好きなのに避けちゃう。急増する好き避け女子の行動いろいろ!

mimi

好きな人に好きってバレてしまうのは困る!そんな思いから、つい好き避け行動に出てしまう女子は多いですよね。今回はそんな女子の好き避け行動についてまとめてみました!自分は好き避けしているつもりはなくても、実際は好き避けしてしまっている可能性も…?自分がこんな好き避け行動をしていないか、チェックしてみましょう☆

こんな好き避け行動しちゃってない?


好きな人に好きってバレるのはどうしても嫌!

恥ずかしいという気持ち、嫌われたくないという気持ち…。

いろんな気持ちが混ざり合って、ついつい好きな人なのに避けてしまう!

それが好き避け!

最近好き避け女子が増えてきていると聞きます。

女子が好き避けしてしまうのにも、それなりの理由があるものです。

なかには自分では無自覚に好き避け行動をしてしまっている人も!

ここで確認してみましょう♪

好き避け行動1:顔を見て話さない


好きな人の前になると、好きな人を意識しすぎて顔を見れない!なんて女子は多いですよね。

本当はよく顔を見ておきたいくらいなのに、顔を見るのが照れ臭いのです。

当然好きな人と会話をする場面では、二人の距離も近くなるので緊張度合いもマックスに!

好き避け行動として、顔を見て話さない状況になります。

本来人と会話をするときには「相手の顔(目)を見て話す」というのは当然のことですよね。

これは相手に対する礼儀でもあります。

とはいっても好きな人とそれだけの至近距離で顔を見て話すというのは、照れ屋の女子にとっては至難の業です。

好き避け行動を取ってしまうのも仕方のないことかもしれませんね。

恥ずかしいという気持ちだけでなく、自分の表情から好きだとバレるのが怖い!なんて人も、好き避け行動として好きな人の顔を見ないようにしてしまいます。

しかし″仕方ない″で片付けてしまうのも問題なんです。

この好き避け行動、やはり礼儀がなっていない行動だけに、好きな人からの印象を悪くしてしまう可能性があります。

相手の顔を見て話さないだけでも印象が悪いのに、顔を下に向けてしまえば自分の声も相手に届きにくくなります。

好きな人に「顔を上げて話さないから何言ってるか分からない」なんて思われてしまうのは嫌ですよね。

プライベートな場面ならまだしも、職場など大切なことを伝えなければならない時には、この好き避け行動は改善できるように努力しておきたいところです。

好き避け行動2:話しかけられても素っ気無く対応


せっかく好きな人に話しかけられたのに、つい素っ気無く対応してしまう!なんて女性は多いはず。

好き避け行動の代表的な行動と言えますね。

本当は好きな人に話しかけられて、嬉しくて仕方ないのです。

しかしその″喜び″を好きな人に悟られてはいけないと感じてしまう!

そのため喜びとは真逆の素っ気無さで、「別に嬉しくないですよ」アピールをするんですね。

例えば「あのさ…」なんて話しかけられただけでも「何?何か用!?」なんて過剰な反応をしてしまうのもよくあることです。

相手からしてみたら単に話しかけただけなのに、反応が大きいので逆に不審に思われてしまうことも。

素っ気無い対応をするのではなく、普通に接することができれば一番なんですが、好き避け行動をする女性にはそれができません。

好きだと見抜かれてしまう反応か、好き避けの反応の二択になってしまうんですね。

もちろん話しかけた本人は、何故か素っ気無い態度をされることに「嫌われてるのかな」と思ってしまうことも。

反対に周囲の人から見たら「好きなんだろうな」とバレバレだったりもするんです。

好き避け行動3:他の人への態度と差をつける


好きな人に対する態度と、他の人に対する態度が露骨に違うのも、女子がやりがちな好き避け行動の1つです。

態度が違うといっても好きな人にだけ優しいのではなく、好き避け行動では好きな人だけに態度が悪くなります

そして好きな人以外に対しては、ニコニコと優しい態度だったりするんですね。

好きな人だけを差別する理由は本来ないのですが、あえて態度を悪くしてしまうのには理由があります。

普通の態度を取ろうと思っても、好きだということがバレてしまいそうで怖いんですね。

自分で態度に出やすいことが分かっている人は、とくに好きだという気持ちが態度に出てしまうことを恐れます。

そのため好きな人にだけ露骨に態度を悪くすることで、好きだと悟られないように考えるんですね。

しかしこの好き避け行動、言うまでもなく「しない方がいい」好き避け行動の1つです。

自分に置き換えてみると分かりますが、もしも自分にだけ態度が悪い人がいたらどう思うでしょうか?

「嫌われているんだな」としか思いませんよね。

更には嫌われていると思うと、自分自身も相手に対して苦手意識を覚えてしまうものです。

つまりこの好き避け行動で好きな人に嫌われてしまう可能性が高いということ!

好きな人に嫌われてまでする好き避け行動は、正直やりすぎかもしれませんね。

好き避け行動4:「好きじゃない」と人前で話す


好き避け行動として女性がやってしまいがちなのがコレ!

わざわざ周囲の人に「好きじゃない」と公言してしまうことなんですね。好きだということがバレてしまうのが怖いので「好きじゃない」と言ってしまうんです。

「○○君のこと好きなの?」なんて直接聞かれた場合には「好きじゃないし!」と大袈裟に否定してしまいます。

それどころか「最近○○君と仲良いの?」なんて他愛もない質問をされただけでも「好きなわけじゃないからね!」なんて言ってしまうんですね。

なかには誰にも何も言われてないのに「私○○君のこと好きとかじゃないから」なんて言ってしまう人も…。

好きな人と話しをしたり、親しくしている姿を見て「好きなんだ」と周囲にバレるのが怖いのです。

好きな人にあえて聞こえるように「好きじゃない」とアピールする人も多いもの。

しかし実際に好きな人が聞いていたら、実は結構ショックだったりするものです。

「好きじゃないから!」と声を大にして言われてしまうと、むしろ嫌われているのかなと思われてしまいます

相手を傷つける発言でもあるので、露骨に好きじゃないアピールするのは避けるのが無難でしょう。

好き避け行動5:メールやLINEの返事をわざと遅らせる


女子の好き避け行動は、メールやLINEの返事にも出ることがあります。

好きな人とメールやLINEをしている人も当然いるでしょう。

単に友達としてだったり、職場の関わりとしてメールやLINEをしているだけの可能性ももちろんあります。

しかし好きな人なわけですから、当然メールやLINEも意識してしまうんですね。

メールやLINEでも、自分が好きだということが相手にバレるんじゃないかと不安に感じる女子は多いのです。

そのためメールやLINEでも好き避け行動をしてしまうんですね。

メールやLINEの好き避け行動として最も多いのが、わざとメールやLINEの返事を遅らせることです。

本当は好きな人からのメールやLINEの返事は、待ってましたと言わんばかりに、すぐに返信したい気持ちが強いです。

しかしすぐに返事を返してしまうことで、好きな人に「メールやLINEが来るのを待ってた」と思われるのが嫌なんですね。

すぐに返事を返す=相手に好意があるからと思われてしまうのが怖いのです。

そのため好きな人からメールやLINEが来ても、あえて返事を遅らせます。

本当はすぐにでも返事ができる状況なのに、あたかも今メールやLINEを見たかのように時間を置いて返事を返します。

ですがこの好き避け行動、相手にとっては迷惑な話しになることも。

重要な内容やすぐに返事が欲しいときに、こんな風に返事が遅れて届いたら「もっと早く返事をして欲しい」と思ってしまいますよね。何かとルーズな人だと思われてしまう可能性が高いのです。

メールやLINEの返事が早いと「好きバレしてしまうんじゃないか」と思ってしまいがちですが、その考えがまず間違っているのです。

普通はメールやLINEの返事が早いだけで「俺のこと好きなのかな」なんて思わないんですね。

単にマメな人か、メールやLINEが好きな人程度の認識しかありません。

例え悪い方に思われたとしても「暇なんだな」と思われるくらいなんですね。

つまり意識せずにメールやLINEが届いたら、返事ができるときに返事をするのが一番自然なことなのです。

好き避け行動6:憎まれ口を叩いてしまう


好き避け行動としては攻撃的なのが、好きな人に対して憎まれ口を叩いてしまうことですね。

顔を見ればつい憎まれ口を叩いてしまう…なんて女子も実は多いんです。

これは昔からの付き合いがある幼馴染や、同級生にありがちなパターン。

普通に会話をすれば良いのに、相手を突き放すような言い方をして壁を作るんですね。

本当は思ってもいないことを口に出すことで、自分の本音を隠そうとするのです。

しかし憎まれ口ばかり叩いていると「性格が悪い」と思われてしまう可能性は大!

男子は根本的に優しい女子が好きなので、性格が悪いと思われた時点で恋愛対象だと思ってもらえなくなってしまうかも。

小中学生くらいの子が好きな子に対して憎まれ口を叩いてしまうのは可愛いですが、いい大人が憎まれ口を叩いて気持ちを隠すというのは、少し行動として幼いです。

好きな人に好き避け行動だとバレてしまった場合に、行動の幼さに引かれてしまう可能性も。

それに、好き避け行動であることが分からなかった場合には、やっぱり相手の憎まれ口をたたくのは印象が悪いですよね。

誰だって、人から褒められればうれしいものですし、逆に憎まれ口を叩かれれば、イヤな気持ちになるものです。

好き避け行動で行ってしまっただけの、本音ではない憎まれ口だったとしても、やっぱり相手を傷つけてしまうことは確かなのです。

そして、結果として相手を傷つけてしまえば、当然、好印象を持ってもらうことなどできません。

「俺は嫌われているんだな」という結論を出されてしまい、そんな彼との関係は発展しにくくなると考えた方が良いでしょう。

好き避け行動でも、憎まれ口まで叩いてしまうというのは、少々やり過ぎと言えますね。

特に男性というのは、物事を単純に理解してしまう傾向が強くあります。

女性の場合だと、幼い頃に男性がよくした「好きな子には意地悪したくなる」という行動も、「きっとあなたのことが好きなのよ!」「そうかな・・・」という感じで解釈できてしまったりします。

ですが、男性の場合は、「憎まれ口を叩く」という好き避け行動に対して、そのままストレートに「嫌われている」と受け止めやすいのです。

憎まれ口を叩かれているのに、「これは俺のことが好きで、恥ずかしいからしている好き避け行動では?」なんて回りくどい考え方をする男性は、なかなかいません。

いたとすれば、ちょっとナルシストで、引いてしまいますよね。

基本的に男性は、「憎まれ口を叩かれる」=「嫌われている」と解釈してしまうと考えてください。

そして、それが2人の間に、決定的な溝を作ってしまうことになる可能性は非常に高いので、要注意です。

また、中には好き避け行動として、周囲に「好きな気持ち」がバレてしまわないよう、周囲に他の人がいる前で、好きな人に憎まれ口を叩いてしまう人もいます。

これをしてしまうと、やはり男性にはプライドがありますから、他の人の前でけなされたという気分になり、とても不快に感じてしまう可能性大です。

相手は大人の男性ですから、プライドは決して低くはありません。

小中学生の頃のように、友人がたくさんいる前で憎まれ口の叩き合いをして、可愛くじゃれていた頃とは違うのです。

友人の前で憎まれ口を叩かれ、傷付けられてしまったことで、好きな人からどんどん距離を置かれてしまうということもあるので気を付けなければなりません。

もう良い大人なのですから、好き避けで憎まれ口を叩くような子供じみた真似はやめて、人前では特に、相手の男性を立てられる女性になりたいですね。

好き避け行動7:周囲に好きな人の悪口を言う


嫌いな人だからつい悪口を言ってしまう…人間ならば誰もが経験のあることでしょう。

しかし悪口を言ってしまうのは、実は嫌いな人に対してだけではないんです。

好きな人の悪口をわざと言う人もいるんですね。

実はこれも好き避け行動の1つです。

友達の前などで好きな人の話題になると「○○君のどこがカッコいいの?」「○○君の○○な所が嫌!」なんて悪口を言い始めるんですね。

この好き避け行動には二つ理由があります。

1つはもちろん、悪口を言うことで好きだということが周囲にバレないようにするためです。

まさか悪口を言っている人のことを好きだとは思わないだろう!そんな考えがあるんですね。

そしてもう一つは、悪口を言うことで好きな人の評価を落そうという心理が働いているんです。

好きな人の悪口を言うことで「あの人はオススメしないよ!」「好きにならない方がいいよ!」と周囲に伝えようとしているんですね。

好きな人の良い所はたくさん知っていますが、それを周囲に伝えることでライバルが増えたら、たまったものではありません!

なるべくライバルを増やさないようにするためにも、あえて好きな人の悪口を言っているんですね。

好き避け行動とはいえ、人の悪口を言うというのは印象が良いことではありません。

周囲に悪口を言うということは、好きな人の耳にも悪口を言っていたことが伝わってしまう可能性もあるんですね。

「あの子○○君の悪口言ってたよ」なんて言われたら、恋も一瞬にして終わってしまいますよ。

好き避け行動8:他の女性の話題を出す


好き避け女性は、彼に好意を抱いていることをばれたくない気持ちから、「私はあなたにそんな興味ないですよ〜。他の女性はいかがですか〜?」的なことをあえて言ってしまいがち。

「そんな子供じみたこと、学生のうちしかやらないよ」と思うかもしれませんが、大人になってもやっちゃう人も結構いるんですね。

確かに若い人ほどこういった傾向が見られますが、大人でもこういった行動をとる人ってそれなりにいるんです!年代関係なく安定して生息している好き避け女性。


例えば彼が「誰かいいひといない?」と聞いてきた時、本来であれば「ここにいるよ!ほらほら!わたし!」と自分をゴリ推ししたいところですが、さすがにそれは難しいですよね。

ただ単純に紹介して欲しいだけなのに、自分をゴリ推ししてもそれは痛いだけですからね。

まぁ現実的には「う〜ん、周りはみんな彼氏いるしなぁ」とサラっと流したり「むしろ誰かいいひといない!?」と自分の話にすり替えるあたりが妥当なのでしょう。

しかし好き避け女子は「××ちゃんとかいいんじゃない?○○君と合いそうだよ!」などと本来これっぽっちも思ってないことを口に出してしまいます。

本当は、他の女性と話すことも嫌なくせに、こんなことを言ってしまうんですよね。

しかもよりによって、案外ほんとに気が合いそうな人の名前をあげちゃったりして。


なのでそうした発言のあとはいつも後悔ばかり。

後悔=好き避け女性の代名詞といっても過言ではありません。

「お願い、否定して…」「これでほんとにくっついちゃったらどうしよう…」「神様10秒前に時を戻してください…」

時間は戻りません!後悔先に立たずですよ!

「次同じようなことを聞かれた時は、ちゃんと自分の気持ちを伝えよう!」と決心をするのですが、いざ実際にそのタイミングがくるとまた他の女性の話をしてしまうんですね。

これまでどれだけチャンスを逃してきたのかわかりませんよ。

もっと自分を推し出していいんです。


ちなみに「誰かいいひといない?」と聞いてくる彼もまた、あなたの出方を伺っていることがほとんどです。

それなのにあなたが他の女性を推薦してしまったら、彼もがっかりすること間違いなし。

お互い心理戦のようになっちゃってますが、どちらも一歩踏み込めずに何事もなく終わってしまうのは残念すぎます。

ここは勇気を出して、自分が折れてでも好き避け行動は控えることをおすすめしますよ。

他の女性の話をする必要は基本的にはありません。

あなた自身が主役でいいんです。

ただ、彼が一番の主役であることは忘れずに。

ひたすら自己主張をするのではなく、彼の話を聞いてあげるのが最重要事項ですよ。

好き避け行動いろいろ、いかがでしたか?

好きな人についつい好き避け行動してしまう女子は、意外と多いと思います。

自分では意識していなくても、今回紹介したような好き避け行動をしてしまっている人もいることでしょう。

恥ずかしいという気持ちや、好きバレするのが怖いという気持ちももちろん分かります。

しかし好き避け行動を客観的に見れば分かるように、されて気持ちの良いものではないんですね。

好きだという気持ちは隠すことができるかもしれませんが、好きな人に印象を悪くしてしまう可能性がとても高いです。

それこそ好き避け行動によっては、好きな人に嫌われてしまう可能性だってあるんですね。

実際に好きバレしないようにするためには、好き避け行動をするよりも″普通″に接することの方がよっぽど有効的です。

好き避け行動もほどほどにしないと、後悔してからでは遅いですよ。



好き避け。

一言で言うと自意識過剰なんですよね~。

好きという感情を相手に悟られたら恥ずかしい。

もしも相手に嫌われてしまったとき、自分が相手に夢中だったら恰好がつかない。

わからなくもありませんが、一体だれがそんなことを気にするのでしょう?

芸能人のようにマス・メディアの人に張り付かれているわけではありません。

気にしているのは、あなただけなのです。


女房思うほど亭主モテもせず。

そんな言葉がありますが、自分が思うほどほかの人はそんなことに注意を払っていませんよ。

そんなことというのは、語弊があるでしょうか。

でも結局のところ人間というのは、自分がいちばんかわいいのです。

そんな本音を言うべきではないとの良識的判断から、あえて口にはしませんがそれは人である以上、命あるものである以上仕方のないこと。

逆にある程度の自己愛がなければ困りますから。

他人のために財産も生命も全て投げ出されては、相手も引きますし家族や友人みんなが困ってしまいますよね!?


もう一度言います。

本音は、みんな自分がいちばんかわいいのです。

だから恥ずかしがったり、余計な気を回すこと自体がナンセンス。

そうは思いませんか?

好き避けなんてする必要ないでしょ!?


そんなこと言われても……。

わかります。

それもわかります。

じゃあいっそ、彼に話しちゃうっていかがですか?

「好き避けって知ってる?」

ちょっと懐かしい感じですが、豆しば風に言ってみるとか。

あなたが好き!

なんて言わなくていいんです。

ただ知識として、好き避けの実態を教えてあげるのです。

ひととおりレクチャーが終わったら、彼の方で気づくかもしれませんよ。

(あれっ? それ彼女のことじゃ……)

好き避け女性の行動や言動が、自分に対するあなたの態度と合致していると気付いたら、それはある意味チャンスです!


それはちょっと勇気がないというのなら、レポートを渡すという方法もありますよ。

『実録! 好き避け女性の実態』とか。

先生や上司に提出するようににっこり笑ってはい!

それも無理でしょうか?

だったらお友だちに伝えてもらうとか。

いっそこのコラムを読んでもらうとか。

どうしても好き避け行動や言動をやめられないのなら、そんな方法もあるのではないでしょうか?

ふざけているわけではありませんよ。

あなたの状況を面白がっているわけではなく、こう見えても大真面目です。

あっ、見えないか。

でもほんとうに真剣に忠告しているのですが、あなたの奇異ともとられかねない態度をわかってもらうには、伝えるのがいちばんだと思います。

わかってもらえさえすれば、少なくとも彼から不審がられることはありません。

きちんと理解してもらった上で、心置きなく好き避けしてください。


やっぱり面白がってる?

それは誤解です。

あなたにとって良い結果になることを願っています。

ほんとうですよ?

「好きなのに避けちゃう。急増する好き避け女子の行動いろいろ!」を読んだ人に人気の記事
一番大切なのは【2人の気持ち】だけど。結婚したい男性の条件4つ結婚したい。でも今の彼氏は本当に大丈夫かな?これからいい男性を選ぼうと思うけれど、どういう人がいいの?結婚したいと思ったときに立ちはだかる条件はさまざまです。この記事では、女性が結婚したいと思う男性の特徴をまとめてみました。
彼氏がいるのに他に好きな人ができた…素直な気持ちと3つの選択肢「他に好きな人ができた…。彼氏が人がいるのに私って最低!」そんなこと思わないで。恋は気持ちが大事です。あなたが誰を好きになっても、誰にも文句なんて言わせません。今ここで、あなたの素直な気持ちを考えてみましょう。
恋愛も仕事も完璧主義な貴女へ!4つの弊害とその変え方のヒント完璧主義なんだね、と言われた経験はありませんか?一生懸命仕事を頑張っているときにふと言われると、それが急に悪口かのように聞こえてしまう人もいるでしょう。今回は恋愛にも仕事にも「完璧主義」の自分を変えたいと思う方に送る記事です。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント4件

  • 1 :ひまわり 2016/09/14

    好き避けの結果、逆効果になったら泣いても泣ききれません。人間、素直がいちばんです。といってもむずかしいですけど…。

    通報
  • 2 :名無しさん 2017/02/26

    心がズタズタに成る程好き避けされました。仲良くなるには根気が必要です。

    通報
  • 3 :名無しさん 2017/05/24

    女はいつになったら大人になれるんだろうね 好き避けなんてホントに中学生みたいな事やってる時点で、男と対等なんてなれないよね いつまでたっても男にアクション起こしてもらわないと、何も出来ない女たち 「女の方が精神年齢が高い、現実的」ってどこを見て言ってるンだろうね

    通報
  • 4 :名無しさん 2017/07/30

    気になる人がいて、声をかけたら素っ気なく。無表情でボソボソ声。こちらも見てくれない。 ※前から、こちらをチラチラ見ていた人だったので、気にはしていた。 これは、脈なしだなぁと思ったら、それからはあからさまな挙動不審のオンパレード。 他の男とは普通に喋っている姿を敢えて見せたり、 顔はこちらを向いているのに視線が外を見てたり、すれ違いざまにスマホで顔を隠したり。 「あ~、そういうことか」と、男側も解れば、逆に安心できるし、愛おしく思えてくる。 ただ、そういう時は男側からは動かず、黙って見守ってあげるくらいが丁度いい。 相手の心が落ち着いていないのに、こちらからグイグイ行ったりすると、 "この人、私の気持ち、解ってない!"となってしまうので、余計、意固地になるから。 一度、プイと顔を背けたら、無表情で通り過ぎた後、ガックリした姿を見て、また愛おしく。 それから、一旦、相手は意図的に離れようとします。冷静になろうとしてね。 その時から相手は色々と考えてくれるようになるんです。 だから、男側は離れて行ったと思って焦っちゃいけません。そっとしておきましょう。 次第にまた、姿を見せるようになると、色んな感情の顔を見せるようになるので、 ずーっと変化が無い場合は、そういうアクションも時には必要かも知れないですね。 相手が精神的な成長をするまで、待てる余裕が必要なのかも知れません。 その間に、こちらも自分磨きですよ。 それになんたって、相手は段々と精神的に成長して変わってゆく姿を、 貴方に見届けて欲しいと思うから、その姿を見せるんだしね。

    通報

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事