倦怠期とは?そもそもの倦怠期のメカニズムと解消法を5つご紹介

Key

世のカップルを悩ませる、「倦怠期」という壁。倦怠期とは一体なぜ起こってしまうのか、知っていますか?また、その解消法とは?「倦怠期とは何か」をしっかりと理解することによって解消法が見えてくるものです。また、お付き合いを始めた時期から気を付けていれば、倦怠期を迎えずに幸せに過ごせるかもしれませんよ♪

倦怠期とは?倦怠期って実は5割のカップルの悩みの種!


「倦怠期を経験したことがありますか?」

この質問に対して、YESと答えた女性は約48%、男性は約41%と、約半数近くの方がなんらかの場面で倦怠期を感じているようです。

では倦怠期とは何か、あなたはどのように考えますか?

また倦怠期とはなぜ起こるのか、知っていますか?

今回は"倦怠期とは何か”、また解消法・対処法をお伝えできれば思います♪

倦怠期とは何か


皆様が考える倦怠期とは、どのような状況でしょうか?

”倦怠期”という言葉から連想されるのは”飽き”や”慣れ”ではないでしょうか?

人間は誰しも”慣れ”や”飽き”を感じてしまうものです。


もともと倦怠期とは、主に夫婦間の間柄について使われてきました。

しかし、近年はカップルの間でも当たり前のように使われています。


「倦怠」を辞書で引いてみると、物事に飽きて嫌になること/飽き飽きすること、とあります。

倦怠期や倦怠感という風に使われる言葉です。

恋人とのあらゆるやりとりに慣れを感じ、刺激を受けるとこが少なくなった。

倦怠期とはこのような状態のことを言います。

倦怠期とはお互いを見直す時期


倦怠期を迎えてしまったカップルは、お互いの嫌な部分が気になったり、ちょっとしたことがやけに癇に障ってしまったりします。

付き合いたてはそんなことなかったのに…彼氏は変わってしまった…。

そんな風に相手を責めるような気持ちになってしまいます。


そんなときは一度考えてみてください。

本当に彼氏が変わってしまったのでしょうか?

変わってしまったのは、あなたではないでしょうか?


当初を振り返ってみると、相手のしていることは実は同じだったりしませんか?

付き合いたては、気持ちの盛り上がりから嫌なところがあっても見て見ぬふりをしてしまうものです。

しかし、それは決して悪いことではありません。

つまり、あなたが今相手に対して気になってしまっているところも、あなたは本当は許せる心を持っている、ということなのです。


倦怠期とは、相手に原因があるわけではありません。

もちろん、あなただけが悪いというわけでもありません。


倦怠期とは、お互いに相手のことを見直せるきっかけをくれるのです。

倦怠期を悪いことだと決めつけずに、ポジティブに自分や相手のことを見直してみてはいかがでしょうか?


付き合いたての新鮮な気持ちの時は、好きという気持ちや、相手をもっと知りたいという気持ちが勝っていたからこそ、許せた言動。

倦怠期を迎えた今は、そんなちょっとした言動にイラッときてしまったり、不満を感じたりするという方もいるでしょう。


ですが、付き合い始めの頃に許せていたのなら、決して許せないということはありません。

ちょっとした言動にイラッと感じたり、不満になったりするのは、それだけ「この人ともっと長く一緒にいたいから」という気持ちが強いからだと考えてください。


倦怠期ではありますが、お互いを嫌いになったわけではありませんよね。

嫌いになったのなら、イヤなところがあれば別れてしまえば良いだけのことです。

それでも、倦怠期であることを認識しながらも付き合い続けるのは、お互いに好きという気持ちが残っているからこそです。


それに、付き合いたての頃はとりあえず見て見ぬふりをできた言動が、倦怠期になると見逃せなくなるのは、「お互いの不満をぶつけ合うことでより深く分かり合いたい」という気持ちが奥底にあるからではないでしょうか?


もし付き合いたての新鮮さだけを味わい、飽きて倦怠期になったらあっさり別れてしまうような関係ならば、嫌な部分があっても、それこそ見て見ぬふりをし続ければ良いだけなのです。

ですが、これから先も末永く一緒にいたいと考えている相手だからこそ、不安や不満を感じるところは見逃せなくなっているわけですよね。


倦怠期はお互いに飽き飽きしてしまった、別れにも近い時期と感じる方もいるでしょう。

ですが、実際にはこのよに、まだまだ長く一緒にいたいという気持ちが根底にあってこそ訪れるものと考えることができます。

お互いに、付き合いたての頃には許せた「ちょっとした言動」にイラっときてしまうなら、それこそが愛情の証と考えて、倦怠期を乗り越える工夫をしていきましょう。

倦怠期の時期にお互いの関係を見直すことに成功し、それぞれが持つ不安や不満をぶつけ合い、お互いに歩み寄ることができれば、より素晴らしい関係を築くことも不可能ではありません。


「1度倦怠期に入ってしまったら、ずっと飽き飽きしたまま付き合い続けることになる」ということもありません。

倦怠期の時期が一生続くことなどなく、うまくいけば、同じ相手とでも再び恋愛を盛り上げることだってできるのです。

そう考えると、関係を見直し、立て直していくための努力をしていくだけのやりがいはありそうですよね。

男性が迎える倦怠期とは


男性の考える倦怠期とは、一体どのようなものなのでしょうか?

付き合って半年程度で倦怠期を感じた男性は約36%、女性は約28%と男性のほうが早く倦怠期を感じるようです。

もともと男性は”狩る”という本能を持っています。


恋愛において男性は”交際をスタートさせる”この段階がピークだとも言われています。

一方、女性は交際を始めてからが本当のスタートと感じるようです。

ところが、お付き合いを続けるうちに減っていく会話や連絡…。

不安になりますが、これだけで倦怠期とは言い切れません。

この差は男女の本能的な差であり、根本的に違う生き物であるが故のことです。


男性は常に追いかけていたい生き物。

「私のこと好き?」そう聞かれた時点で男性は”追いかける必要がない”という気持ちが少なからず生まれるものです。

男性が考える倦怠期とは、相手の言動にイライラしたり、ドキドキになくなったりと言った心情的理由が多くみられます。

追いかける必要があるうちは、少しのことでもドキドキするものです。

つまり、”日々ドキドキをくれる女性”であれば倦怠期とは無縁の日々を送れるかもしれません♡

女性にとっての倦怠期とは


では女性はどうでしょうか?

女性の感じる倦怠期とは、”相手の言動が気に障る”や”イライラする”など心情的理由もありますが、メールや電話が減った/デートがいつも同じところなど、行動的理由も多く見られます。


先にも言いましたが、女性は常々確認をしたい生き物。

付き合っていくうちに右肩上がりの女性の心理とは反対に、男性は付き合いたてがピーク、その後は安定の一途をたどるということを頭に入れておいてください。

連絡が減ったという点で男性を責めたり、せっかく連れて行ってくれたデートで不満を口にしたりしてはいけません。

余裕を見せて、男性に追いかけられるような女性を目指しましょう♡

倦怠期を乗り越えられるイイ女を目指すために


では、女性にとって男性との付き合いが物足りなく感じられ始める倦怠期を迎えてしまった時、男性から常に追いかけられるようなイイ女を目指すためには、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?

この方法としては、まずは身だしなみが重要なポイントになりますね。


男性は「釣った魚にエサはやらない」なんてよく言われますが、では女性はどうでしょうか?

カッコイイ彼を追いかけている間はオシャレもメイクもダイエットも頑張っていたのに、彼氏になり、慣れ親しんできた倦怠期の頃には、どれも適当になってしまっていないでしょうか?

これでは、彼氏がもっと素敵な他の女の子に心を奪われてしまうかもしれません。

そうなるのを防ぐために、常に美意識を持ってスタイルやお肌の状態を良好にキープし、彼とのデートの時にはいつもヘアメイク、ファッションなどに気を遣って女子力を高めていくことが大切です。


また、彼の好みの変化も敏感にリサーチして合せてみたり、時にはいつもと違うテイストのファッションにチャレンジしてみることで、倦怠期の飽き飽きした気持ちが改善されるかもしれません。

それから、デートの内容が同じようなものばかりで飽きてしまった場合には、女性がデートの計画を立てるのも良いでしょう。

「ちょっといつもと違ったデートを楽しんでみよう!」と、何か楽しいことを計画するのです。


例えば自分の趣味に、彼を思い切り巻き込んでしまうのも面白いですね。

倦怠期の男性は、「彼女のことはもう知り尽くしたから面白くない」という気持ちが、多少なりともあるものです。

ですが、趣味に没頭する「いつもと違う雰囲気の彼女」を知ることで、そんな気持ちが切り替えられるかもしれません。


また、よりイイ女を目指して変わろうとする努力を見せることも倦怠期解消に有効な方法です。

例えば料理教室に通ってみたり、ホットヨガを始めたり・・・。

こういった自分磨きをがんばる女性は、男性から見ても素敵なものですし、何よりも放つオーラが常に輝いていますよね。

やりたいことを思いきり楽しんでいる素敵な女性には、彼も常に惹きつけられてしまうことでしょう。

こういった努力をすれば、倦怠期もうまく乗り越えることができるかもしれません。

「今、倦怠期だから仕方ない」「彼がつまらないことしかしないから」なんて、倦怠期や彼のせいにしているばかりでは、何も良い方向には進みません。

まずは自分がよりイイ女になるのを目指すことが大切ですね。

また、常に周囲から「キレイな彼女だね」「素敵な人だね」と褒めてもらえるような彼女なら、倦怠期とは無縁になれる可能性があります。

なぜなら、そんなモテる彼女がいた場合には、男性は常にその彼女をつかまえておくために必死になる必要性が出てくるからです。


倦怠期とは、相手との関係性に刺激を感じにくくなった状態。

ですが、もし周囲に多くのライバルが居続けるような彼女の場合は、刺激を感じずにはいられないでしょう。


もちろん、倦怠期とは彼女がイイ女なら訪れないもの、というわけではありません。

美人は3日で飽きるという言葉もあるように、いくら目鼻立ちがキレイな女性でも、そのルックスには飽きてしまう可能性がありますね。

ですが、見た目ではなく放つオーラが素敵で、常に周囲の男性を惹きつけてしまうような女性だったらどうでしょうか?

倦怠期とは、狩る本能のある男性が、安定した関係に飽き飽きして起こってくることが多いものです。

ただし、狩った獲物が逃げてしまいそうになったり、周囲から狙われている時には、男性は常に狩る本能を維持し続けることになります。

つまり男性の倦怠期とは、これを乗り切るためには、「彼氏がいるから」と安心した態度になってしまうのではなく、常にモテるオンナで居続けることが有効なのです。


だからと言って、彼氏の心を疲弊させてしまうような浮気に走るのが良いということではありません。

モテるオンナになるというのは、単なる「彼好みの女」を目指すのではなく、男ウケを狙ったヘアメイクやファッション、言動を心がけて、多くの男性を魅了できるだけの魅力を持ち続けるということにあります。

もちろん色気で攻めるようなことをするわけでもありません。

例えば常に髪はサラサラで、お肌もツルツル。

メイクもナチュラルで触れたくなるような美肌の持ち主で、しかも細かいところまで気づかいができる女性。

そんな女性は、彼氏がいても、男性の多くが「お近づきになりたい」「隙あらば奪ってしまいたい」という気持ちになってしまいますよね。

そういったドキドキ、ハラハラをもたらしてくれるようなイイ女を目指せば、倦怠期が訪れにくくなるということが考えられます。


ただし、このモテるオーラというのは、産まれながらの素質のような部分もあるので、簡単に手に入れることはできません。

とにかく、まずは清潔感があり美容やファッションにもこだわりを持っており、自分らしさを大切にしている芯の強い女性を目指すことから始めましょう。

彼氏や周囲の男性に媚びを売っても、倦怠期を乗り切ることはできないかもしれません。

自分自身を磨くことなら今すぐ自分で始められますし、万が一、倦怠期を乗り越えられなかったとしても、自分にとってプラスになるはずです。

やってみて損のない方法ですので、ぜひ、モテるイイ女を目指して、できるところから自分磨きをしていきましょう!

倦怠期とは盲目的な恋から安定した関係へ進む区切りの期間


倦怠期とは、勢いそのままに別れを選択するきっかけになることもあります。

しかし、倦怠期とは盲目的な恋から安定した関係へ進む区切りの期間なのです。

交際を始めた当初は、嫌なところも気にならない、すべてが新しい発見で喜びになるという盲目的な恋になりがちです。

ところが倦怠期を迎え、相手に対して冷静な目で見れるようになった瞬間、今まで気付かなかった相手のだらしない点や嫌だなと思うところが気になってくるものです。


しかし、それはもともと相手が持っていた本質的な部分なのです。

変わったのではありません。

もともとそうでした。

それにあなたが気付かなかっただけ。

なんでそうなの!?と責めるようなことをしてはいけません。


倦怠期とは、やっと冷静に相手を見れるようになる、今後の二人を見直す絶好のチャンスなのです。

倦怠期のおかげで見えた相手の本質を、一度受け入れてみてはいかがでしょうか?

それが出来たら、あなたたちカップルは安定した絆の深い関係になることが出来ます。

付き合いたては良かったな~なんて過去を振り返ってばかりではいけません。

あなたたちカップルには”未来”があるのです。

そしてそのために”今”があるのです。


倦怠期とは、盲目的な恋からあなたを引っ張り出してくれるありがたいものなのです。

女性にとっての倦怠期は結婚に向けてのお試し期間かも!?

女性にとっての倦怠期とは、男性を試すべき時ではなく、自分自身の気持ちや彼との付き合い方を見直すべき時期とも言えます。

女性は子供を持つことを考えても、できるだけ若いうちに素敵な彼と結婚したいという想いが、心のどこかにありますよね。


倦怠期とは、そろそろお互いの付き合いが慣れ合いになってくる時期。

そんな時期を迎えた時に、相手により多くを求めて不満を感じてしまったり、飽き飽きしてしまったりといったことが起こる場合には、その相手は一生を添い遂げるのに向いているとは言えないでしょう。

結婚すれば、これから人生を終えるまでずっと、パートナーでいることが前提になるわけですから、数カ月や数年といったスパンで不満が爆発したり、飽きを感じるようではやっていけません。

倦怠期とは、そんな自分の気持ちを試し、見直すべき時なのです。

結婚してしまえば、毎日のようにメールや電話をして愛を囁きあったり、素敵なデートに行ったりなんてことはできません。

そんなことで不満を爆発させてしまうようでは、結婚生活はできませんね。

そのような相手であれば、ダラダラと付き合いを続けるだけ、時間のムダになってしまうかもしれません。

歳を重ねるのは止めることができませんから、若いうちに結婚して子供を持って・・・という夢を抱いているのなら、早々に別れて次の恋愛に進むのも1つの方法です。


逆に倦怠期とは、相手との居心地がよくなり過ぎて、お互いを見せすぎてしまったために「ドキドキが感じられない」というタイプのものである場合も少なくありません。

ですが、この場合の倦怠期とは女性にとっては決して悪いものではないのです。

ドキドキは感じないけれど、彼と過ごす時間がなんとなく居心地よく感じられる、彼といると落ち着く・・・

そんな気持ちになれるなら、その彼は一生のパートナーにもなり得る相手。

そう考えて、大切に付き合いを続けていくことが大事ですね。

倦怠期とは、実は結婚相手を選ぶにあたっても、重要な時期でもあります。

そのことを忘れずに、うまく乗り切る方法を考えましょう。

これを乗り切ることができれば、その相手とはめでたくゴールできる可能性も大ですね!

倦怠期をうまく乗り切るのは、簡単なことではないかもしれません。

お互いの気持ちがすれ違い始め、徐々に離れ、倦怠期が原因で別れてしまう方も少なくないでしょう。

ですが、これを乗り越えた先にこそ、多くの女性が憧れる素敵な結婚生活が待っていると思えば、頑張れそうですね!

倦怠期とは、未来の二人のためにある

いかがでしたでしょうか?

倦怠期とはどういうものなのか、考えることができましたか?

倦怠期を乗り切るには様々な方法がありますが、行動だけでなく、自分の心と頭で芯からとらえて乗り越えて頂きたいのです。

そうすることにより、あなたたちの未来に本当の意味でプラスになると私は思っています。

倦怠期とはいわば”未来の二人”のためにある。

お相手との真実の愛を手に入れるために、倦怠期をポジティブにとらえてみてください♪

「倦怠期とは?そもそもの倦怠期のメカニズムと解消法を5つご紹介」を読んだ人に人気の記事
カップルの倦怠期には「意味」がある?別れの前兆じゃなかった!3か月過ぎると感じ始める倦怠期。(この付き合いに意味があるのか…)なんて感じ始めることも。でもそんな倦怠期にだって、実はちゃんと意味があるんです!カップルの倦怠期は別れへのプロローグではない!意味を知って倦怠期嫌いとはおさらばしましょう!
二人の気持ち離れてない?倦怠期を乗り越えるたった3つの秘策!倦怠期とは誰にでも訪れる、ある特定の時期のことですが、これをチャンスととらえるか、マイナスイメージを引きずるかで結果が変わってきます。「好きになった人とこれからも一緒にいたい」と思う人は必見!逆に二人の愛を深めるチャンス!今回は、倦怠期を乗り越える方法をご紹介します!
「またこの場所?もう飽きた」マンネリデートをどうにかしたい!長い間付き合っているからこそ陥ってしまうマンネリデート。場所もプランもネタ切れしていませんか?しかしせっかくならデートは楽しいものであって欲しいですよね。そこで今回は、マンネリデート対策や解決策を紹介していきたいと思っています。最近のデートに飽き飽きしている人は、ぜひ読んでみて♪

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 決して悪い意味じゃない!?彼氏とのマンネリの定義について考える

      「マンネリとはこういうことを言うんだ」など年代によって定義が違うものです。でも同じ女性でも年代別でどうしてこんなに考え方が違うのかな?と驚くかもしれません。では、「マンネリ」に対して皆は一体どのように考えているのでしょう?人生の中で定義が変わっていくのは面白いですね。

    • 彼氏は好きなんだけど。マンネリ期にカップルが抱える悩みって何?

      マンネリしたカップルが頭を抱えるのは、カップルとして本来嬉しかったり・必要である事を上手く共有出来なくなってしまっている事ではないでしょうか。せっかくお付き合いをしているのに、気持ちを共有できないなんて悲しいですよね。世の中のマンネリカップルは他にどんな悩みを抱えているので…

    • 倦怠期を招くかも?お付き合いが長いカップルが忘れがちなこと5つ

      恋人とのお付き合いが長く続くことは、とても喜ばしいことです。その半面、長く続いたカップルは、「倦怠期」が気になって来るということもあるのではないでしょうか?長く続いたカップルがそんな倦怠期を招いてしまうのは、恋人とのお付き合いが長くなることで忘れがちなことがあるからかもしれ…