【告白の方法別に分析】男性陣に聞く一番成功率が高い告白法とは?

はつね

女性からの告白は今や常識?!少しでも告白の成功率をあげるためにできることはなんでしょうか?それは効果的な告白の方法を知ること!同じセリフでも、どうやって告白するかによって、成功率はまるで違います。今回は男性陣のリアルな声とともに、それぞれの告白方法のメリット・デメリットをご紹介します☆

「告白しようかな・・・どうしようかな・・・。」

告白は男からじゃないと絶対に嫌!

なんて時代はもう過ぎ去りつつあります。

草食系男子が多い昨今、女子から告白しないと発展しない恋もたくさんありますよね。

しかし、いざ告白となるとド緊張!

告白してもしダメだったら、好きな人との関係性が壊れてしまうかもしれない。

でも成功したら、晴れてカップルになれる!

告白しようかどうかって、色々な状況を考えてしまうので、迷ってしまいます。

そんなあなたの背中を押すために、告白を成功させる秘訣を教えちゃいます!

この記事を参考にすれば、告白成功間違いなし!

少なくとも大失敗を防ぐことができるので、要チェックですよ☆

告白の「方法」ってとっても大事!


告白のタイミングや場所、セリフ、好きな人へのアタック方法など、告白を成功させるにはたくさんの条件が合わないといけません。

でも大事なことを忘れないで!告白するときの手段、方法が、告白の成功率に大きく関わってくるのです!

それもそのはず、あなたが告白される立場だと考えてみてください。

同じ「好きだ」という言葉でも、直接目を見て言われるのと、SNSで言われるのでは、意味も違ってきますよね!

男性もそれは同じなのです。

方法を変えれば告白の成功率も違ってくる。

告白を成功させたければ、彼のタイプに合わせた告白の方法を選びましょう!

今回は、告白の方法別に、メリット・デメリットを教えちゃいます!

告白されたことのある男性たちの意見を交えながら、紹介していきますよ♪

ちなみに男性陣のホンネは、私の職場の男性たちにお聞きしました☆

男性陣が告白方法について思う、リアルな現状をのぞいてみましょう!

方法①電話


まずはじめは「電話」です!

この方法で告白した、された人は多いことでしょう。

電話での告白には、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット

なんといっても、適度な距離感がメリットだと思われます。

直接会って言ったほうが気持ちは伝わるかもしれないけど、怖くて会えない。

そんな方におすすめの方法です。

また、見た目に左右されないのもメリット。

自分の容姿に自信がない、直接会ったら緊張で変な動きをしてしまいそう!など。

電話という壁を一枚挟むだけで、普段言えないことも言えそうな気がします。

自分の欠点をうまくカバーできるかもしれませんね!

デメリット

いきなり電話をかけて告白する場合、相手が忙しい場合があります。

告白も佳境にはいるってときに、「ごめん今から用事あるから」なんて切られたら悲しいですよね。

電話で告白するなら、電話をかけるタイミングに気を付けないと、不完全燃焼で終わってしまうかも。

男性陣のホンネ

さて、男性陣は電話での告白をどう受け止めるのでしょうか?「好きな人なら嬉しい。付き合った場合、後日会った時にやり直しとかしてくれると、グッとくるかもしれない」

この「好きな人なら」というところがポイントかもしれませんね。

興味のない人に電話で告白されると、男性は重いと感じたり、対応に困ってしまうことも。

そして電話の長さも重要みたいです。「長電話だとしんどい」

緊張してしまうと話がそれてしまったり、まとまらなかったりで、ついつい電話が長くなってしまいます。

そうすると、男性によってはイライラしてしまうかもしれませんね。

逆に「表情が見えていないので断りやすい」という意見もありました!

脈ありの場合は電話でもいいかもしれませんが、断られる可能性の高い告白には、電話は向いていないみたいです。

方法②LINEやメール


続いての方法は、LINEやメールなど、ぱっとメッセージを送れる系の告白方法です。

スマホの普及で、この方法での告白もずいぶんとメジャーになってきました。

最近の若い方々は、比較的この方法でお付き合いすることが多いみたいですが、実際の成功率はどうなんでしょうか?

メリット

自然な会話の流れの中で告白ができるというのが、一番のメリットかもしれません。

「大事な話があるの」と切り出して、かしこまった雰囲気の中で告白するよりも、何気ない会話の中ですっと「好き」と言うことができれば、相手をドキドキさせることができます。

万が一、告白して不穏な空気が流れてしまったり、振られそうになっても、「冗談だよ~」と言ってしまえば、それでその場は流すことができるでしょう。

その軽さが、LINEやメールにはあります。

振られた後の対応に困るという方に、おすすめですね。

デメリット

メリットで紹介した「軽さ」が、デメリットになってしまうこともあります。

ぱっと告白できる環境だからこそ、告白の本気度が低いと捉えられがちです。

本気で好きだという気持ちを、男性側に確実に届けたいのであれば、LINEやメールは避けたほうがよさそう。

さらに、これらで告白した場合は、告白の文面を見るタイミングが彼次第になります。

告白しても、そのメッセージを見るのが明日、明後日だったり、忙しい場合はスルーされてしまうかも。

メールの場合は、メールボックスを頻繁に確認しない人も多いので、要注意!

男性陣のホンネ

さあ、LINEやメールで告白された時、男性陣はいい返事をするのでしょうか?「返事を文章に起こさなければいけないのが面倒くさい」

LINEやメールで一生懸命考えた長い文章を送ると、告白された側もそれなりの返信をしなくてはいけないという、使命感にかられる人もいるみたいですね。

好きな女性にLINEやメールで告白されたとしたら、一生懸命YESの返信を書きますが、興味のない女性から送られてきた告白メッセージには、返信する気が失せるそう。

メッセージで送るなら、なるべく簡潔にしたほうがいいみたいです。「とりあえず付き合ってみるかってなるかも」

あまりかしこまった告白の方法ではないので、告白した相手の付き合うことへのハードルを下げることができるかもしれません。

軽く告白されたなら、軽く付き合ってみるか!という流れになるそうです。

まずは何が何でも付き合いたい!と思っている女性には、希望があるかもしれませんね!

また、「書面に残したくないから嫌だ」という人も。

告白やその返事などが、自分の端末に残るのが気まずい、嫌だという人もいるんですね。

この告白の仕方は、一番賛否両論あるかもしれません。

方法③直接会う


次は直接会って告白するという方法です。

一番勇気がいるけど、一番伝わりやすいのがこの告白方法ですよね!

メリット

直接会って自分の言葉で伝えるので、全身を使って相手に気持ちを伝えることができます。

可愛くおしゃれをしてみたり、声のトーンや目線、仕草など、たくさん工夫できるポイントがありますよね。

語彙力も文章能力もないけれど、気持ちだけは負けない!という直球勝負の女性に、ぜひ挑戦してほしいです。

そして、直接会えば相手の反応も知ることができます。

相手の反応を見ながら告白のタイミングを探ったり、セリフを変えてみたり、臨機応変に対応できますね。

また、告白する時間や場所、シチュエーションのセッティングも、女性側でできる場合が多いです。

周りの環境の力も借りることができて、告白の成功率が上がるかもしれません♪

デメリット

直接会って告白すると、その場で返事をもらえることが多いです。

OKだった場合は喜びもひとしおですが、もし振られてしまった場合は大変です。

面と向かって「付き合えない」なんて言われたら、とてもショックを受けてしまいますよね。

緊張やハプニングで、告白がうまくできなかった場合も同様です。

告白している最中にお腹が痛くなってしまった!

実は告白中ずっと鼻毛が出ていた!(笑)

なんて恐ろしい状況も、直接相手と対峙している状況ではごまかせません。

残念な結果も直接受け止めるメンタルが必要なのが、デメリットかもしれません。

男性陣のホンネ

直接告白されるって、女子からしたら憧れですよね!

男性目線から見ると、直接会って告白することの評価は、どんな感じなんでしょうか?「これがやっぱり一番いい。興味がある人ない人、どちらの場合でも、声と表情から相手を観察しながらレスポンスできるから。」

女性が直接告白してくれた以上は、男性も真剣に向き合おうとしてくれるので、当然返事にも気を遣いますよね。

その点では、男性側としても直接告白をしてくれたほうが、やりやすいようです。「女性から直接告白するのはとても勇気がいるから、その勇気を自分のために出してくれたのが嬉しい」

直接告白するということは、相当なリスクがあります。

そのリスクをおかしてでも自分に告白してくれた、という事実が、男性にとっては好感度高めのようですね。「考える時間が欲しいから、直接はちょっと困る」

返事をするのに時間が必要な男性は、直接告白してしまうと戸惑ってしまう様子。

もし直接告白して相手が困っているようなら、返事はあとでもいいという旨を伝えたほうがいいですね。

男性陣の意見を見ると、全体的にこの告白方法は高評価のようです!

方法④手紙


古き良き告白方法といえば、「手紙」!

ラブレターなんて、なんだか懐かしい気分になりますね♡

大人のラブレター、評価はいかに?!

メリット

手紙というと、想いのこもったものというイメージがありませんか?

手紙の内容ももちろんですが、今時自分のために手紙を書いてくれたという行動自体が、高評価になるかもしれません。

また、字のきれいさでアピールすることも可能です。

字のきれいな女性が嫌いな男性はいないと言っても、過言ではありませんからね♪

字には人柄が表れるというので、手紙で自分の性格をアピールするのも手でしょう。

最近は、日常的に手紙を書くこともなくなったため、手紙での告白は特別感を演出できます。

たくさんの人に告白され慣れている男性には、特に効果的かもしれませんね♪

デメリット

手紙はどうしても重いイメージがあるので、興味のない女性からもらうと、男性は引いてしまうことが多いです。

また、物として残るものなので保存場所に困ったり、なかなか捨てられません。

もう両思いで、あとは告白するだけ!という状態じゃないと、成功の見込みはないかもしれませんね。

そして、手紙で告白をすると、男性としては返事をどうしたらいいのか、迷ってしまいます。

手紙で返したほうがいいのか?直接会ったほうがいいのか?などと考えているうちに、面倒くさくなってスルーされる恐れが!

手紙の文末に、告白の返事はどうしてほしいかを明記しておくと、返事がスムーズにもらえるでしょう。

男性陣のホンネ

さて、手紙に対する男性陣の気になるホンネは?「手紙は情報量多いから結構ギャンブルだよね。文字の綺麗さ、丁寧さ、言い回し、紙のチョイスとか。」

確かに手紙って意外と情報量が多いですよね!

情報量が多いということは、良いほうにも悪いほうにも転がりやすいということ。

男性側は案外見ているので、細心の注意を払わないといけないですね。「既にしんどい」

手紙で告白という時点で、恋愛対象から外してしまうという人も。

さっぱりしているタイプの男性は、このような重い愛情表現を嫌うみたいです。

やっぱり現代の告白方法としては、あっていないのかも・・・?

方法⑤人に伝えてもらう


これも子供のころによくありませんでしたか?

直接本人から聞くよりも、人から聞いたことのほうが信ぴょう性があるというのも一理あります。

珍しい告白方法ですが、成功率はどれくらいなのでしょうか?

メリット

この方法は、究極の恥ずかしがり屋さんにおすすめです。

彼のことが大好きだという事実を、自分の口からなんてとても言えない!なんて女性は、人に伝えてもらうのもいいかもしれませんね。

その場合、彼が信頼を置いている人物に頼むと、彼もしっかり話を聞いて、信じてくれるでしょう。

そして、先にも述べたとおり、自分の前で褒められるよりも、自分のいないところで褒めていたのを聞くほうが、信ぴょう性がありますよね。

自分の前でだけ猫をかぶらず、いつでも自分のことを好きでいてくれてるんだと感じてもらえるかも。

デメリット

一番のデメリットは、本気度が伝わらないこと。

人づてに告白されても、男性側としては「どうして自分で言わないんだろう?」と思ってしまいます。

女性からしたら告白のつもりでも、男性には告白だと受け取られないことがほとんど。

人から伝言で告白されても、その返事をまたその人にお願いするのは変ですよね。

意識させることはできるかもしれませんが、告白方法としてはイマイチ。

そこからすぐお付き合いに発展する可能性は、低いかもしれません。

男性のホンネ

女性の私としては、人づての告白はあまり信用できないなと思うのですが、男性目線ではどうなんでしょうか?「興味のある人なら対応に困るし、興味ないならスルーするしかない」

興味があってもなくても、対応に困ってしまうのが男性のホンネのようです。

確かに本気かどうかも怪しいし、返事もしづらいですね。

ふたりの問題であるはずなのに、間に第三者がいるというのも、なんだか変な感じですし、事の始終が第三者にも伝わってしまうので、恥ずかしいです(笑)

せっかく結ばれそうな恋でも、この告白方法では先に進まない恐れが・・・。

その他の男性も、満場一致で「どうしたらいいのかわからない」という意見でした(笑)

5つの方法の中では、一番成功率が低そうですね。

告白方法としてではなく、一種のアプローチの仕方として使用したほうがよさそうです!

おわりに


ここまで読んでくださって、ありがとうございました!

いかがでしたか?

5つの告白方法について、メリット・デメリットと、男性のホンネを紹介してきました。

男性陣の意見から、5つの告白方法を成功率の高い順にランキング付けすると・・・1位 直接2位 電話3位 LINEやメール4位 手紙5位 人に伝えてもらう

という結果になりました!

やはり直接会って告白する方法が、男性的に一番グッとくるみたいですね♡

この結果から見ると、告白するときのリスクが大きければ大きいほど、成功率が上がるようです。

自分のために、ここまでしてくれたんだ!という気持ちが、恋に発展するキッカケになるそう♪

女性からしたら勇気がいることですが、自分を傷つけたくないという気持ちよりも、優先すべきは彼に本気の想いを伝えること!

頑張ったら頑張った分だけ、いい結果が返ってくるんですね。

もちろん、大きなリスクをおかされると「重い、引く」という男性もいるので、さじ加減は大切。

彼にはどの告白方法が合うのか、よーく見極めてから挑戦してください!

無事彼と結ばれたとしても、当たって砕けたとしても、後悔のない告白にしたいですね♡

自分の気持ちに正直になって、真剣に想いを伝えれば、きっといい返事が聞けるはずです。

告白しようか迷っている人も、これから告白する人も、この記事をぜひ参考にしてみてください。

あなたの告白が成功することを、心から祈っています!

「【告白の方法別に分析】男性陣に聞く一番成功率が高い告白法とは?」を読んだ人に人気の記事
対象外の男性から告白された時の上手な断り方&NGな断り方仲の良い男性から告白されたけど、付き合うのはちょっとな…こんなとき、あなたならどう断りますか?断り方にもNGがあったなんて…告白されたときの上手な断り方、そうでない断り方について考えていきましょう。
バレンタイン前、男性に「チョコが欲しい」と言わせる会話テク3つもうすぐバレンタインですね!自分からチョコを渡す勇気がなくても、男性の方からバレンタイン前までに「チョコが欲しい」と言ってもらえたら、渡しやすいですよね♪ここでは男性に「チョコが欲しい」と言わせるテクニックを紹介します♪参考にしてみて下さいね。
好きだけでも伝えてみる?片思いの人に告白するメリット3つ今、片思いをしている人は好きな人に告白する予定はありますか?「告白なんて出来ない」と思っている人も、この先ずっと片思いを続けていくなら思い切って告白しちゃいましょう。今回は、好きな人に告白出来ない人に教えたい、好きな人に告白するメリットを紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 失恋を招くかも!?女性からの告白で失敗しやすいタイミングとは?

      せっかく好きな男性に告白すると決めたなら、何としてでも成功させたいですよね。しかし、タイミングのせいで失恋してしまうことがあるのも事実です。あなたのことは嫌いじゃないのに、告白のタイミングのせいで失敗を招いてしまうとしたらとても悲しいですよね。失敗しやすいタイミングとは、ど…

    • 信頼できる人も必ずいる!女性が男性不信に陥る原因3選とは?

      せっかく素敵な人に出会って恋人同士になれたのに、その人の事を信じられないのは悲しい事ですよね。でもそんな男性不信な女性は意外に多いのですよ。もしあなたも彼氏を信じられなくて、悩んでいるのならまずは原因を知る事が大切です。女性が男性不信に陥る原因3つをお教えします。