彼氏に結婚を意識させるたった5つの方法~結婚したい女性は必見!

彼氏に結婚を意識させるたった5つの方法~結婚したい女性は必見!

結婚

歳をとるにつれて女性は主産のことや老後のことを考え「早く結婚したい」と思いますよね。「早く結婚したいのに彼氏が中々プロポーズしてくれない...」と不安を抱いている女性のみなさんに、彼氏に結婚を意識させる方法を紹介します。

ゆず
ゆず
2016.07.09

結婚したい!

晩婚化が進んでいる現代ですが、30歳前後になると周りからの「結婚は?」という言葉や、早くに結婚した同級生の姿などを見て「私も早く結婚したい」と思いますよね。

彼氏がいるのに、会話の中に結婚というキーワードが、全く出てこない人は特に「この人は、いつになったらプロポーズしてくれるの?」とヤキモキしてしまいます。

そんな、彼氏がいるのに結婚が遠い女性に、「彼氏に結婚を意識させる方法」を紹介します。

意識させる方法1.親に挨拶させる

タキシードとドレスを着た男女

男性は、彼女の両親に会うことで、結婚を意識することがあります。

彼女の両親に「結婚はいつなの?」と聞かれた時、「しません」とは言えませんよね。

また彼女の両親に会うことで、それまで彼女が両親にどれだけ愛されて育ってきたのかを実感する事ができて、「彼女を大切にしなきゃいけない」という気持ちになります。

実際に結婚してからも、彼氏と両親の付き合いは続いていくので、交際している時から、両親を味方につけて仲良くなってもらい、彼氏に「結婚したい」と意識させましょう。

意識させる方法2.結婚や出産した友人と会う

屋外の結婚式会場

二人の共通の友達で、結婚や出産した人はいませんか?

実際に結婚した人からの話は、現実的で身近に感じるので、彼氏を「俺も結婚したいな」という意識にさせられます。

友人の子供と実際に遊んだりしたら「俺もこんな風に自分の子供と遊びたいな」と、結婚や子供のことについて考えるキッカケになります。

また、子供をあやす彼女の姿を見て「彼女と結婚したい」と思ってくれるようになるでしょう。

意識させる方法3.精神的に支える

結婚指輪をしている男女の手

仕事が忙しくて、連絡やデートをする時間が少なくなっても、「なんで連絡くれないの?」や「この日はデートするって言ったじゃん!」と怒るのではなく、「頑張ってね」と声をかけてくれたり、疲れて帰ってきた時に「疲れてるでしょ?」とマッサージをしてあげたり、彼氏を優しく見守る姿を見たとき、彼氏は「結婚したい」と思ってくれます。

また、仕事で落ち込んでいる時は、「大丈夫!あなたならできるよ」と励ましてあげると、「ずっと一緒にいたい、結婚したい」と結婚を意識し始めます。

意識させる方法4.風邪をひいたときには看病する

結婚式でウェディングケーキに入刀している男女

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事