彼氏と付き合って半年経ったら意識したい付き合い方の心得4つ

彼氏と付き合って半年経ったら意識したい付き合い方の心得4つ

2016
update

彼氏と一緒にいて半年が経ち、短く感じる人もいれば長く感じた人もいるでしょう。あっという間な半年だったのか、それとも喧嘩をしたりして長く感じた半年だったのか。それは色々あると思います。今回の記事では、彼氏と付き合って半年が経ったら意識してもらいたい付き合い方を、ご紹介したいと思います。

2016
update

付き合い始めて半年経った今、気にしておきたいこと。

カップルにとって、付き合い始めて、3か月は「魔の3か月」というように、最初に乗り越えるべき壁です。

長く一緒にいると、今まで見えていなかったことが、見えてくるようになり「本当に私のこと好きなの?」とモヤモヤしたり、お互いに、マンネリを覚えることがあります。

この、魔の月間を乗り越えた後に、やってくるのが「半年目」です。

付き合い始めてから数えて、今月で半年経った彼氏との関係を、良好に継続させるために、気を付けたい彼氏との付き合い方を、改めて考えてみましょう。

付き合い方①会う頻度をあえて下げてみる

喧嘩も増えた、怒る回数も増えた、それでも彼氏が愛しい!

彼氏と会って、この不安を解消したいですよね。

だからといって「やるべきこと」をそっちのけにして、彼氏に会ってしまうのは、彼氏からの評価も下がります。

勉強も仕事も、一番に優先しなければならないこと。

男性が結婚したいと思う相手は、計画的に行動のできる、自立ができた女性です。

半年を迎えたら、あえて、会う頻度を落とし、今しなければならないことを、がむしゃらにやってみましょう。

もしくは、自分の時間を、楽しむことに有効に使っていきましょう。

仕事だけでなく、友人や家族関係も良好に

彼氏は、あなた自身だけでなく、あなたの周りが、あなたをどう評価しているのかも気になっています。

今、付き合っている彼女が周りから不評だったら、彼氏はとても悲しいでしょう。

彼氏を悲しませないためには、彼氏にだけ構うのではなく、友人や、家族にも目線を向け、良好な関係を築いていきましょう。

付き合い方②スキンシップが大切!

3か月、半年、一年、時が経つにつれて、お互いのスキンシップが、おろそかになりがち。

回数を意識する必要はありませんが、せめて月に1、2回はスキンシップをとるのが、おすすめです。

会話だけでなく、肌と肌が触れ合うことで、お互いを認識でき、愛を育むことができます。

どうしても、そんな気分になれない時は、旅行に行くなど、非日常的な空間に出かけるのも一つの手段です。

いつもと違う景色の中で見る彼氏は、いつもと違った魅力を、感じられるかもしれません。

計画を立てるときも、きっと楽しいですよ。

付き合い方③当たり前の存在などいない

この記事が気に入ったらシェア♪
6 名無しさん
通報

あまり意識しすぎると逆に上手く行かなくなることがあるので、とりあえずは自然体が一番かな。マンネリかな=って思うようになったら、ちょこちょこ打開策をやっていけばいいよ

5 名無しさん
通報

彼氏と付き合って半年経ちますが、上手く倦怠期を乗り越える為の付き合い方が分からなくなってきた。

参考にして頑張ろう

4 48時間眠りたい
通報

好きーーー!!って気持ちから付き合って、3ヶ月目くらいで起こる価値観の違いや習慣の違いなんかも乗り越えて半年。ちょっと付き合い方が変わってくるんですね。確かに仕事のこととかもっと考えなきゃダメかもなぁ。将来のためにも。

1 ヘッドライト
通報

半年がカップルにとって、とても大事な節目にあたるとは意外でした。月日を意識しながら付き合っていくことが良好な関係を続行させられる秘訣の一つなのかなとも感じました。挙げられている心得を胸に刻み、倦怠期も乗り越えられるように努力したいです。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー