「当たり前に結婚できると思ってたのに」婚約破棄の時にするべき事

「当たり前に結婚できると思ってたのに」婚約破棄の時にするべき事

3134
update

婚約をしたからといって、その先に結婚があるとは限りません。様々な理由から「婚約破棄」になってしまうことも珍しくないんです。そんな婚約破棄をする時には、口だけで済むと思っていませんか?婚約を破棄するときにも、しなければいけないことはたくさんあるんですよ。

3134
update

婚約破棄をしたい

 

プロポーズされて、結婚できる...と幸せに浮かれてばかりいてはいけません。

婚約したからといってすべてのカップルが結婚したのか、というと実は違うんです。

婚約したことでお互い「結婚できる」と安心してしまって、今まで気づかなかった相手の短所や知らなかったことを知り、「この人とは結婚できない」と婚約破棄に至ってしまうことも少なくありません。

婚約中は特別な書類を提出しているわけではないので、「とりあえず婚約しとけばいっか」という軽い気持ちで婚約すると、婚約破棄になった時に痛い目にあってしまうかもしれません。

そこで今回は、婚約中の人もこれから結婚を考えている人も知っておいてほしい婚約破棄になったときに、しなければいけないことを紹介します。

まずは話し合う

 

婚約破棄は自分の意思だけではできません。

あなたがどんなに婚約を破棄したいと思っていても、相手にその意思がなければ婚約破棄することはできません。

プロポーズされて自身がOKという答えを出した時から婚約したことになるので、後になって冷静に考えたときに「結婚はできないかも」と思う人も少なくありません。

結婚の準備を進めていなければ「やっぱり結婚やめよう」の一言で済むかもしれませんが、色々な準備を進めていく中で「やっぱり結婚できないな」と思った時はしなければいけないことがたくさんあります。

中には面倒だなと感じることもたくさんあると思います。

しかしそれでも婚約破棄したいという気持ちが強いのであれば、それなりの理由があるはずです。

相手にちゃんと結婚できない理由を話し、納得してもらいましょう。

自分勝手に進めてしまうと相手が怒るだけではなく、取り返しのつかないことをしてしまうかもしれませんので、相手も婚約破棄を理解した上で次のステップに進みましょう。

双方の両親に言う

 

婚約も結婚も二人だけでの問題ではありません。

婚約するときにはお互いの両親に会い「婚約する、結婚する」という話をしていると思います。

婚約破棄は二人で決めることですが、両親にはちゃんと結婚を止めることを話しましょう。

もちろん理由も聞かれると思います。

どんな理由であれ両親には正直に答えましょう

自分が浮気した、相手に落ち度があった、など言いたくないこともあるかもしれませんが、正直に話さないと後になってあなたの立場が悪くなってしまうかもしれませんし、両親には嘘をつきたくないですよね。

また、自分の両親だけではなく相手の両親にもきちんと挨拶に行きましょう。

たとえこの先交流が無くなる人であったとしても、婚約破棄になってしまったことの謝罪はしなければいけませんので、直接会いに行きましょう。

その他にも、二人が出会った場所や結婚が結婚相談所などで第三者に協力してもらっていたのであれば、その人にもちゃんと婚約破棄になったということを伝えに行きましょう。

直接会って話すのが一番ですが、遠方にいるなど中々会うことができないのであれば手紙を送りましょう。

婚約指輪は返却する

 
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

婚約破棄したっていう人が周りにいたことがないんだけど、何で婚約までして破棄するんだろうって謎しかないですね。だったら最初から婚約しなければ良いのにって思うし。周りも巻き込んでるわけだから責任も色々出てくるし失うものしかないし。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー