【上司からのセクハラ問題】経験者が伝えたい誘いの断り方。後編

【上司からのセクハラ問題】経験者が伝えたい誘いの断り方。後編

3687
update

セクハラや強引な誘いで悩まされている女性が、日本にはかなり多くいることと思います。相手が職場の上司や同僚であるがゆえに、思いきり断ることもできず、我慢を強いられているのではないでしょうか。今回はそんな人が誘いを断りやすくなる方法をご紹介します。

3687
update

実際に誘いを受けたら、どう対策したらいいの?

さて、前回はセクハラの問題点や味方を増やすことのメリットをご紹介しました。

次は具体的なセクハラ回避方法についてご紹介していきたいと思います。

前回の記事はこちらから。

【職場でのセクハラ問題】女性が生き辛い社会について考える。前編

1.誘いを断るための下準備をすること

わたしが誘いを断るために、誘いも何もないときから準備していたことをご紹介したいと思います。

きっとセクハラしてくる相手というのは、どんな形であれ話す回数が多いとか、顔を合わせる機会が多いとか、コミュニケーションの取りやすい関係になっているとは思います。

そういう場合に、話の中で「わたし毎週月曜日は一週間の食材の買い出しに行ってるんです」とか「毎週火曜日と金曜日は習い事があって」と、毎週決まって用事が入っていることをさりげなくアピールしておきます。

セクハラしてくるということは少なからずあなたに好意があるわけで、男性ってそういう相手の予定や事情は、結構しっかり頭に入っているものです。

飲みに誘われやすい休日前は、ウィークリーの予定が入っていることをしっかりアピールしておくべきです。

そしてそれをとても楽しみにしていること、自分の中で優先順位がかなり高いことを、さりげなくもしっかりアピールしておくとなおよいでしょう。

そして、朝が弱いこともわたしはさりげなく伝えていました。

話すときに何気なく「今日もちょっと寝坊して駅まで走りました」とか「寝坊したので15分で家を出ました」など、朝が弱いことを盾にして「仕事が次の日にあるときは遊びに行かないって決めているんです」「遅刻すると周りに迷惑をかけちゃうので」と言っておけば、仕事がある日に強引に飲みに誘われることはかなり減るはずです。

特に上司や先輩の場合は。

また、お酒は一滴も飲めない、下戸であることも断り文句の一つですよね。

ただ、それなら「お酒飲めなくてもソフトドリンクでもいいから」と言われると行かざるを得なくなるので、強い断り文句にはなりにくいです。

2.誘いを受けたら、下準備したことを念頭に丁寧に断る

この記事が気に入ったらシェア♪
9 名無しさん
通報

上司からセクハラをされても、何も言えなからそこが一番の悩みどころです。もし逆らうようなことを言えば仕事を辞めさせられるんじゃないか、辞めさせられないまでも仕事量を減らされるのではないかなど、心配が尽きません。

8 名無しさん
通報

単に誘いを断るんじゃなく、断るための下準備から始めるのがポイントになるのですね。どんなふうに断ろうかということだけを考え続けていましたけれども、下準備からが大切というのを知りましたので、ここから始めていきたいです。

7 名無しさん
通報

お酒飲めないアピールをしても、そしたら今度はソフトドリンクでくるわけか。こっちがいろんな作戦とかを考えて実行しても、相手が一枚上を行くパターンが多いから、そこが難しいところですよね。ああ言えばこう言う状態から逃れるのは簡単ではありません。

6 何が正解かわからない
通報

異性で年配の上司から受けた食事のお誘いを丁重にお断りしました。ですが「手塩にかけたのにその態度は無礼にも程がある。君はセクハラをうけていると勘違いしているみたいだが、私にはそんな気は一切無い。恩を仇で返すというのか?」と怒り心頭に…

「私は大丈夫ですが、周りからの目もありますし2人でのお食事は…」と言ったニュアンスもいけないようです。もうわからない。

5 名無しさん
通報

上司からセクハラを受けています。

吐きたくなるほどにモヤモヤしていた気持ち悪い想いを明確に陳述されていて、そうゆう事か!と少しスッキリしました。

ありがとうございます。

「職場の顔」を好意と勘違いして部下をメスと見るなんてあってはならない事ですよね。

大人しく持て余した下心は夜のお店へ行って発散して欲しいです。

そういえばクレヨンしんちゃんのヒロシも

ミサエという妻がありながら職場の部下を「ユミくん♡」と呼んで鼻の下をよく伸ばしていましたので、下心は男性の狩猟本能的な原始時代の名残り性質なのかもしれませんが

そこを理性で抑えきれずにセクハラするなんて野蛮の極みです。発情期の猿かーい!

しかしヒロシは妄想だけでセクハラはしていなかった。全国のセクハラオジジはヒロシを見習ってほしいです。

好きでもない野郎にメスと見なされ触られる事がどれほど不快か。

セクハラオジジは痴漢オジサンに一度セクハラされてみてほしい。

おそらく激昂して乱闘が始まる事でしょう。

そうして相討ちで絶滅してください。

4 名無しさん
通報

何かと問題になっているセクハラだけど、明確な線引きがないので当事者は気づいてない可能性もあります。でも、嫌なことは我慢する必要は全くないので、嘘をついてもいいので断ったり、関わらないようにするのはいい方法だと思うな。1人で解決するのが難しい場合は、周囲の協力を得るのもアリですよね。

3 名無しさん
通報

本当は殴ってやりたいですよね。でも、上司だし、会社での自分の立場もあるし、セクハラだと思うのは自分の過剰な意識かもしれないと不安になると思います。それでも、あなたが嫌だと感じることを伝えるのは大切なこと。誘いは嘘をついてもいいからキッパリと断るといいと思うな。

2 名無しさん
通報

セクハラってされる側にも問題ありそうだけどね。隙きがある女とかは結構上司からの誘いとかありそう。誘えば断らなそうだしね。そういう人は何かしらの理由つけて断れるように予め言うこと決めといたほうが良さそうだね。

1 名無しさん
通報

私も職場の上司から食事に誘われたことはあります。

1度くらいであれば誘われれば行くのですが、明らかに好意を持たれていると感じた場合は食事の際に彼氏がいることを伝えています。失礼がないように私は無理だけど上司は魅力的で女性にモテるようなニュアンスを伝えるようにしていました。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー