その恋、終わりにしませんか?諦めた方がいい片思いパターン4つ

その恋、終わりにしませんか?諦めた方がいい片思いパターン4つ

オトナの恋愛

片思いのゴールというと、両想いになって恋人同士になること。しかしその恋は全て叶うとは限りません。なかなか終わりにすることもできない片思いですが、諦めた方がいい場合もあります。今回はそんな諦めた方がいいと思われる片思いについてご紹介します。

Key
Key
2016.09.26

その恋、終わりにしませんか?

片思い。

それは楽しい恋のひと時でもあり、時にはあなたを苦しめてしまうものでもあります。

片思い中の人はみな、両想いになって恋人同士になることを目指し頑張っています。

しかし残念ながらその願いは、毎回叶うものではありません。

両想いになることは、片思いを終わらせる最高の結末ですが、そうならない場合、片思いをどう諦めた方がいいのか、分からない人もたくさんいますよね。

辛くも楽しい片思いですが、諦めた方がいい場合もあります。

それはどんな片思いなのか。

今回はそんな諦めた方がいいと思われる片思いについてご紹介します。

パートナーがいる

家族

片思いとは皮肉なもので、フリーの男性のことを好きになるとは限りません。

彼女がいる男性のことを好きになってしまうことだって、少なくありません。

また中には妻子持ちの男性を好きになってしまう女性もいます。

片思いに突入する前に相手がいることを知っていれば、辛くなる前に自分にブレーキをかけることもできますが、中には片思いの最中に初めて知ってしまうというケースだって、少なくありません。

相手がいる人を好きになっても、その片思いが両想いに変わることは少ない、と普段であれば冷静に考えることが出来ますが、恋は盲目です。

片思いをしていると、僅かばかりの可能性を信じて続けてしまうのです。

諦めた方がいいと頭では分かっていても、心はなかなかそれを受け入れてくれません。

そして残酷にも、気を持たせるようなことを言う男性がいるのが事実。

「彼女とは別れるから待ってて。」

「奥さんとの関係はもう終わってるようなものだから。」

などと、諦めかけていた片思いを再熱させるようなことを平気で言ってくるのも、彼らの作戦なのかもしれません。

しかしやはり、パートナーのいる人への片思いは叶わないものだと、きちんと割り切りましょう。

既婚男性への片思いはズバリ時間の無駄です。

あなたが片思いで悩み苦しんでいる間にも、彼は家族との時間を育てています。

万一別れてあなたと一緒になると言ったとしても、それはほぼ嘘です。

本気であれば行動しているはずですから。

そのような言葉を簡単に信じてはいけません。

また彼女持ちの人への片思いも、諦めた方がいいかもしれませんね。

なぜなら、もし片思いが実り両想いになったとしても、彼は同じことを繰り返すからです。

大切な彼女を傷付けてまで、他の女の子と一緒になろうとする男だからです。

略奪愛もありますが、略奪したほうは、今度は略奪される恐怖に怯えることとなるのです。

あなたの彼氏になったとしても、また他の女の子へ行くためにあなたと別れようとする可能性大。

パートナーのいる人への片思いは、あなたにとってリスクを負うものになりかねません。

あなたを苦しめるような片思いにははやくさよならして、あなたを幸せにしてくれる人を見つけましょう。

楽しさを見失っている

線路

片思いというのはつらい気持ちと、楽しい気持ちがクルクルと回っているものです。

片思いの相手と話すことが出来ればその日一日はハッピーですが、他の女の子と話しているのを見ただけで、ドーンと落ち込んでしまったり。

メールのやりとりがたくさんできたー♪と喜んでみては返事が来ないと落ち込んでみたり…

片思いの相手の行動に、一喜一憂するものです。

しかし中にはそんな片思いの楽しさを見失い、辛さだけを感じている人もいます。

そんな片思いは諦めた方がいいでしょう。

楽しさがない片思いというのはつまり、あなたを苦しめる存在です。

そんな相手といざ両想いになったとしても、あなたは楽しめるのでしょうか?

確かに諦めずに思い続ければ、いつかは叶うかもしれないじゃない!という気持ちはわかります。

でも叶う前に、あなたの心が壊れてしまいませんか?

片思いの時の楽しさは、両想いになればきっと2倍にも3倍にもなります。

でも片思いの時点で楽しさがゼロであれば、ゼロに2をかけても3をかけてもゼロですよね?

今片思いをしていて楽しいことって思いつきますか?

もし思いつかないのであれば、もしかしたらその片思いは諦めるべき片思いなのかもしれません。

恋とは人をウキウキさせてくれるもの。

それは両思いだろうが、片思いだろうが同じことです。

恋によるウキウキや楽しさを感じられないのであればそれは恋ではなく、ただ意地になっているだけなのかもしれません。

好きではなく意地なら、早急にその恋を諦めた方がいいと思いますよ!

エッチはしている

眠

片思い中だけど、身体の関係を持っている人も少なくないかもしれません。

特に付き合うわけではないけど、私は好きだし、エッチをして幸せを感じているからそれでいいの。

そんな風に思っている人は今すぐやめてください。

きっと相手の男性は、あなたと付き合う気はないはずです。

だって付き合う必要がないから。

やることはやっているわけで、今更恋人同士になる必要もない。

恋人同士になれば相手のことを大切にしなければならないし、他の女の子とも遊べなくなります。

しかし現時点で体の関係を持っているとすれば、そんな面倒なことはする必要がないのです。

もし相手の男性が本気であれば、きちんと付き合おうとしてくれるはずです。

片思いの間にエッチをしてしまうと、そこから先はないも同然、諦めた方がいいです。

それが二人のゴールです。

それ以上はありません。

ですのでこの先片思いを続けても、きっと両想いになることはないはずです。

彼のエッチに愛を感じるという人は、きちんと彼に聞いてみましょう。

「私たち付き合ってる?」と。

こういうことはきちんと言葉を使って、はっきりさせるべきです。

もしそこで「え?」と言われてしまった場合には、諦めた方がいいです。

そのまま片思いを続けていても、あなたがなり下がるだけですから。

もっと自分のことを大切にしましょうね!

断られている

ぼやけ

片思いに終止符を打とうと、勇気を出して告白する女子ってとっても素敵です♡

しかし、残念ながら断られてしまう場合もあります。

そうなると、とても辛い。

しかし、簡単に気持ちを切り替えることもできないのが、恋というものです。

諦めきれず、いつか彼が振り向いてくれるんじゃないか、と片思いを続けてみますよね。

しかし、実はその片思いが実る可能性はとても低いのです。

一度断られているのに諦めず、片思いを続ける…

それどころか前にも増して猛アピールをしているとなると、あなたの印象は悪くなる一方です。

相手の男性にしつこいなと思われてしまっては、元も子もありません。

付き合ったとしても束縛がすごそうだな…などと勘繰られてしまうことだってあります。

完全に嫌われてしまう前に、諦めた方がいいでしょう。

そう簡単に相手への気持ちを消すことは出来ませんが、一度お断りをされた場合にはいったん落ち着いて考えましょうね。

決して意地になって何度もアタックしてはいけません!

これは完全に逆効果になりますので、本当に気を付けてください!

すぐには消えない片思いの気持ちも、時間が立てばきっと綺麗に思い出になっていくはずです。

思いつめたりもせずに、時間とともに思い出にしていきましょう。

これからこの恋をどうしていけばいいのか悩んでいるなら

一度好きになってしまうと、気持ちをなかったことにするのはできませんよね。 このままではいけないとはわかっている…それでも好きでどうしようもないから困っているんですよね。

何とかしてこの状況を変えたいと思うなら、占いに頼ってみるのもおすすめです。 占いなら、他でもないあなたとお相手のことだけに焦点を当てて、答えをもらうことができるからです。

対面で聞くのはちょっと…と思うなら、電話占いがおすすめです。

あなたの好きな場所で、顔バレもせずに誰にも秘密で相談することができますよ。

片思いは楽しいものです。

いかがでしたか?

諦めた方がいい片思いについてご紹介しました。

片思いは何度も言っているように、辛くもありますが楽しいものでもあります。

大切なのは片思いをしていて楽しいか、ということです。

恋をして楽しさを感じられることは、あなたにとってはプラスの影響を及ぼします。

しかし、パートナーのいる人が相手の場合は除きますよ。

楽しさを感じ、それがあなたにとってもモチベーションとなっているのであれば、諦めた方がいいなんて言いません。

しかし楽しさよりもつらさが勝ってしまったとき、その片思いはあなたにマイナスの影響を与えることとなります。

ですので、そうなったときにはきっぱりと諦めた方があなたのため。

恋をする楽しさが感じられるかどうか、これこそが諦めるべきかどうかの境目です。

女性は恋をすることできれいになれます。

それには恋の楽しさが関係しているから。

綺麗になれる恋を、しましょうね♥

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事