彼氏から指輪をプレゼントされた!彼氏が考えていること3つ

彼氏から指輪をプレゼントされた!彼氏が考えていること3つ

カップル
まろん
まろん
2016.06.10

指輪をプレゼントする男性の心理として、「この女性は僕と付き合っているんだ」と、世間に知らしめたいという思いがあります。

つまり、自分がプレゼントした指輪をずっと身に付けてもらうことで、他の男性は「この女性には決まった男性がいそうだな」と考えます。

彼氏は、そうして他の男性に、遠くから自分の存在をアピールしているのです。

特に遠距離恋愛の場合や、社内恋愛であまり周囲に公表できない関係の時、それから多忙で、なかなか会えない時。

そんな関係に悩まされている時に、彼氏が指輪をプレゼントしてくれたら、「周囲に牽制しているのかも」という気持ちが窺えますね。

常に2人で行動し、四六時中一緒に過ごすことなどできませんから、自分の身代わりとして、彼氏は指輪で周囲に「自分の存在」をアピールしているわけです。

指輪のプレゼントが持つ意味を深く受け止めて、指輪をはめ、彼氏の存在を周囲にアピールしてしまいましょう。

これは女性にとっても、なかなか気分が良いものです。

指輪は目立ちますし、「○○さんって、彼氏いるの?」なんて女友達からも訊かれたりするでしょう。

そんな時には、「そうなの。プレゼントしてもらったんだ!」なんて、誇らしげに話すことだってできますね。

彼氏にとっては、無言の「俺の女に手を出すな」アピールであり、女性からすれば、「私には彼氏がいるの」というステイタス感を楽しめるのが指輪というプレゼントなのです。

そんな指輪のプレゼントは、できるだけ左手の薬指にはめるのがポイントです。

こうすることで、実際に周囲の男性にも「あの人には彼氏がいるみたいだ」ということが分かりますね。

もしオシャレな指輪のプレゼントをもらって、右手の薬指や他の指など、他の指にはめていた場合は周囲も判断しにくいですし、彼氏としても「どうして左手の薬指じゃないんだろう」と感じてしまうことでしょう。

「左手の薬指は結婚指輪の時に」なんて考えている女性もいるかもしれませんが、せっかくの、彼氏が指輪のプレゼントに込めた想いを無碍にしないためにも、左手の薬指にはめていることをアピールしておくと良いでしょう。

彼氏からの指輪のプレゼントは、魔除けのようなもの。

なんて言うと、周囲の他の男性が「魔」となってしまうので、失礼になってしまいますが、彼氏が見ていないところでも良くない男性が寄り付かないように、彼氏が守ってくれていると考えると、なんだか心が温かくなりますね。

彼氏からもらったプレゼントの指輪は、お守りのような存在なのです。

よく「指輪のプレゼントは重い」なんて考える女性もいますが、それは、こういった深い意味が込められているからこそ、場合によっては重く感じてしまうのかもしれませんね。

言い方を変えれば、彼からの指輪は、他の男性に彼女が奪われないために、彼女を縛っておくためのもの。

こうした考えに嫌悪感を抱く女性もいますが、逆にそんな気持ちが「嬉しい」と感じる女性も多いと思います。

「私はあなたのもの♪」

と、素直に浸れる女性は、こういった彼の気持ちは苦になるどころか、愛を感じるものになるはずです。

指輪をプレゼントされた♪彼の思い3:彼女の気持ちを探っている

指輪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。