どう違うの?意外と知らない、婚約指輪と結婚指輪の違いまとめ!

どう違うの?意外と知らない、婚約指輪と結婚指輪の違いまとめ!

1731
update

結婚するとき、婚約指輪や結婚指輪を用意するカップルは多いと思います。しかし、婚約指輪と結婚指輪の違いを知らない人がたくさんいます。同じ指輪でも婚約指輪には婚約指輪の、結婚指輪には結婚指輪の意味があります。婚約指輪と結婚指輪の違いについて紹介していきたいと思います。

1731
update

婚約指輪と結婚指輪には違いがあった!?

彼氏にプロポーズされて結婚の準備を進める時、気になるのは指輪のことではないでしょうか?

結婚は書面だけのものですし、周りから「あのカップルは婚約している」とか「結婚している」と分かってもらうためにはやはり指輪は必要なのではないかと思います。

しかし婚約指輪と結婚指輪はどちらも同じものだと思っていませんか?

「結婚」というキーワードについては同じですが、それぞれ意味や特徴があります。

そこで今回は、婚約指輪と結婚指輪の違いについて紹介したいと思います。

婚約指輪とは

婚約指輪は「結婚を申し込む男性が女性に贈るもの」というイメージがありますが、まさにそのイメージ通り結婚の約束をしたカップルがつけるものです。

そのためダイヤモンドがたくさんついているなど、ちょっと派手な指輪であることが多いです。

また、婚約指輪は「給料の3ヶ月分」と言われることが多いですね。

芸能人なんかは数百万円、数千万円の婚約指輪を贈る人も多いですが、一般的には30万円から40万円程度の婚約指輪を送る人が多いそうです。

婚約指輪は「贈り物」ということもあり、カップルで選ぶというよりか男性が女性のために選ぶ指輪というイメージがあると思いますが、カップルで選んではいけないという決まりはありません。

婚約指輪は、もらったら結婚するまでずっとつけていなければいけないという決まりもありません。

そのため「外に出る時だけ付ける」とか「彼氏とのデートの時だけ付ける」という人も多いです。

結婚指輪とは

結婚指輪は、結婚式の指輪の交換をする時に使い、その後は日常生活でもずっとつけるものです。

そのため、仕事や家事などの時に影響が出ないためにも婚約指輪よりシンプルなものを選ぶ傾向にあります。

また、結婚指輪は婚約指輪よりも価格が低価格になっています。

婚約指輪と違って「結婚指輪の相場はこれくらい」という決まりはありませんが、20万円前後の結婚指輪を選ぶ人が多いそうです。

結婚指輪は婚約指輪と違って、ずっとつけることができるということが目的になっているので、婚約という形をとらず結婚したカップルでもつけることができます。

もちろん、結婚式を挙げていないカップルでもつけることができますよ。

また、結婚指輪は「ずっとつけていくもの」ということから自分たちでデザインを考えたり、カップルで一所に選ぶという人が多いようです。

婚約指輪と結婚指輪は絶対必要?

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

恥ずかしながらあまり重要視していませんでした。同じかと思っていましたが異なるのですね。婚約指輪と引き続き結婚指輪に使うというのは、ルール的に良くないのでしょうか。しかし指輪をお互いつけると、一緒になったと身も心も引き締まります。

2 ヤス・ヌマ
通報

この記事を読むまで婚約指輪も結婚指輪も同じような意味だと思っていました。それぞれ決まりごとが特にないというのも驚きです。

1 さつき
通報

結婚指輪も婚約指輪も、どちらも憧れの存在です。二つの存在の意味を混合していたので将来に向けてきちんと理解出来て良かったです。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー