彼氏が欲しいと思ったらセルフチェックしてほしい6つのポイント

彼氏が欲しいと思ったらセルフチェックしてほしい6つのポイント

恋活

「彼氏が欲しい」と思っても、実際に行動に移そうと思うと色々生活を変えなくてはいけないことに気づいて、結局そのまま…、という方も多いのではないでしょうか。今回は彼氏が欲しいならセルフチェックしてみてほしい6つのポイントをご紹介します。

yukino
yukino
2019.08.26

彼氏が欲しい…なのに出来ない。

友人カップルの話を聞いたり、恋愛映画を見たりするとついつい「彼氏欲しいな…」と思いませんか?

それなのに、なかなか出会いがなかったり、良い人と巡り合えなかったり…。

結局もう彼氏いない歴×年…なんてことに。

彼氏が欲しいのにできない、という方は普段の生活を今一度見なおしてみるのはいかがでしょうか。

現状の生活を送っていて彼氏ができないのであれば、今の生活を改める必要があるということ。

今回は、彼氏が欲しいのであれば一度振り返ってみて欲しいポイントを6つご紹介します。

#1:出会いがないと決めつけている

窓 レンガ

まず第一がコレ。

彼氏というのはどこからともなくぽっと現れて、急にあなたのことを好きになってくれるわけではありません。

出会ってからだいたい数週間~数ヶ月かけてお互いをよく知り、好意を温めていくのが普通ですよね。

彼氏が欲しいのであれば、まずは現在の状況をきちんと整理しなおして、「本当に出会いがないのか?」それとも、「出会いがないと決めつけているのか?」をしっかり見極めましょう。

出会いがないと決めつけている例としては、女性ばかりの職場だから…というところが一つ挙げられます。

他の部署に男性はいませんか?同僚から合コンに誘われることはありませんか?SNSで繋がれる相手はいませんか?

本当に出会いがないケースというのは、実際それほど多くはありません。

使えるツテはすべて使うつもりで、全力で出会いを探してみてください。

#2:元カレのことを気にしている

男性 脚

いままだ少しでも元カレのことが気になっている、という方は残念ながら新しい彼氏ができる可能性が低い人であると言えるでしょう。

新しい出会いがあっても「元カレのほうがいいや…」と思って拒んでしまったり、ふたりきりで会ってみたとしても元カレと比較していくうちに、目の前にいる彼のことが見えなくなってしまったりするはずです。

しかし、今一度よく考えてみてください。

元カレとは愛し合って、長くも短くも一緒に過ごした思い出があります。

人には愛着という感情がありますから、多くの場合元カレと新たな登場人物を比べたところで、元カレに軍配があがるのは目に見えているのです。

「新しい恋をしたら元カレのことも忘れられる」と思って、いつまでも元カレのことを引きずっていてはいけません。

元カレへの未練や愛着は、そのままにしておくと新しい恋や彼氏候補を遠ざける原因になってしまいます。

恋が元カレを遠ざけるのではなく、元カレの存在が恋を遠ざける。

自分からしっかり元カレへの気持ちを断ち切って、新しい恋を探しに行く心の準備をしましょう。

未練がましいと思うのであれば、連絡先もすべて削除して下さい。

本当に心の底から新しい彼氏が欲しいと思っているのであれば、苦しくても実行すべきです。

もしここで、元カレともう一度やり直したいと本当に思うのであれば、それはそれでまた別の対策を早急に立てる必要があります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事