらけな、彼氏の作り方です。

二兎追うものは一兎も得ず、ですよ。

このような出会いの求め方で、間違いのある、彼氏の作り方をしてしまうのは、もったいないですよね。

紹介を頼むのは悪いことではありませんが、頼むなら頼むで、ちゃんと信頼できる相手だけに頼むのが正解です。

間違いない彼氏の作り方としては、同時に何人もの人を紹介してもらうのではなく、紹介を頼むのは一人か二人にしておきたいですね。

彼氏の作り方、間違い2#出会い系サイトで出会おうと考える

彼氏の作り方として、出会い系サイトで出会うというのも、彼氏の作り方の、1つです。

決して、否定することではありませんが、出会いたいからといって、すぐに出会い系を連想させるのは、オススメできません。

本気で彼氏を作りたいのだとしたら、目的に合った彼氏の作り方かどうかは、正直疑問だからです。

確かに、真剣に彼氏を探している人も、出会い系サイトの中には存在します。

しかし、恋人を探す目的以外の人も、利用していることを考えると、出会い系サイトを、利用するのは″間違った出会い方″と言わざるをえません。

こちらが、どんなに本気で、出会いを求めていても、実際に会ったら「相手は遊びのつもりだった」「求めていたのは体の関係だけ」なんて可能性も、高いですよね。

出会い系に関連した詐欺や性犯罪も増えている現状からすると、女性が出会い系を利用するのは、慎重に考えたほうがよさそうです。

もし、出会い系に頼るのであれば、口コミや公式サイトなどをみて、悪質なサイトではないか、サポートはしっかりしているのかを、ちゃんとチェックしておきましょう。

もちろん、素敵な人に出会えるかどうかも、″運″なので、本当に彼氏が欲しいと思っている人には、リスクの高い彼氏の作り方と言えるでしょう。

あなたの身に危険が迫るようなことは、しないでくださいね!

彼氏の作り方、間違い3#イベントに合わせて彼氏を作ろうと焦る

イベント前に、彼氏が欲しいと思うのは、男女共に″あるある″ですよね。

例えば「もうすぐクリスマスなのに、彼氏がいないのは寂しい!」「バレンタインに、チョコを渡す相手が欲しいなぁ」などと考えてしまいがちです。

このように、イベントに合わせた動機で、彼氏を作ろうと思うと、失敗に終わってしまいがち。

彼氏ができたとしても、イベントが終わると同時にすぐに別れてしまったり、ジタバタしただけで、彼氏ができずに終わってしまうのです。

失敗の原因は、ずばり″焦り″

なんせ、イベントに間に合わせないと、意味がないので、とにかく手っ取り早く彼氏を作らないと!と焦ってしまいます。

もちろん、焦って彼氏を作ろうと思えば、いい加減に相手を選んでしまいがち。

間違った彼氏の作り方で、とても多いパターンです。

彼氏の「作り方」と何度も言ってきましたが、彼氏彼女になるということは、お互いの心が通じ合って初めて成り立つことです。

決して「彼氏」という存在がいればそれでいい、なんて考えにはいたらないようにしてくださいね!

あなたが探し求めるべきなのは、形だけの彼氏ではなく、本当に愛しいと思える彼氏なのですから。

彼氏の作り方、間違い4#好みのタイプを探すことから始める


彼氏にするなら○○な人!というように、好みのタイプがあるのは、当然のことです。

しかし、好みのタイプを探すことでスタートした、彼氏の作り方は、好みのタイプが現れない限り、彼氏を作ることができません。

好みのタイプと言っても、「優しい人」「面白い人」なんて、簡単なタイプなら問題ありませんが、「優しくて面白くて身長の高い人!」なんてタイプでは、なかなか見つけることは、できませんよね。好みのタイプを探しているだけで、終わってしまいがちな、彼氏の作り方なんです。

本気で、彼氏が欲しいと思っている人が、このような、彼氏の作り方をするのは、大きな間違いです!

ある程度の好みは、良いですが、それ以外は、許容範囲として、出会いを求めるようにしたいところです。

間違いの無い、彼氏の作り方としては、最初から選り好みしないことも、大切ですよ。

理想が高すぎる人はいつまでたっても彼氏ができない傾向にあります。

第一印象から判断して、理想にかなっていない男性を即座に恋愛対象外と決めつけていては、「実は中身がとっても良い人だったのに…」というように、知らず知らずの内に素敵な出会いを逃してしまっている可能性もあります。

よっぽど好みのタイプから外れているということでない限り、男性を最初から恋愛対象外と決めつけるのはやめましょうね。

彼氏の作り方、間違い#5自分は相手の好みではないと決めつける

この人いいなーと思っても「相手はこっちのことをなんとも思ってないに違いない!」と自分で勝手に判断して、身を引いてしまうことはありませんか?

たとえば、高身長の女性や高収入の女性によく見られるのがこのパターンです。

「自分より身長の低い男性は、自分みたいな大きい女性と並んで歩きたくないだろうなー。。。」「男性より収入が高いと、男性はプライドが傷つくから敬遠されるだろなー。。。」などと考えてしまう気持ちはわからなくありません。

そういった女性は、もしかしたらそのような言動を過去に男性にされた経験があり、トラウマがあるのかもしれません。


しかし、世の中そんなに器の小さい男ばっかりじゃありませんよ?

自分がすこしでも気になった男性には、せっかくですので思い切ってアタックしてみましょう!

過去の経験や思い込みだけで、せっかくいいなーと感じた男性から遠ざかる必要はありません!

出会いの第一歩に必要なのは、臆せずに相手と向き合うことです。あなたの周りにいる恋愛上手な女性は、みんなそういった特徴があるのではないでしょうか?

一歩踏み出せば、今までに経験したことのない素敵で刺激的な恋ができるかもしれませんよ!

彼氏の作り方、間違い#6バックグランドで男性を選ぶ

婚活パーティーなどでたまに見かけるのがこのタイプの女性です。

彼氏を作りたいと思いながらも、学歴や収入や所属している会社などで男性を切り捨ててしまうのが、彼女たちの特徴です。

「早慶上智以上の大学卒業者のみ参加」、「東証一部上場会社勤務の男性のみ」、等々。

そのような見出しをうたった婚活パーティーは少なくありません。

バックグラウンドで男性陣を絞り込んだパーティーは、それなりに活況を呈しているのでしょう。


学歴や収入を彼氏作りの一つの基準とすることは決して悪いことではありません。

自分や将来的な子供の生活を考えてそういった選択をする彼女たちを、否定するわけではありません。

しかし、高学歴高収入の男性は浮気性だという統計結果も出ていますし、必ずしもあなたが幸せになれるわけではありません。

「彼氏を作るのではなく、旦那の候補を作る」、そんな気概で恋人探しに勤しむ女性にも、是非とも同時並行で様々な男性と会ってもらいたいです。

間違い#4や#5にも通じるところですが、彼氏を作りたいのに先入観だけでその候補者たちの間口を狭めるのは、彼氏の作り方としては効率的ではありません。


ほんのすこしだけ、今まで敬遠していたようなパーティーや飲み会にも参加して見ましょう!

あなたのことを真剣に考えてくれる男性に巡り会える可能性は、間違いなく広がると思いますよ。

彼氏の作り方に特別な魔法はいらない


彼氏の作り方と、止めた方がよい間違った彼氏の作り方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

一概に彼氏の作り方といっても、ここで紹介したものがすべての男性に使えるわけではありませんし、頑張ってるのに彼氏ができない!という人は、このように間違いだらけな彼氏の作り方をしている可能性があります。

「自分が彼になにをしてあげたいか?」「彼は私にどうしてほしいのか?」を考えて、その彼の思いに応えようとすることも重要です。

彼にとって、いつまでも素敵な女性でいられるように、小手先だけのテクニックに頼らず、心を傾けてあげるようにしてみてくださいね。

「彼氏の作り方3step!成功する彼氏の作り方と失敗する作り方」を読んだ人に人気の記事
意外といいかも!年下男性との恋愛のメリットとは?女性が年上の恋愛は今や少なくありません。しかし、年下男性との恋愛と聞くと「頼りない」とか「遊び」というあまり良いイメージがないかもしれません。ですが、実は良いこともたくさんあるんです♪年下男性だからこそのメリットとは何なのか?ご紹介します。
「好きな事を極めたい!」オタク女子と相性がいい男性の特徴3つオタク女子はモテると言われているものの、付き合っても長続きしないという人も少なくありません。1度付き合うと決めたのならば、長く付き合っていきたいですよね。長く付き合うためには相性がよくなければいけません。そこで今回は、オタク女子と相性がいい男性の特徴を紹介します。
好きな人はモテ男!恋をするうえで厄介な嫉妬をしない方法5つ!好きな人がモテ男だと、やはり他の女性に嫉妬してしまうことも多いと思います。他の女性からチヤホヤされたり、仲良くしている彼の姿を見るのは辛いことですよね。だからといっても、モテ男なんだからどうにもならない!嫉妬しない方法を知っておくと気持ち的にも楽になれますよ☆

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント20件

  • 1 :みこも 2016/09/13

    彼氏は作りたいけど、がっつき感をなくナチュラルに!という堅実な印象を持ちました。また、まず周りの話したことが無い人から、というのは人見知りで奥手な人も行動に起こしやすいですね。

    通報
  • 2 :ほいほい 2016/09/13

    他力本願はやっぱりだめですよね。

    通報
  • 3 :ちき 2016/09/13

    焦って彼氏を作っても幸せにはなれないですよね。

    通報
  • 4 :ちろ 2016/09/13

    がっつきすぎは良くないんですね。今までしていたので控えたいと思います。

    通報
  • 5 :ゆっこ 2016/09/13

    彼氏の作り方にもいろいろな工夫が必要なのですね。勉強になります。

    通報
  • 6 :いーた 2016/09/13

    確かに。数撃ちゃ当たる、方式だと、好みの相手に出会えないですよね。なるほどと思いました。

    通報
  • 7 :ななこ 2016/09/13

    彼氏がいないという焦りは禁物何ですね。

    通報
  • 8 :みか 2016/09/13

    彼氏が欲しいので、とても役に立つ情報ですね。

    通報
  • 9 :すず 2016/09/13

    体の関係だけという男と出会うのは回避したいです。

    通報
  • 10 :ゆりりん 2016/09/13

    彼氏がいないので、街コンに行ってみようと思いました。

    通報
  • 11 :さと 2016/10/02

    失敗する作り方をしている気がします。

    通報
  • 12 :にこん 2016/10/02

    嘆くよりも行動ですね!まずは身近な男性に話しかけてみます。

    通報
  • 13 :いけあ 2016/10/02

    街コン、気になってました。今度、初トライしてきます。

    通報
  • 14 :ゆうみ 2016/10/03

    間違った彼氏の作り方、とても参考になりました。

    通報
  • 15 :銀河 2016/10/04

    彼氏を新しく作るには色んなところに顔を出すべきだと思います。

    通報
  • 16 :キリコ 2016/10/07

    がっつき過ぎは良くないですよね。もっと気持ちに余裕を持って行動するようにします。

    通報
  • 17 :みこ 2016/10/07

    正しい方法で今年中に彼氏が欲しい!参考にさせていただきます。

    通報
  • 18 :mokomoko 2016/10/08

    隙を見せるっていうことがなかなかできないので、参考にしてやってみます。

    通報
  • 19 :mameko 2016/10/08

    間違った彼氏の作り方に当てはまるものが幾つかありました。年末に近づくにつれもうすぐクリスマスだから!とか。 友達に誰か紹介して〜と言ってしまったり。反省すべき点がたくさんあり、とても勉強になりました。

    通報
  • 20 :みきてぃ 2016/10/12

    間違った彼氏の作り方になるほど~と思うところがたくさんありました。 好みのタイプから探すって、よくやってしまいがちなので気をつけます。

    通報

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 出会いはあるのに何で?「彼氏ほしい」と思ってる時ほどできない訳

      「彼氏がほしい」という気持ちがある時は彼氏ができないのに、「彼氏なんていらない」と思っている時にいい出会いに巡り会える…というような経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。どうして彼氏がほしいと思っている時には彼氏ができないのか、その理由を紹介します。

    • 彼氏から「クリスマスプレゼント何がいい?」ベストアンサー3選!

      彼氏に「クリスマスプレゼント何が欲しい?」と聞かれて、素直に「〇〇が欲しい」と言っていいものか悩んでしまいますよね。結局何も言えなくなってしまうというそんな女性のために、今回は彼氏にクリスマスプレゼントについて聞かれた時の正しい答えについて紹介します。