結婚は人生の分かれ道?男性が結婚して後悔したこと7選!

Key

結婚した先に待つものは日々の幸せ?それとも我慢を強いられる苦悩の日々?結婚は幸せなものですが中には後悔をしている人がいるのもまた事実です…。今回は男性に聞いた結婚して後悔したこと7選をご紹介!気になるあの人が独身でいる理由も分かっちゃうかもしれません♪

これで良かったのか…


結婚した先に待つもの・・・。

それは幸せな毎日でしょうか?

それとも、我慢を強いられる我慢の日々でしょうか?

結婚とは夫婦になって子供を授かって、新しい家族を築き上げていく素晴らしいものです。

もちろんそれは幸せなこと。

そのことだけは間違いありません。

しかし中には相手選び、そして結婚したこと自体を後悔している人がいるのもまた事実なのです。

今回は男性に聞いた、結婚して後悔したこと7選をご紹介します。

あなたが今気になっているあの人が独身でいる理由も、わかっちゃうかもしれませんよ♪

結婚の後悔①:予想外の性格


結婚前、お付き合いを続けていく中でお互いの性格を見て、結婚を決意した二人。

しかし、それだけでは知ることが出来なかった、隠れた性格があらわになったときに後悔する人が多いのです。

例えば、実はヒステリーだったという例。

恋愛期間中はそれほど大きな喧嘩もなく、なんて相性のいい相手なんだ!と思い結婚を決意。

しかし結婚後は、毎日を共にし、人生に関わる重要な判断を強いられたりと、交際中には経験することのなかった場面に遭遇することもあります。

その時これまでしたことのなかったほどの大きな喧嘩をした結果、実は相手がヒステリーな人だったという事を知り、後悔してしまうのです。

感情を前面に出して責めてくる妻を見て、男性は「こんな一面があると知っていたら結婚は考え直していたかも…」なんて考えてしまう人もいます。

その他にも、恋愛期間中に訪れた彼女の部屋がきれいで、家事のできる子なんだなと信じていたのにも関わらず、いざ結婚してみると実は片付けの苦手な女性だということが発覚。

「うわ…だまされた!」と後悔する男性も少なくないようです。

確かに恋愛期間中なんて、彼がお家に来るとなれば見えないところに物を押し込み、汗だくになりながらも綺麗にしますよね(笑)

しかし結婚すると毎日、同じ部屋で過ごします。

自分の部屋も綺麗に保てないのに、人が散らかした、汚した部屋を綺麗にしておくなんて、とっても大変なこと(笑)

片付けに関しては、婚前同棲をすることで、多少知ることが出来るかもしれません。

結婚前に相手の全てを見ることはきっと難しい…。

それに恋人関係のときは、たいていの人が相手に嫌われないように、もっと愛されたいと思うように行動します。

自分のマイナス面をわざわざ見せることをしない人が多いのです。

そして相手もそんな恋人の姿が本来の姿だと思ってしまいがち。

もしもの時を考えてから決意をするのが、後悔のない結婚へと導いてくれるようです。

結婚の後悔②:結婚前と後でギャップがある


結婚前、彼女の部屋に泊まりに行った時の事です。

可愛らしい部屋着を着て、きちんと髪を乾かして、肌の手入れをしてから寝ていた彼女。

女の子らしいなぁ♡と彼は思います。

しかし、その姿が実はその時限りのことだったというケースも…

いざ結婚してみると、髪は濡れたまま。

何日も同じ部屋着を着ているのが当たり前。

お風呂に入らず寝ることもしばしば。

などと、実はこんな生活でした、ということが発覚して後悔するようです。

また、結婚前はすごくかわいらしくて、尽くしてくれていた彼女も、結婚後には「自分のことくらい自分でしてよ!」と言い出したり、なんならその辺の男よりガサツだったなんてケースもあります。

結婚前は、女性なら誰でも多少着飾ったり、彼によく思われようと努力をするもの。

しかしそんな日々を毎日、毎時間続けていくのは疲れます!というのが女子の本音ですよね!(笑)

中には「結婚しちゃえばこっちのもの」なんて、結婚前に努力が全てうそだったなんて強者もいたり…!(笑)

結婚前と結婚後のギャップ(悪い意味のギャップ)を知り、「あぁ、こんな人だったんだ」と後悔する男性が多いようです。

やっぱり男性は女性らしさを常に求めているのかもしれませんね。

結婚してからも妻にそんな可愛らしい部分を見せてくれないかと、期待しちゃうものなのかもしれません。

結婚の後悔③:家庭最優先を求める


結婚したら、家庭を大事にしてほしい。

それは男性も女性も同じ。

しかしそれが、男性に結婚を後悔させる要因になっているようなのです。

家庭を大事にしてと求められることは、何ら問題ではありません。

先ほども言った通り、それは当たり前です。

しかし男性に後悔させることは「家庭最優先」を求められることなのです。

結婚したとはいえ、仕事上の付き合いで夜遅くなってしまったり、たまにはお友達同士で飲みに行くなんてことももちろんあります。

しかし、それを理解してくれない女性が少なくないのも、また事実なのです。

「仕事仕事って!家庭も大事にしてよね!」

「友達と私たち家族どっちが大切なの?」

「休みなんだから子供と遊んであげるのが当たり前でしょ?」

こんな風に何に対しても、家庭より大切なことはないと言わんばかりの家庭最優先命令・・・

男性は家庭に責任を感じています。

これは当たり前です。

家庭を大事にしたいと思っているし、そう求められるのも当たり前だと思っています。

しかしそれも度が過ぎてしまうと、結婚したことを後悔させてしまうのです。

仕事の付き合いはもちろん、友達同士の付き合いだって大切。

それはお互い様です。

2人が協力し合ってそれぞれを大切に出来るように気を付けていれば、男性は結婚を後悔する必要がありませんよね。

あまりにも家族を蔑ろにするような態度の旦那であれば、責めてしまう気持ちもわかりますが、そうでないのであればたまには口を出さず旦那のしたいようにさせてあげるべきなのかもしれませんね。

結婚の後悔④:趣味・娯楽が制限される


男性は趣味を持っている人が多いです。

釣り・スノボ・サーフィンなどアクティブな男性、素敵ですよね♪

漫画集め・フィギュア集め・ゲームなど、インドアな趣味を持っている素敵な男性だってたくさんいます。

趣味を持つ男性は、趣味にたくさんの時間とお金をかけるひとが多いです。

仕事前のサーフィン・釣り。

一気に何体も買ってくるフィギュアなど、その熱意は拍手を送りたくなるほどです(笑)

しかし結婚後は、今までと同じようにはいきません。

家族サービスもしなくてはいけないし、お金だってそんなに自由には使えません。

そんな時に、男性たちは結婚を後悔するようです。

そんなの、結婚前からわかっていたことじゃないの?と私たち女性は思ってしまいますが、男性はそうじゃないのでしょうか…(笑)

結婚後も趣味や娯楽を思う存分楽しみたいようです。

そしてそれが出来ないとなると、結婚したことを後悔してしまう…。

うーん、困ったものですね(笑)

アウトドアな趣味ならば、家族みんなで楽しむ!

これなら、たまの楽しみとして家族の時間が作れるし子供たちも喜んでくれるから良いかもしれませんが、旦那だけで趣味や娯楽を楽しむというのは、奥さんとしては不愉快かもしれません…。

結婚の後悔⑤:新しい出会いがない


若くして結婚した男性が後悔しやすいことが、新しい出会いがないという事。

独身のままいる同世代の友達が、SNSでリア充感満載。

すごく近しい友達が自分の知らない人達と遊んでいる。

そんな時に、結婚したことを後悔する人も多いようです。


また、独身の男性は時間もお金も自由なので、思う存分、飲食を楽しんだり、いろいろなイベントに足を運んだり・・・

友人からお誘いがあっても、断る理由もほぼ無く、気軽に出かけられたりしますよね。

それが結婚した男性の場合は、「早く帰ってきて」「休日は家族サービスして」など、時間にいろいろな制限ができてしまい、友人と会うことも自由にできにくくなります。

これが結婚の後悔に繋がることもあります。


「毎日仕事で疲れているんだから、休日くらい飲み会やイベントに行きたいのに」なんて思ってしまうかもしれませんが、「家族」がいる限り、そんなことは言っていられません。

毎日仕事で、家族と会える時間が限られているからこそ、仕事のない休日くらいは思い切り、家族との時間を楽しみたいと考える奥さんは多いのです。

この気持ちが、男性からすれば「ちょっと重い」と感じられてしまい、結婚への後悔が徐々に募ってしまうこともあります。

さらにお金に関しても、多くの家庭では「お小遣い制」となっており、男性は自分の稼いだお金でも、自由に使うというわけにはいきません。

結婚すれば生活するのにもお金がかかりますし、「自分が稼いだから自分のお金」なんてワガママは通用しなくなります。

そのため、飲み会などの誘いがあっても思うように出席しにくく、人付き合いがイマイチになり、結婚に後悔してしまうということもあります。


もちろん、何かのイベントなど、新しい出会いがあるような場所に出かけていくのにも、お金がかかりますよね。

これが制限されてしまうために、思うように人と出会うことができず、人間関係が広がらないと悩む男性もいるようです。

特に子供が生まれてからは、男性も育児参加が当たり前の今の時代ですから、人との新たな出会いを求める時間やお金の余裕はますます無くなります。

育児や家事を手伝ったり、子供の将来のために貯金を始めたりで、付き合いのために費やせる時間やお金は、かなり限られたものになってきますよね。

周囲の友人が人間関係を広げて楽しんでいる中で、子供相手に遊びながら、「結婚なんてしなければよかった」と後悔してしまう男性もいます。

ただし、中には子供が生まれたことをきっかけに、子供のお父さん関係で新しい出会いがあり、良い感じで人との出会いを楽しむ男性もいるようですね。

これが器用にできずに、独身貴族の友人への憧れが断ちきれない男性の場合は、どうしても結婚したことを後悔してしまうのです。

なんだかちょっと、うまく人間関係を広げられない自分自身への言い訳のような感じもしますね。


結婚している人よりも、独身の人の方が新しい出会いがあるのは当たり前!

そんな事で結婚を後悔されても困りますよね(笑)

男性のみなさん、結婚を決意する前に、もっと色々覚悟を決めてからプロポーズしてください(笑)

結婚の後悔⑥:ご飯がまずい


あぁ…もっと違う人と結婚すればよかった…なんてひどい後悔をするパターンがこちら。

奥さんが作るご飯がおいしくないことです。

もちろん、結婚前に一度も彼女の手料理を食べたことがないという人は少ないと思います。

しかし男性はそのへんがなぜかポジティブ(笑)

結婚して料理する機会が増えれば勉強もするし、上手になるだろうと、そのまま結婚。

そして後から後悔するパターンのようです…。

どうせ結婚するならご飯がおいしい人と結婚したかったな…なんて後悔されても…(笑)

そんなにおいしいご飯が食べたいなら、自分で好きなように作ってください!と言ってやりたくなりますね(笑)

結婚の後悔⑦:色気ゼロ


最後にご紹介する結婚して後悔したことは、奥さんの色気がなくなるということ。

結婚前はデートの度に一生懸命おしゃれをしてくれていたし、エッチの時だって可愛かった♡

寝顔を見るだけでキュンとしてたし、お風呂に一緒に入るのなんてもう最高だった♡

それなのに今は…何?

そんな風に後悔している男性も多いようです。

これって男性側にも責任あると思うんですけどね…(笑)

じゃあ反対に、あなたは奥さんのことちゃんと女として見てくれているんですか?と聞きたくなってしまいます。

奥さんが色気をなくしたのと、旦那さんが奥さんを女として見なくなったのと、どっちが先かという問題になってきますよね(笑)

奥さんをきちんと女として見てあげていたなら、奥さんもきっとオシャレに気を遣うだろうし、、女磨きだって頑張ろう!って思えるはず。

反対に、奥さんが色気を保っていれば、旦那さんも奥さんのことをずっと女として見てくれるはずです・・・

にわとりと卵、どっちが先かという問題と同じくらい難しいです(笑)


……とまあ、結婚してみたら後悔した~というありがちなアレコレを見てきましたが、はっきり言って後悔の理由がどれもこれも幼稚です。

お父さん、お母さん世代やおじいちゃん、おばあちゃん世代、あるいはもっと前の世代の結婚はこうではなかったはず。

もっと真剣なものでした。

今はまるでコンビニの商品を手に取ってみるかのように、結婚という一大事業を気軽に考えすぎているように思います。

時代が違うと言っても、結婚そのものは変わらないわけなのに、なぜこれほど結婚観が変わってしまったのでしょう?

原因の1つは核家族化かもしれませんね。

昔は結婚したら姑、大姑がいるのが当たり前でした。

つまり3世代同居。

子どもが生まれれば4世代ということも。

結婚というのは、個人と個人の問題ではなく、家同士を結ぶことなのだと強く実感した時代です。

当然ながら今よりもずっと責任を感じていたと思います。

「もう家には戻ってくるな! 」

嫁に出す親は心を鬼にして娘を送り出したのです。

娘の幸せを願えばこそでした。

その大事な娘を嫁がせてくれた親のためにも、必ず幸せな家庭を築いてみせると男性は発奮したのです。

お互いの実家を強く意識していますから、ちょっとやそっとのことでは根は上げられません。

男性も女性も幸福で立派な家庭を築くために懸命でした。

今このときのスタイルに戻すというのは無理があるかもしれませんが、このときの覚悟は見習いたいものです。

「辛かったらいつでも帰ってきなさい」

今は親もこう言って娘を送り出す時代。

迎える男性にも覚悟ができるはずがありません。

上手くいかなければいつでも離婚できるくらいの気持ちでいるのでしょうか?

「子どもを持たなきゃだめだよ。人間的に成長しないから」

結婚前、夫の叔父に報告に行ったときにそう言われました。

叔父には2人の息子がいるのですが、叔父は当初、経営している会社を長男に継がせたかったようでした。

でも長男には子どもができず、そのためなのか責任感というか覚悟が足りないままのように見受けられたそうです。

一方、一男一女に恵まれた次男は頼りなかったはずなのに、みるみる頼もしく変わっていったそうです。

どちらも人柄は申し分なくて、従業員にも慕われているのですが。

その話を聞かされた当初は、ピンときませんでしたが、2人の子持ちとなった今はそのときの叔父の言葉がよくわかります。

子どもを持つ前段階、結婚にしても同じなのではないでしょうか?

それまで別々に育ってきた2人が生活を共にするのですから、不満が出て当然ですし家庭を持つと決めたのなら、独身貴族と呼ばれる生活を手放す覚悟は必須です。

それをうだうだごたくを並べて後悔しているなどと口にするのは、愚かとしか言いようがありません。

後悔?

笑っちゃいますよね!?

結婚という行為を甘く見ているからそんなことになるのです。

結婚する意味をよくよく考えて、強い決意と自覚を持って決断すべきなのです。

結婚しました。

なんだか思っていたのと違う。

後悔ハンパない。

どうしよう~。

これでは情けないでしょう?

男性にも女性にも言えることですよ。

今一度、結婚の意味を考えてみてください。

なんとかなるよ的な見切り発車はやめましょうね。

それこそ後悔してもしきれません。

後悔しない結婚をするためには、先ずしっかりした信念のある大人になりましょう。

後悔先に立たず!

いかがでしたでしょうか?

後半少し私情が入ってしまいました…(笑)

結婚についてはお互いさまな部分が大半。

男性は「俺は仕事して家計を支えているんだから、自分のために時間を使ってもいいだろ」と思いがちですし、女性は「いつも仕事やら飲み会で家にいないんだから、たまには家族の為に時間を使ってよ」と思いがち。

どちらの言い分もわかりますが、お互いに妥協しなければいけない部分もあるのかもしれませんね。

あとは、なんでも当たり前だと思わずに、お互いに何かやってくれたのなら「ありがとう」と相手に言う事が大切だと思います。

気恥ずかしいなんて言っていたら、感謝の気持ちは相手に伝わらないですよ!

男性も女性も相手を責めるだけじゃなくて、きちんと自分のことも省みていつまでも円満な夫婦生活を送りたいものですね♪

「結婚は人生の分かれ道?男性が結婚して後悔したこと7選!」を読んだ人に人気の記事
今すぐあなたにキスしたい!彼氏のキスのサイン8つと注意することあなたの魅力的な唇に彼氏は思わずウットリ…。今回の記事では、「今すぐキスしたい!」と思った彼氏に表れる行動と、そこに併せて、キスしたくなる唇にするために、注意することをご紹介していきたいと思います。あなたは彼氏の「キスしたいサイン」に気付いていますか?
求められる女性になるために!男性が求める優しさや癒し3つ男性が女性のあなたに何を心の底から求めているか、ご存知でしょうか。これを知って実践できれば、彼はもうあなたから離れることも、あなたを忘れることもできません。男性が身を委ねてしまう3つの「女性の優しさ」や「癒し」について解説します。
わがままな女性の方が愛される?気になる3つの理由を解明!多くの女性は、恋人に対してわがままを言い過ぎるなんて怖いことだと感じていると思います。そんなわがままばかり言っていたら、彼氏から愛想を尽かされるとか、うざいと思われちゃうなどという恐れを感じていると思います。でも実際には、わがままな女性の方が愛されるって本当?その理由をチェックしましょう!

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 「俺だって寂しい時もあるんだよ」男が寂しい時に送るサインとは

      女性は彼氏に対して「寂しい」と気持ちをぶつけることが出来ますが、男性は寂しい時でもその気持ちを素直に伝えることが出来ません。でも寂しい気持ちを彼女に分かってもらいたいので、あるサインを出すんです。寂しいと感じた男性は彼女にどんなサインを出すのか、紹介します。

    • 理想通りであってほしい…結婚したら幸せになれると思う理由3選

      「結婚したら絶対に幸せになれる」と思っている女性は多いと思いますが、果たして本当に結婚をしたら幸せになれるのでしょうか?それなら何故離婚があるのでしょうか。独身のままの人がいるんでしょうか。今回は、結婚したら幸せになれると思っている理由について紹介します。