付き合って半年カップルの気持ちの変化とは?倦怠期や同棲の彼氏との過ごし方

付き合って半年カップルの気持ちの変化とは?倦怠期や同棲の彼氏との過ごし方

カップル

付き合って半年が経つと、いろんなことを振り返りますよね。あっという間だったのか、長く感じた半年だったのかは人それぞれ。付き合って半年が経ったカップルが、これから知っておくべき心得をご紹介します。

付き合って半年が経ったみなさん、記念日にお祝いはしましたか?

付き合って半年経ったカップルは、結婚や同棲、倦怠期など、将来のことを考えていろんな気持ちになるでしょう。

長く一緒にいると、今まで見えていなかったことも見えてくるようになり、モヤモヤしたり、お互いにマンネリを覚えることもあります。

深まった関係をさらに良好に継続させるため、付き合って半年のカップルが心得ておくべきことを改めて考えてみましょう。

付き合い始めて半年経ったカップルの気持ち

付き合って半年 気持ち

お互いを理解しはじめ、安心感が芽生える

付き合って半年が経つと、最初にあったような緊張感のようなものがなくなってきます。

緊張感がなくなるということは、一緒にいて気持ちが落ち着き、安心する関係になるということ。

一緒にいるだけで安心するという関係は、言葉にできない愛のようにも感じますよね……。

付き合って半年が経ったということは、変な気づかいをする必要もなく、2人の歩調が合ってきた証拠とも言えます。

また、お互いのいいところや悪いところがしっかりとわかるようになるのも、付き合って半年くらいの時期でしょう。

安心感が芽生える反面、悪いところもわかってくる故にマンネリ化や感情のぶつかり合いが起きるかもしれません。

中には、体の関係がなくなるカップルもいると言われます。

半年も経てば、カップルという域を超えてもはや「パートナー」としての関係が強くなったと考えるのがいいでしょう。

結婚や同棲を考える

付き合って半年 結婚

付き合って半年もすれば、結婚や同棲など、早い段階から2人の将来について考えるのが「大人の恋愛」と言えます。

「交際0日婚」や「スピード婚」という言葉があるように、付き合ったその瞬間プロポーズして結婚、というカップルも世の中にはいるのです。

付き合ってすぐ結婚というのは極端な例ですが、大人ならば、結婚を視野に入れながら付き合っている人は多いはず。

同棲を始めたり、家族や友人に紹介するのも、付き合って半年を過ぎてから、という人も多いかもしれません。

もちろん、周りの友人が付き合って半年で結婚のことを考えているからと言って、焦ることはありません。

付き合って半年のカップルならば、将来のことよりもまだまだ愛を深め合うことの方が優先。

外は外ですから、将来の話はじっくりと、お互いに歩調を合わせて話し合うようにしましょうね。

基本ラブラブだけど倦怠期になることも

付き合って半年の時期は、付き合いたてのころのようにラブラブでいられることが多いでしょう。

ただ、安心感ゆえに倦怠期になることもありえます。

ラブラブと倦怠期が混ざり合うのが、まさに「付き合って半年」の時期なのです。

一緒にいて安心する反面、最初に付き合ったころのような「ドキドキ感」は必ず薄くなります。

もちろん、全く喧嘩なしで半年過ごすカップルもいるでしょう。

しかし、倦怠期が来始めたころにどのようなアクションをとるかが、今後長続きさせるために大切なことと言えます。

倦怠期が来ているかもしれないと感じたら、会う頻度を調整したり、相手が喜ぶことをしてあげましょう。

何もせずに放置すると、そのまま別れることにつながってしまうかもしれないので、結婚を考えているならとても大切な時期です。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。