のろけ話をする女性の心理5つ!のろけはラブラブとは限らない?

mimi

友達から聞かされるのろけ話って、正直聞いていてウザい!と思ってしまうこともあると思います。のろけ話なんてして自慢!?とつい思ってしまいますが、実際は羨ましいことでもなかったり…。今回はのろけ話をする人の心理についてお話ししたいと思います。

のろけ話をする心理を知ろう!


友達ののろけ話を聞くのは正直ウンザリ!

「はいはい、ラブラブでいいですね~」なんて嫌味も言いたくなるもの。

しかしのろけ話をする人の心理を知ると、正直羨ましいとは思えないかも…!?

のろける心理①ラブラブなカップルだと思われたい


人前でのろけ話をする人の心理として「ラブラブカップルだと思われたい」という気持ちがあります。

これは実際にはラブラブカップルではない場合が多く、そう見えないからこそ見えるようにしたいという気持ちがあるんですね。

本当ならば人前でカップルでイチャイチャしたり、分かりやすくラブラブカップルであることをアピールしたいんです。

しかしそれができないからこそ、のろけ話をすることでラブラブアピールをしようとするんですね。

この場合、カップルでも片方が人前でイチャイチャするのを嫌がるタイプだったり、あっさりとした付き合いを求めるタイプであることが多いです。

人前でラブラブだとアピールしたくてもできないので、自分の口からのろけ話をするしかないんですね。


人前でイチャイチャしてくれない彼氏だからこそ、誰かにのろけ話を聞いてもらうことで、ラブラブであることを見せつけておきたいのです。

実は人前ではない、2人きりの場面では、とても素敵な恋愛をしているのだということを、周囲に分かってもらいたいだけなのですね。

照れ屋さんで人前ではそっけない態度しかとらない彼氏の場合は、のろけ話でもしないと、「本当にうまくいってるの?」なんて、周囲にも思われてしまいがちです。


特に女性は、周囲の目というのをとても気にする傾向があります。

周囲に「一緒にいても仲良さそうには見えないカップル」なんて思われるのは、やっぱり不本意なのですよね。

だからこそ、のろけ話をすることで、人前では見せない彼とのラブラブぶりをしっかりアピールしておきたいのです。

それに、「自分だけが知っている彼氏の素敵なところ」を周囲にアピールできるのも、やっぱり女性としては嬉しいものです。

「実は2人きりになると、彼、とっても可愛くなるんだよ!」なんて、そんなのろけ話をすることで、幸せな気分を誰かに知ってもらいたいのですね。


女性というのは、元々、周囲に話すことで発散する生き物です。

せっかくの彼とのラブラブぶりや、自分だけが知っている彼の可愛らしい姿などは、自分の胸の中だけで抱えておくのはもったいないような気がしてしまうのです。

そして、それを発散してしまうと、周囲からは「うざい」と思われてしまいかねない「のろけ話」になってしまうというわけですね。

ですが、そんな「うざい」と思われてしまいそうなのろけ話をしている女性こそ、実はとても寂しい想いをしている可能性だってあります。

本当は人前でラブラブをアピールしたいのに、それができず、人前での彼氏のそっけない態度に不安を感じたりしているのです。

そう考えると、のろけ話をしている女性も、なんだかいじらしくなってしまいますね。


ラブラブであることを周囲にアピールすることで、同時に自分自身にも、「私たちカップルはラブラブだから大丈夫」と言い聞かせているのかもしれません。

不安があるからこその「のろけ話」である、という可能性もありますので、あからさまに「うざい」「そんな話は聞きたくない」という態度を取るのは、ちょっとかわいそうですよね。

のろけ話をしてくるということは、相手の女性を信頼しているからです。

せっかく信頼して彼とのラブラブっぷりをアピールしてくれるのですから、しっかり耳を傾けてあげたいですよね。


のろけ話をすることで「あの二人そんなにラブラブなんだね」と思ってくれればそれで良いんですね。

ラブラブカップルへの憧れが強いのが、わざわざ人前でのろけ話をする理由です。

本当は実際にラブラブだと見せつけたいのをグッと我慢してるわけですから、のろけ話くらい「ラブラブなんだね」と聞いてあげましょう。

ラブラブなカップルだと思ってもらえれば、それで満足なんですから。

のろける心理②上手くいってると思い込みたい


実際にラブラブというわけでもなく、決して不仲だというわけでもない。

そんなときにも、人前でのろけ話をすることがあります。

のろけ話を人前ですることで「自分達はうまくいってるんだ」と思い込みたいからなんですね。

むしろのろけ話をすることで、うまくいっているかどうかの確認をしていたりするんです。


実際にはうまくいってるというほどではなくても、うまくいっていると思い込みたい気持ちも強いんですね。

本当はもっと分かりやすく「うまくいってる」と思えるようなことがあるのが一番ですが、なかなかそう思えるようなこともないもの。

のろけ話をするくらいしか、うまくいってると思い込むことができないのです。


また、のろけ話をすることで、他の人の意見を聞くことができます。

「いいな、私たちは付き合って長いけど、そういうラブラブ感、ないよ」「私は彼氏が長い間いないから、そういうの、羨ましいな」なんて言葉を期待している女性は少なくありません。

これは、自分がのろけ話をした時の、周囲の反応を見て、自分たちカップルとの比較をするためですね。

比較をすることで、自分たちはうまくいっているということを再確認しているわけです。

相手の関係よりも、自分たちの関係の方が優位と感じれば、それで安心することができるのです。


ただし、のろけ話をして、これに対して友人が「私たちもそういうことするよ~」と逆にのろけ話で返してくると、とたんに不安になってしまいます。

比較して仲を確認したいだけの女性には、のろけ話はさせておき、おだててくのが正解です。

それで不安が解消されるのなら、友人なら、そのくらいのことはしてあげたいですよね。

「いいね。私たちも、そんな風にラブラブになりたいよ。」と、仲が良いことを認めてあげましょう。

そうして認めてもらうことができれば、自分たちカップルの仲は、人と比較してみても、確実にうまくいっているのだということを感じることができます。


仲を確かめたいから、うまくいってると思い込みたいからのろけ話で確かめにくるなんて、なんだか可愛い女の子ですね。

そんな友人ののろけ話に、必死で対抗してしまうのはみっともないものです。

「こののろけ話は、不安の表れなのかもしれないな・・・」と温かく受け止めてあげましょう。


「のろけ話ばかりで、あの子、すごく不愉快!」「そんなに彼氏との仲を自慢したいの!?」なんて感じてしまう方もいるでしょう。

ですが、そんなのろけ話の裏側にある気持ちを理解することができれば、いじらしくも感じられてしまうものです。

どうしてものろけ話ばかり聞いていられないという時には、「はいはい、あなたたちがダレよりもラブラブなのは十分に分かりました!」と笑顔で受け流してみるのも良いですね。

そんな何気ない、大人な一言だけでも、のろけずにはいられないほど不安にさいなまれている女性の心には強く大きく響くものです。


自分たちの関係に自信を持てるように、他人の意見を聞きたいだけののろけ話。

これにいちいち腹を立ててしまうのは、子供じみていますよね。

ここはひとつ、大人な対応で、受け止めたり受け流したりしてみましょう。

「彼氏との関係がそこまで不安なら、のろけ話で確かめるような回りくどいことはせずに、彼氏に直接訊けばいいじゃない?」と思うかもしれません。

しかし「うまくいっている」と思い込みたいのは、恋人のことが好きで今後も仲良く付き合っていきたいという気持ちがあるからこそ。

のろけ話を聞きつつ、温かく見守ってあげたいところです。


でもこれくらいならまだ許容範囲というか平和なもの。

もっと、もっとヘビーなこともあるんです。


以前テレビ・ドラマで見たことがあるのですが、思いが強すぎて女性が精神を病んでしまうというものでした。

もともと女性にはルックスよし、収入よし、学歴よしのハイ・スペック彼氏がいたのですがちょっとしたことで別れてしまうのです。

あまりにも理想的な彼氏だったので、女性の落ち込みようは半端なものではありませんでした。

人目を避け引きこもりのような生活を送るようになります。

周囲の人々が自分を嘲笑しているように感じたからです。


やがて女性には元カレに負けず劣らずのハイ・スペック彼氏ができました。

ハイ・スペックな上に女性にベタぼれで、女性の願いはなんでも聞き入れてくれるのです。

当然のように女性は友人や同僚にのろけまくります。

彼氏のスペックはもちろん、彼氏がいかにやさしいか、どれほど自分に夢中でいてくれるかなどなど女性ののろけは留まるところを知りません。


女性は婚約して結婚退職をすることに……。

ウエディング・ドレスも選び、結婚式場へも幾度となく打ち合わせに通いました。

女性の友人や同僚は絵に描いたような幸せにただ、ただ憧れの視線を向けていたのです。

「今日は彼氏が迎えに来てるの」

退社していく女性はうれしそうに彼氏と腕を組んで微笑んでいます。


たわいのない会話にはにかむ女性。

でも女性の隣にはだれもいませんでした。

女性は妄想で作り上げた彼氏と幸せな時間を過ごしていたのです。

彼氏も架空ならおのろけも空想の産物でしたが、女性にはステキな彼氏が見えていたのです。


もちろん、ドラマはフィクションですがないことではないのかもしれません。

人は案外もろいもの。

ふとしたきっかけで精神が崩壊することも。


だからこそ怖いのです。

世間を騒がすような、洗脳による事件も人の心が繊細だから起きるのでしょう。

こうだったら、ああだったら夢見るあまり現実逃避をしてやがては空想の世界を現実と混同してしまう。

そんなことにならないようにのろけ話ぐらい聞いてあげましょう。


なんとも怖い話で脅かしてしまいましたが他人ののろけ話も考えようによっては楽しいですよ。

どこが作り話なのかを想像しながら聞くとか、今日のおのろけは、70点くらいの出来とか採点してみるのもいいかも。

自分ならこうするのにとか考えるのも面白いでしょう。

ちょっとした演出家気分ですね。


相手には悪いけど内緒の楽しみになるかもしれませんね!?

そんなことをしているうちに相手ものろけ疲れしちゃうかもしれませんよ。

のろける心理③本当は不仲なのを誤魔化したい


のろけ話を聞かされる身としては、のろけ話をするくらいなんだから「さぞかし仲良しなんだろう」と思ってしまいますよね。

仲が良いからこそ、わざわざのろけ話をしてくるんだと思ってしまうもの。

しかし実際はそうとは限らないのです。

むしろ実際は不仲だからこそ、のろけ話をする人も多いんですね。

周囲に不仲であることを悟られたくないという思いから、のろけ話をして不仲であることを誤魔化そうと考えているのです。

つまりのろけ話として話すのは、実際にはなかったことであることも多いんですね。

妄想や願望をのろけ話として話す人もいれば、実際にあったことを脚色して話をする人もいます。

周囲に仲が良いんだと思われることで、自分のプライドを守ろうとしている部分ももちろんあります。

周囲に不仲であることは絶対的にバレたくないのです。

また、自分自身の気持ちを誤魔化したいという理由もあります。

自分でのろけ話をすることで、自分の脳さえも誤魔化そうと思っているのです。

本当はのろけ話ができるようなカップルでありたいというのが本音です。

のろけ話をするわりに、カップルで仲良くしているのを見たことがない!なんて場合には、実際は不仲な可能性があります。

切ないその気持ちを分かってあげれば、のろけ話を聞いてあげるのも嫌だとは感じないはず。

のろける心理④幸せだと自分に言い聞かせたい


幸せ願望が強い人というのは必ずいるものです。

日常生活の中で「自分は幸せなんだ」と思うことで、幸せを実感できるんですね。

実際に幸せかどうかは関係ないのです。

いかに自分は幸せだと言い聞かせることができるのかが、大切なんですね。

そのため自分は幸せだと言い聞かせるために、人前でのろけ話をする人も多いです。

「こんなに素敵な彼氏がいるんだ」「こんなに大切にしてくれてるんだ」と周囲にのろけることで、自分は幸せなんだと実感できるのです。

実際は、それほどまでに幸せだと思えているわけではありません。

だからこそ自分に幸せだと言い聞かせるために、のろけてみせるんです。

つまりのろけ話をする方も、それだけ必死であるということ。

ただ幸せになりたいだけなんです。

自分は幸せでありたいと願っているだけなんです。

のろけ話として声に出すだけで幸せを実感できるのなら、のろけを聞いている方もお安い御用です。

のろけ話を聞きながら「○○ちゃんは幸せだね」そう言ってあげましょう。

のろける心理⑤二人の邪魔が入らないようにしたい


人前でのろけ話をする。

実はこれって、周囲の人間に対する威嚇でもあるんです。

のろけ話をするということは、いかに自分達がラブラブであるかを周囲に伝えるということ。

単なるラブラブアピールではなく、二人の仲に邪魔が入らないようにしているんですね。「私達の仲は誰も邪魔できないからね」と、のろけ話をすることでアピールしているのです。

この場合、とくに同性に対してのろけ話をする傾向があります。

要は「私の○○君なんだから誰も獲らないでね」と言っているのと同じことなんですね。

恋人がモテるタイプの人だったり、異性の友達が多いタイプだったりすると、このような威嚇行動に出る人は多いです。

実際はのろけることが目的ではないんですね。

そのため、のろけ話に対して「羨ましい」と思われたいわけではありません。

同性にのろけ話を聞いてもらい「○○君は素敵だけど、こんなにラブラブじゃとてもてを出せないな」と思わせるのが狙いなんです。とにかく邪魔をされたくないという一心なので、基本的には嫉妬深い人がやりがちなこと。

のろけ話を聞かされたときには「○○ちゃんには○○君がいないとダメだね」なんて言って聞いてあげましょう。

いかがでしたか?

他人ののろけ話ほど、聞いていてウザいものはない!

なんて考えの人は多いと思います。

のろけ話をする人に対して、のろけ話を延々聞かされる身になってみろ!とついつい言いたくなりますよね。

実際にのろけ話をされると、単なる自慢にしか聞こえないものですが、本当は自慢ばかりではないんですね。

今回紹介した内容のように、のろけ話をする裏には予想もしなかった理由があったりするものなのです。

まさかそんな理由でのろけ話をしていたなんて!とびっくりしてしまうような理由でのろけている人も実は多いということ。

そのことに気付くことができると、のろけ話を聞かされるのも、それほど苦には感じなくなるのではないでしょうか?

羨ましいどころか、実際は可哀想に思えてしまう理由だってあるんです。

どんな理由にしろ、少なからずのろけ話を人前でする人には、何かしら必死になっていることがあるということ。

のろけ話を聞かされるのは面倒なことかもしれませんが、相手が望むままに聞いてあげるのも優しさですよ。

単なる自慢じゃないと思えば、愚痴ものろけ話も変わりません。

聞き役に徹して我慢するのが正解◎

「のろけ話をする女性の心理5つ!のろけはラブラブとは限らない?」を読んだ人に人気の記事
今、アナタは幸せですか?【自分の心を大切に】幸せになる方法7つ幸せの形は人それぞれですが、今あなたは幸せだと思えていますか?不幸な日々を送っていると思いますか?どっちとも言えませんか?実は、日常のちょっとした事を変えるだけで幸せになれる方法があるのです。決して欲をを捨てたり諦めるとか言う事ではありません。今より幸せになる方法、お伝えします。
男性には理解できない?!女性の心理「共感」とは一体なんなのか?男性の心理ばかりを知っても恋愛は上手くいきません。もちろん、男性の心理を勉強することは大切です。しかし、それだけでは不十分です。男性の心理だけでなく、女性の心理を勉強することが、より恋愛を上手くいかせる要因になります。そこで、今回は女性の心理の重要な概念「共感」を紹介したいと思います。
恋が出来ないのは「考え過ぎてしまう」せいかも?~恋愛にご無沙汰しばらく恋愛にご無沙汰だと、「恋の仕方ってどうするんだっけ?」なんていう状態になってしまうこともありそうです。だからといって、あれこれ考え過ぎてしまっては、かえって恋が遠ざかってしまうかもしれませんよ。恋が出来ない女性の心理、紐解いてみましょう。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事