元彼によりを戻そうと言われた!答えを出す前に考えたい5つのこと

元彼によりを戻そうと言われた!答えを出す前に考えたい5つのこと

カップル

元彼によりを戻そうと言われたら、思わず迷ってしまうのが返事です。復縁を求めていたわけでも、完全に元彼を嫌いになったわけでもない。そんなときはどんな答えを出すことが正解なのでしょうか。元彼からの告白の返事に迷っている女性はぜひ参考にしてみて下さい。

mimi
mimi
2016.07.01

元彼によりを戻そうと言われたらどうする?

元彼によりを戻そうと言われたとき、どう返事をするべきか迷ってしまう人はいますよね。

自分自身も復縁を願っていたのならともかく、そうでない場合には余計悩みます。

簡単に答えを出してしまわずに、まずはこんなことから考えてみましょう。

元彼を憎んでない?

女 髪

元彼とよりを戻そうか悩んだときに、まず一番に考えなければならないことがあります。

それは今現在、元彼を憎んでいないかということです。

こんなことを言うと、元彼とよりを戻そうか考えるはずない!なんて考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、今も元彼を憎んでいるかどうか、単に気持ちが曖昧になっているだけの人も多いんですね。

そもそも別れた段階で元彼のことを憎んで別れた人は、その憎しみが完全に消えているかは怪しいものです。

月日が経ち、元彼と距離を置くようになったから、憎しみを忘れているだけの可能性は充分にあるんですね。

きっと元彼と別れた段階で元彼に憎しみがあった人は、元彼がしてしまった何かが原因で憎しみを覚えたのでしょう。

例えば、元彼に浮気をされてしまった、元彼に何らかの形で裏切られてしまった、なんて理由で別れを決意した場合は、憎しみが残ってしまうのも当然のことです。

大好きな人に裏切られたわけですから、精神的ショックも相当大きかったのではないでしょうか。

別れた当初はまだ元彼のことを許せないという思いも強かったでしょうし、当然よりを戻すなんてことも考えられなかったはずです。

しかし月日が経つというのは残酷なこと。

まるで当時何事もなかったように、元彼に対する憎しみも薄れているんですね。

しかし、ここで勘違いをしてよりを戻す選択をすると、後悔する可能性が高くなります。

そのときは薄れていた憎しみも、実際によりを戻すとふつふつと思い出してくるものなんですね。「あの時あんなことをされたんだ!」そんな風に元彼への憎しみを思い出してしまうんです。

憎しみを思い出すきっかけとしては、再び同じようなことをされそうになった場合や、些細な喧嘩や言い合いがきっかけになることも多いです。

今までは忘れていたはずなのに、些細なことでそれを思い出してしまうんですね。

相手を憎いと感じた気持ちというのは、そう簡単に消えるものではありません。

忘れかけていたことでさえも、元彼とよりを戻すのをきっかけに思い出してしまうこともあるのです。

その点を考えてよりを戻すか考えないと、再び元彼に対する憎しみを強くしてしまう可能性がありますよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。