結婚秒読みだったのに婚約破棄?!円満な関係が崩れる原因とは

mimi

婚約までしてしまえば、結婚するのも時間の問題。そう安心してしまうのは実は危険!実際にせっかく婚約しても、結果的に婚約破棄になってしまうケースは多いんです。今回は婚約破棄になってしまうよくある原因をまとめてみました。婚約したからって、油断は禁物ですよ!

あと一歩で結婚だったのに…!


婚約とはその名の通り「結婚を約束すること」です。

しかし結婚のように法的な手続きをするわけではなく、婚約破棄するのも簡単なこと。


だからこそ実際に婚姻届けを提出するまでは、婚約したことに安心はできないのです。

では婚約破棄になってしまう原因とは…?

原因①秘密を持ったまま婚約してしまった


人間誰しも秘密の1つや2つはあるもの…。

そんな秘密を持ったまま、婚約を決めてしまう人は少なくありません。

秘密は墓場まで持っていこう!なんて気持ちでいるにも関わらず、思わぬ形で婚約後に秘密がバレてしまうこともあるんですね。

婚約破棄になってしまう原因のひとつがコレ。


結婚を決めた相手の秘密でも、内容によってはどうしても受け入れられないものもあります。

既に結婚してしまっていれば、仕方なく受け入れるという方法もできます。

しかし婚約という段階では、受け入れずに別れるという選択肢は簡単なことなんですね。

秘密を知った時点で「ありえない。婚約は破棄しよう」という展開になってしまうのは珍しくないのです。


自分だけの秘密を持つというのは決して悪いことではありません。

しかし結婚する相手には、できるだけ隠し事はない状態でいたいところ。


バレても二人の今後に影響のない嘘であれば良いかもしれませんが、少なからず影響のある″知っておかなければならない嘘″はつくべきではありません。

せっかく結婚が決まったのに、婚約破棄になってしまうのも仕方のないこと。

ついてもいい嘘と悪い嘘をしっかり見抜きたいですね。

原因②婚約した安心感や不安からの浮気


婚約破棄の原因として実は多いのが″浮気″なんです。

これはどちらかというと、女性よりも男性に多い原因ですね。

婚約して幸せいっぱいなのに、浮気をしてしまうのです。

いいえ、婚約して幸せいっぱいだから浮気をしてしまうんですね。


いわゆる結婚が決まったことによる気持ちの余裕から、浮気心が芽生えてしまうということ。

婚約者に対しては安心しきっていますし、今更追いかける必要がないので「つまらない」という気持ちが強くなってしまいます。

男性の狩猟本能が働いて、婚約者ではなく他の女性を追いかけてしまうというのはありがちなこと。


反対に女性が婚約中に浮気してしまうのは、マリッジブルーが原因であることが多いです。

男性は結婚が決まったことに余裕を感じるのに対して、女性は結婚が決まったことに不安を感じてしまいます。

「本当に彼と結婚して良いのだろうか?」そう思ったときに、気持ちが他の男性に揺れ動いて浮気してしまうケースも少なくありません。


このように婚約した安心感や不安から浮気をしてしまうことは多く、それが原因となって婚約破棄という結果になってしまうんですね。

結婚後であれば浮気を許すという選択肢もあるかもしれませんが、まだ婚約の段階だからこそ″許せない″という気持ちが強くなってしまうもの。

浮気がバレた時点で婚約破棄という展開になってしまいます。

原因③独身生活を惜しく感じてしまった


婚約を決めた段階ではまだお互いに独身という状況です。

結婚すれば当然既婚者になるわけですが、いざ既婚者になるのを目前にすると独身時代を惜しく感じてしまうことは多いのです。


反対に独身のときは既婚者や結婚生活に憧れが強いのですが、いざ婚約を決めてしまうとそうではなくなるんですね。

今まで当たり前に過ごしてきて、少し飽き飽きしてきた独身生活が、やっぱり魅力的に感じるようになるのです。


「結婚したらこれができなくなるんだ」そんな風に考えてしまうと、憧れの結婚生活もなんだか憂鬱に感じてしまうもの。

まだ独身時代を満喫したい!と思えば思うほど、結婚に戸惑いを感じてしまうんですね。


婚約をして同棲を始めたりすると、このような感情になりやすいものです。

金銭面などでも自分1人で自由にお金を使えなくなったことに不満を感じることもありますし、生活を婚約者に干渉されることにストレスを感じてしまうことも。「こんなことなら独身でいた方がマシ」なんて思いが強くなると、結果的に婚約破棄を選ぶことになってしまいます。


まだまだ結婚への決心も鈍かったということ。

同棲を経験したり婚約から結婚までの期間が長い人ほど、このような形で婚約破棄になってしまうことが多いです。

原因④相手の親族と上手くいかなかった


結婚となれば自分達だけでなく、親族との関係ももちろん重要になります。

親兄弟や親戚との関わりは、結婚すれば避けては通れない問題ですよね。


既に婚約の段階で、親族との付き合いもスタートするケースが殆どです。

結婚を約束した相手ですから、実家に連れて行ったり、一緒に食事をする…なんてことも珍しくないでしょう。

近い未来で親族になるわけですから、当然の関わり方と言えます。


しかしながら、婚約した時点で親族と上手くいかないケースも珍しくないんですね。

なかには結婚そのものを快く思われていなかったりすることもあるでしょう。

単純に親族と性格が合わない、価値観が全く違うなどの問題を抱えることもあります。


婚約の段階で親族との関係が上手くいかないと、そのまま結婚という形になれば大変なことは目に見えています。

「この親族じゃとても結婚生活を送れそうにない」そう思うことで、婚約破棄という形を選ぶ人もやはりいます。

どんなに二人が愛し合っていても、恋愛と結婚は別。

そのまま結婚に突き進む人もいますが、現実的な人はそこで結婚を諦めるケースも多いということです。

原因⑤将来のイメージがお互いに違った


婚約をするまでは結婚に対する具体的なイメージはお互いに浮かんでいないことが多いもの。

単純に愛し合っているから結婚を決める…そんな気持ちで婚約を決めるものです。

結婚に対する具体的なイメージを決めるのは、婚約してからのこと。

将来的に子供はどうするのか、仕事はどうするのか、家は購入するのか、将来的な両親との同居の有無…等々、リアルな将来をイメージするようになります。


そしてここではじめて、お互いのズレを感じることがあるんですね。

殆どの人は「相手も自分と同じような結婚イメージを持っている」と思い込んでしまっているもの。

しかし蓋を開けてみると、実は自分とは全く違う考えを持っていたりするんです。


そんな将来のイメージの違いが原因となり、婚約破棄に至ってしまうことは多いです。

上手く話し合いをして結婚まで進むことができるのがベストですが、どちらかが譲れない事があると、円満解決とはいきません。


お互いに折れることができなければ、婚約破棄になるのもやむをえないこと。

婚約前の段階でもっと深く話し合っておかないと、このように婚約破棄になってしまうケースは多いのです。

婚約破棄だけは避けたい!

婚約までしてしまえば結婚するのは当たり前!

なんて思っていませんか?


しかし実際に婚約破棄という形で結婚に至らずに、終わりを告げてしまう展開は多いのです。

せっかく結婚できると思っていたのに、結婚できずに終わってしまうのは悲しいことですよね。

婚約破棄なんてよっぽどのことがないとありえないだろう…なんて思っていませんか?


今回紹介した内容のように、婚約破棄の原因というのは珍しい内容ではありません。

誰にでもありうる原因なんですね。


つまりどんな人でも婚約したから大丈夫!なんて安心はできないということ。

婚約を決める前も決めた後も、考えなければならないことがたくさんあるということです。

「結婚秒読みだったのに婚約破棄?!円満な関係が崩れる原因とは」を読んだ人に人気の記事
失恋した時、男友達に相談する派?その後どうなる?【後編】前編では、失恋した時に、男友達に相談する女性の心理について触れてみました。後編では、相談した後にどうなるのか?という部分について触れていきます。あなたにもそんな経験があるかもしれませんね。
「ずっと忘れられない」失恋の辛い気持ちを癒してくれる場所とは?失恋してしまったら、悲しくて引きこもってしまうという人もいると思いますが、失恋したからこそ外に出て気持ちを切り替えなければ、新しい道に進んでいくことは出来ません。失恋した人に是非訪れてほしい場所があります。今回は、失恋したら行くべき場所について紹介します。
失恋したらこれ!涙で失恋ストレスホルモンを流してしまおう!失恋したら後に残らないように、すっきりしちゃいましょう!失恋ホルモンを流して新しい恋を掴む準備はバッチリ。一度の失恋に囚われて、あなたがずっと新しい恋に進めないこと自体が勿体ないこと!涙で辛い失恋を流してしまいましょう。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事