うまくいかない復縁のきっかけ。この理由で復縁したらまた破局?!

モコ

あなたは復縁したことがありますか?そのきっかけはなんでしたか?運命の再会?それとも自分から連絡?その復縁がうまくいくかいかないか、それは復縁のきっかけに隠されていたんです!今回は復縁のきっかけについてご紹介します。うまくいかない復活愛の、驚きの傾向が露わに・・・。

その復縁のきっかけ、大丈夫??

あなたは復縁したことがありますか?

もししたことがある方は、その結果はどうでしたか?

その彼とまたうまくいきましたか?

質問ばかりですみません(笑)

今回は復縁について書いていこうと思うのですが、復縁に関して質問していくと、結構両極端な返事が返ってきます。

うまくいった人もいれば、やっぱりダメだった!なんていう人もいます。

復縁してもダメだった人とうまくいった人、その勝因と敗因はどこにあったんでしょう。

話を聞いているうちに、両極端の中でも少しは見えてくることもありました。

それは復縁しようとしたきっかけです。

ちゃんと今から詳しく説明しますので、ぜひ読んでみてくださいね♪

どうして復縁しようとするの?


復縁なんてありえない!

一度別れた彼氏とまた付き合うなんて絶対嫌!!

と最初から元彼を圏外にしちゃう方も少なくありませんが、ある一定の方は、しっかりした理由を基に、復縁はきっかけさえあればあり!と思っているんです。

その復縁推奨派の多くの方は、

・一度付き合っていたから、気楽

・一度失敗しているから、対策しやすい

という理由を教えてくれます。

すごくわかります。

言い方は悪いかもしれませんが、知ってる仲なら手っ取り早い!ということです♪

この理由を聞くだけなら、たしかに良いかも!と思えるし、これならうまくいく方が多いんじゃないの?と思ってしまいます。

でも、ここからが本題!

こんな良い理由があるのに、どうして復縁がうまくいかない方も出てきてしまうのでしょうか?

それは今回のメインの復縁のきっかけに原因があったのです。

そのきっかけは、

・寂しくて連絡したのがきっかけ

・ふと再会したのがきっかけ

・彼女ができたと知ったのがきっかけ

この3つがきっかけになった復縁は、ちょっと気をつけた方がいいかもしれません。

それでは詳しくお話ししていきますね♪

うまくいかない復縁のきっかけ1:寂しくて連絡したのがきっかけ


1つ目のうまくいかない復縁のきっかけは、『寂しくて連絡したのがきっかけ』です。

これはすごく求めちゃう気持ちもわかるし、失敗しやすい理由もわかりますよね。

そう、このきっかけから復縁してもうまくいかないのは、『元彼の手っ取り早さを利用したあなた自身の弱さ』が根底にあるからです。

寂しい。誰でもいいから近くにいてくれないかな・・・でもできるなら知ってる人がいい。

と元彼が候補に上がってきてしまうんです。

その気持ちは痛いほどわかります。

だって付き合ってた時は全てをさらけ出していたわけで、なかなか全てをさらけ出せる相手っていないので、良くないことはわかっていても、重宝してしまうんです。

どうしても求めてしまう方に試してほしい対処法は、『デジタルなものから離れてみること』です。

寂しいけれど、元彼に連絡してはダメ!

それなら物理的に携帯、スマホに触れないようにしましょう。

寂しい時、すぐに連絡が取れるものが近くにあると、それだけでそこに逃げたくなっちゃうんです。

ちょっと前に、フェイスブックやツイッターが原因で鬱になる人が急増したと、話題になったのを覚えていますか?

みんなが楽しそうにしているのに、自分だけ孤独・・・と感じてしまう症状です。

今や携帯やスマホ自体にも同じ危険性があるので、便利な反面、気をつけなければなりません。

うまくいかない復縁のきっかけ2:ふと再会したのがきっかけ


2つ目のうまくいかない復縁のきっかけは、『ふと再会したのがきっかけ』です。

えっ?これってドラマでよくある復縁のパターンじゃないの?と思われる方もたくさんいると思います。

でも、このきっかけも注意が必要なんです。

このきっかけの良くない所は、『勝手に良いとこフィルタリングをしてしまう』ことなんです。

先ほど、ドラマでよくあるパターンだと言いましたが、想像できた方はどれぐらいいるでしょうか?

そのドラマのイメージ、当たり前の復縁パターン、運命の再会、なんて思っている時点で、実はマイナスデータが消えてしまうんです。

ふと再会しただけでドキッとしたり、いろいろとポジティブに考えてしまうことで、一種の興奮状態に陥るので、元彼をフラットに見ることができなくなってしまうんです。

再会した元彼は、少しスラッとして、前より大人っぽくなって、どこか深みのある印象がした・・・。

なんて小説やドラマでくさ〜いナレーションが入っていますが、騙されちゃダメですよ!

あれはフィクションです!

元彼は何があっても元彼ですよ!

本当に気をつけて頂きたい!!

これで復縁なんてしちゃったら、なんか付き合ってみたらうまくいかな。

なんていう、初めて付き合った時と同じような失敗を繰り返しちゃいますよ!!

そして、ぜひ使って欲しい対処法は、『元彼採点表』です。

知っている限りの元彼の情報を書き出してみるんです。

良いところ、悪いところ、好きなところ、嫌いなところなど、脳内で完結してはダメです!

人間の脳は都合よくできちゃっているので、アウトプットしないとなかなか受け入れられません。

いざ書き始めると、書く、腕を使うという運動で、今までとは違う神経が刺激され、記憶がしっかりと戻ってきます。

そして、冷静に書き出した内容を見てみましょう。

「あっ。この人無理だ。」・・・(笑)

うまくいかない復縁のきっかけ3:彼女ができたと知ったのがきっかけ


3つ目のうまくいかない復縁のきっかけは、『彼女ができたと知ったのがきっかけ』です。

これもかなり注意が必要なきっかけです。

友人と食事をしていたら、「そういえば○○、彼女できたらしいよ」と元彼の情報が。

その情報がきっかけとなり、自分としてはおめでとうメールでもしようかと連絡してみることに。

そこからいろいろ、・・・いろいろとあり復縁することに。

これは典型的で、復縁しても絶対にうまくいかない、まずいきっかけです。

元彼も元彼ですが、原因は自分にありますよ!

良くない所は、もうおわかりでしょうが、『ただの独占欲』です。

奪うつもりなんてなかったけど、彼が復縁したいって言ってくれて!と高笑いしている様子が想像できます。

この場合、あなたは彼と付き合いたいことよりも、彼女から奪いたい。まだ私のもの!というアピールをしたい場合が多いです。

そして、いざ復縁したら、あなたの目的は達成されてしまうので、そこでやっと冷静になって、「なんで復縁しちゃったんだろう」と後悔する人もいるほど。

こんな形で復縁して、うまくいかないのは当たり前です。

対処法は、簡単なのは元彼の情報を耳に入れないことなのですが、『連絡先を消す』ことも簡単ですし有効です。

そもそも自分にとって必要ではない、関わる必要がないなら、連絡先を消して、独占欲のぶつけ先を断つことで諦めることができます。

新しい彼氏を作るのも方法ですが、それには時間もかかるので、素早くできるこの対処法をお試しください。

まとめ

いかがでしたか?

まさか復縁がうまくいく、うまくいかないはその復縁のきっかけにあったなんて・・・!

復縁しようと思った瞬間から、復縁後の恋愛がどうなるかわかるのです。

私も、いろんな方に復縁について聞いているうちに、ふと気付いた傾向だったので驚きました。

でも、冷静に聞いてみるとしっくりきますよね。

邪念というかなんというか、感情が入り乱れてて、そりゃうまくいかないよ!と言いたくなるものもありましたよね!(笑)

元彼という存在ではなく、元彼だったあの人の性格や相性をしっかりと判断して、邪念なく自分から求める、もしくは求められる復縁なら、きっとうまくいくのだと思います。

もしあなた自身が復縁したい時や、周りに復縁しそうな人がいたら、ぜひこのコラムを思い出して、自分や友人に問いかけてみてください。

合言葉は、「その復縁のきっかけ、大丈夫?」です♪

「うまくいかない復縁のきっかけ。この理由で復縁したらまた破局?!」を読んだ人に人気の記事
今決断のとき。この片思いに終止符を打つタイミングとはいつ?ダラダラと片思いを続けても意味がない。分かっていても「片思いのままでもいいの!」なんて思ってしまうんですよね。しかし片思いに終止符を打った方が良いこともあるんです。片思いに終止符を打つべきタイミングを理解しておけば、自分の気持ちを整理して潔く片思いを諦めることができるかもしれませんよ。
【フラれた】辛い失恋を乗り越えられる前向き曲6選で顔をあげて!辛い失恋をしてしまった時は何もする気が起きないし、失恋ソングを聞いては好きだった人を思い出して涙してしまうのではないでしょうか?でもいつまでも辛い失恋を思い出していてはいけません。思いきり泣いた後は、辛い失恋を乗り越えられる明るい歌を聴きましょう!
諦めないで!彼と前より良い関係になれる復縁方法があるんです!大切な彼との破局。でも納得できない!どうせ復縁するなら、別れる前の関係よりもさらに絆を深められる方法が理想的です。そこで、そんな彼の心を取戻し、より良い関係を築いていくためにおすすめの復縁方法をご紹介します!

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事