LINEで告白された!気持ちは本物?返事をする前に考えたい5点

mimi

男性からの告白にはどんな相手でもドキッとしてしまうもの。しかしその告白がLINEでの告白の場合は、返事をする前に考えておきたいことがあります!告白の方法としては珍しくないLINEでの告白ですが、対面での告白とは違う問題点もあり…?もしもLINEで告白をされたら相手の気持ちをちょっと考えてみましょう!

LINEで告白された!…返事はちょっと待って!


LINEでの告白も最近では珍しくないこと。

とくに若い世代では多い告白方法とも言えます。

しかし数ある告白方法の中でも、あえてLINEでの告白を選んだ彼。

その気持ちの裏にある本音とは?

気持ちをそのまま受け止める前に、ちょっと考えてから返事をしませんか?

LINEで告白①軽い気持ちで告白をしている可能性がある


気軽に告白をすることができるLINEだけに、本気度が良く分からない人は多いと思います。

実際にLINEでの告白の場合、軽い気持ちで告白をしている可能性も高いんです。


LINEで告白をするということ自体は、決して難しいことではありません。

もちろん本気で片思いしている相手に告白するとなれば、たとえLINEでも簡単に告白はできないでしょう。

どんな告白の文章を送れば良いか相当迷い、メッセージを送信することにも躊躇するはず。

しかしこれは″本気の告白″だからです。

もしもそこまで本気ではない相手だとしたら、どうでしょうか?

適当な告白文を考えて、メッセージを送信するだけで告白することができるのです。


実際に顔を合わせるわけではないので、特別緊張することもありませんよね。

それこそ断られたとしても、ダメージもさほど大きくはありません。

文章だけのことなので「冗談だよ」「嘘だって」と、告白そのものを誤魔化すこともできるんですね。

つまりそこまで本気の相手でなくても、軽い気持ちで告白を試してみることができるんです。

LINEでの告白が一大決心の告白かというと、疑問が浮かぶ点も多いということ。

真面目に返事をすると、かえって恥ずかしい目に合うかもしれません・・・。

LINEの告白で怖いのは、相手の表情が見えないことです。

直接会っての告白なら、相手がどれだけ真剣なのか、よほどの演技派でもない限り、表情から読み取ることができてしまいますよね。

電話での告白の場合でも、声色などから、真剣さが伝わってきたりするものです。

同じ文字で気持ちを伝える方法でも、手紙なら使われた紙、文字、文面などから、ある程度、真剣さが伝わってくることもあるでしょう。

ですが、LINEでの告白では、表情も声色も知ることができません。

デジタルの文字ですから、そこにどんな気持ちが込められているのか、知るのも難しいですね。

スマホの画面の向こうでは、ふざけて笑っている男性がいるかもしれないのです。

そこに真剣な返事をしてしまうと、かえってバカにされかねないですよね。


文面だけでは、相手がどれだけ真剣なのか、知るのはとても難しいことなのです。

もしかすると、LINEの告白の場合、スマホ画面の向こうにいるのは本人ではないという可能性だってあります。

「友達がふざけて送った」なんてことだって、無いとは言い切れません。

もしそうなら、告白に喜んだ分、真剣に考えて返事をした分、ショックも大きくなってしまいますよね。

そんな風に、女の子の気持ちをもてあそんでしまう相手が、LINEで告白してきているということもあり得ます。

相手の男性に少しでも気持ちがある場合や、真面目に恋したい女性の場合は、たとえLINEの告白であっても、一生懸命考えて真剣な返事をしようとすることでしょう。

そんな真剣な返事が、表情の見えないスマホの向こうの相手に嘲笑されていると思うと、耐えられないですね。

とても悲しいことですが、そんな風に気持ちをもてあそんだり、恋心をからかうことで楽しんでいる男性というのも、実在しているのです。

LINEでの告白は、そんな「遊びでの告白」にも用いられる可能性が高いものなので、返信には特に気を付けなければなりません。


2012年に大騒動を巻き起こしたSNS事件をご存知ですか?

アメリカのノートルダム大学に通う優秀なアメリカン・フットボールの選手マンタイ・テオの事件と言えば、思い当たる人もいるでしょう。

彼は現在NFL(National Football League)で活躍していますが、なかなかシュールというか想像を絶する体験をしています。

彼には大学当時、美しい彼女がいました。

名はリネイ・ケクーア。

カリフォルニアの大学生でした。

彼女との出会いは確かLINEではなく、Facebookだったと思います。

いずれにしてもSNSで出会って意気投合。

どちらが告白したのか、いつしか恋人関係に。


でも遠距離恋愛の2人が直接会うことは難しく、1度も会えないままに交際は深まっていきます。

オンライン上で画像と文章だけの交際です。

電話もかかってきたことがありました。

「私に何があっても試合に出て。プレイして。」

そんな言葉を残して彼女は亡くなってしまうのです。

死因は白血病。

彼女から闘病中であるという告白をされてから、彼とチーム・メイトたちは彼女のために奮闘。

その活躍で素晴らしい成績を収めてきたのでした。

この感動の物語は、当時アメリカ中を席巻しました。


ところが!

感動物語はすべて虚構。

リネイ・ケクーアという女性も実在していなかったのです。

アメリカン・フットボールに挫折したロネイアという男性が、リネイに成りすましていたのです。

画像は高校時代の同級生のもので、電話したときはボイス・チェンジャーを使っていたそうです。

悪質ないたずらではありますが金銭目的ではなかったため、ロネイアが罪に問われることはなかったそうです。

でもオンライン上だけで成立している関係というのは不安ですね!?

FacebookにしろLINEにしろ手軽なだけに、成りすましも容易ということでしょう。


セキュリティーの心配もあります。

タレントのベッキーさんとゲスの極み乙女の川谷 絵音(かわたに えのん)さんのLINEでのやりとりが流失したなどという報道も以前ありましたね。

個人情報はLINEでやり取りしないというのは鉄則ですし、LINEに限らずネットを利用すれば必ず情報は洩れるのです。

それを考えれば、大切な人への大事な告白をLINEで済まそうなどと考える時点で疑問符が付きませんか?

告白者は、ほんとうにあなたを大切に思っているのでしょうか?

軽い気持ちで送ってしまった画像は、オンライン上にいつまでも残り続け、悪用され続けるケースが後を絶たないとか。

自動的に画像が消えてしまうアプリ、スナップ・チャットを使ったとしても、オンラインから完全に消滅することはありません。

必ず復元できてしまいますし、必ず情報は洩れるのです。


ほんとうに大切なこと、告白はやはり対面して直接話す方がよいのではないでしょうか?

スマホの向こうにいる男性が、一体、何を考え、どのくらいの真剣さを込めて告白の文章を送ってきているのか、よく考えましょう。

一体どんな状況で告白をしてきているのか確かめるために、あえてLINEで返事をせずに、電話をかけたり、家に押しかけてみるのも良いかもしれません。

声や表情を見ながら、改めて真剣に告白してくれる相手だということを確かめて、そこでようやく返事をするのが正解です。

「軽い気持ち」での付き合いになってしまわないように、自分を大切にするためにも、LINEの告白に舞い上がって即レス、というのは控えましょう。

LINEで告白②チャラ男の場合「数打ちゃ当たる」精神の場合も!


LINEでの告白を、都合よく利用している男性もいます。

LINEで告白をすること自体は簡単なことなので、数打ちゃ当たる精神で告白をするチャラ男も多いということ!

LINE上であれば同時進行で、女性とイイ感じにLINEをすることもできますし、「いいな」と思う女性に、次々にLINEで告白することも難しくありません。

この告白がダメなら次!といろいろな女性に告白をしていれば、上手く付き合える女性がいてもおかしくありませんよね。


このように気軽に告白ができるLINEだからこそ、いろいろな女性に告白をしている男性もいるということを忘れないで。

いかにもLINEでの告白が慣れているような男性や、告白の返事がNOでもあまりダメージを受けていないような男性の場合、LINEでの告白も珍しいことではないのでしょう。

見るからに奥手な男性には見えない遊び人風の男性ならば、直接告白する勇気がない…なんてことも考えられませんよね。

LINEを利用して女探しをしていると思って正解!

告白されたからといって、むやみに信用しないことが大切ですよ。

LINEで告白③もしも奥手すぎる男性だったら…?


LINEで自分の気持ちを伝えるのは簡単なことです。

文章力さえあれば、本来ならば言えないようなことさえ言うことができます。

LINEの文章だけならば、とってもカッコイイことも言えますし、聞いていて恥ずかしくなるような言葉で、女性をキュンとさせることだってできます。

本人を見ると「とてもそんなことを言いそうもないのに…!」なんて人ですら、LINEの告白では素敵なセリフを言っているかもしれません。


つまりLINEでの告白と、その人本人は″別物″と考えた方が良いケースも多いのです。

LINEでは積極的な告白をしてきた男性も、実際は凄く奥手な男性の可能性はありえます。

むしろ本当に積極的な男性であれば、LINEではなく直接告白をする手段を考えるでしょう。


LINEで告白することを考えた時点で、もしかすると消極的な男性なのかもしれないと考えておくのが正解◎

LINEでの男らしい告白にOKの返事をしたものの、いざ付き合ってみたら消極的すぎてがっかり!なんてことになる可能性も…。

返事をしたあとに、LINEと現実とのギャップにびっくりしてしまわないようにしたいですね。

LINEで告白④「付き合う」実感が湧かないかも!


LINEでの告白は文章だけの告白です。

告白をOKして付き合うとなっても、それも文章だけのやりとり。

そんな状況に対して、付き合う実感が湧かない可能性が考えられます。

文章のやりとり上は付き合っているという関係性になっていても、実際に口にしていないので「本当に付き合っているのかな」と不安になりやすいんですね。

相手の告白に重みを感じないように、告白の返事にも重みを感じないのがLINEでの告白です。


どんなに本人達は真剣な気持ちでも、どうしても軽いやりとりに思えてしまうんですね。

LINEの告白で付き合うという形になっても、その後どのように二人の関係を発展させたら良いのか、分からなくなってしまうことも。

「付き合う」といっても、結局はLINEのやりとり中心のお付き合いになってしまう可能性があるのです。

学生同士の恋愛に多いのが、このパターンですね。

付き合うといっても″形だけ″で、本気で付き合っているような感じもしないまま、自然消滅…なんてケースもありえるということ。

お互いに奥手な性格だったりすると、本当にLINEのやりとりをするだけで、ろくにデートもしないまま終わってしまう!なんてこともあります。

ちゃんと付き合っていると実感するためには、LINEでの告白のやりとりだけでは弱いのかもしれません。

この場合は、別の項目でも述べますが、返事を保留にして、直接会ってもう一度言ってほしいとお願いしてみるといいかもしれません。

彼から直接気持ちを聞くことができますし、あなたも真剣に返事をすることができますよ!

LINEで告白⑤この手の話は昔からあった!?メッセージ交換型アプリにも注意!


LINEで告白、いかにも現代的な話ですね。

しかし、実はこの手の話は、電話が普及しだしてからは形を変えて話題になり続けていたものなのです(平安時代などは文通が多かったようですが笑)。

昔は、「電話での告白は信用できない」や「メールでの告白は信用できない」など、結局現代のLINE告白と同じようなことが言われていたのです。


メールやLINEでの告白は勇気がいらないとまでは言いませんが、さほど勇気の必要な行為ではありません。

電話での告白は、相手からの生の返事を聞かなくてはいけない分、少しだけ勇気のいる行為になります。

一番勇気がいるのは対面での告白です。

「緊張で言葉が出てこなかったらどうしよう。。。」「嫌な顔をされたらどうしよう。。。」、そんな気持ちになりながらもしっかりと自分の気持ちを伝える必要があるからです。

古今東西、女性は覚悟と勇気を持って対面で愛の告白をしてもらいたいと思っている、そんなところは変わっていないようですね。


電話やメールなど、様々な昔話をしましたが、結局はLINEで告白をしてきた彼との現在の関係次第でしょう。

職場の同僚や学生時代からの友達など、頻繁に会っていて相手の気持ちがしっかりとわかるのであれば、LINEでの告白も許せるのではないでしょうか。

裏を返せば、友達の紹介でLINEのIDを知り数通メッセージを交しただけなど、相手のことをしっかりと理解できていない段階でのLINEによる告白はNGでしょう。

LINEで相手の雰囲気を知り、好きになってしまった。

そんなことがないとは断言できませんが、あまり信用しないほうがいいでしょう。


また、巷では、Pairs(ペアーズ)などに代表される、いわゆる「メッセージ交換型出会い系アプリ」が人気を博しています。

昔流行ったいわゆる「出会い系」とよばれる少し怪しいツールに比べ、真剣に恋人候補の人間を探している人が利用しているようですが、油断は大敵です。

facebookの顔写真や、充実のプロフィール欄を見て、すぐにその人を信用してはいけません。

女性を口説くためのPairs(ペアーズ)講座などもあり、女性は注意が必要です。


LINEでは口が上手くて、実際に会ってみる…。

そんなことはいやですよね。

「メッセージ交換型出会い系アプリ」が人気の今だからこそ、気軽なLINE告白と遭遇することも多いはずです。

相手を知り、時間を共有し、その上で返事ができたらお互いにとっていいですね!

LINEで告白よりも直接言ってもらうようにするのが正解◎


LINEでの告白が悪い!というわけでは決してありません。

気持ちを伝えやすいという点を踏まえても、LINEでの告白はアリだと思います。


しかしLINEで告白されたからといって、単に浮かれているだけではダメ!

いまいち信用性や本気度が分かりにくいLINEだからこそ、LINEの告白だけで終わりにしてしまってはダメなんです。

一番良いのはLINEの告白だけで満足せずに、相手にちゃんと直接想いを伝えてもらうことです。

「ちゃんと会って想いを伝えて欲しい」と相手に伝えてみましょう。


最初はLINEでの告白だとしても、その後ちゃんと直接言葉で気持ちを伝えてもらえれば、相手の本気度もちゃんと分かります。

OKの返事をするにしても、お互いに付き合うことになった実感が湧くことでしょう。

「直接言うのはちょっと…」なんて男性ならば、たとえ付き合ったとしてもろくに進展も望めないはず。

本気で告白をしてくれているなら、頼めばちゃんと直接気持ちを伝えてくれるはずです。

LINEでの告白をいかに現実的にするかが、LINEでの告白から恋愛関係に発展するために一番大切なことなんですね。

LINEでの告白を非現実的な告白として終わらせてしまわないように、ちゃんと自分の耳で相手の気持ちを聞きたいところです。

LINEで告白されたら…いかがでしたか?

たとえLINEでの告白であっても、告白は告白。

好きだという気持ちを伝えられれば、素直に嬉しいという気持ちが一番に来ると思います。

しかしそこで浮かれて気軽に返事をしては、もちろんダメ!

気軽にできるLINEでの告白だからこそ、相手の気持ちを慎重に考える必要があるんですね。

実際に本気の告白ばかりではないのが、LINEでの告白の難点です。


最近では、中学生の間で、恋愛感情がないのにLINEを使って嘘の告白をする「ウソ告」というものが流行っているそうです。

これは、友達間の罰ゲームやウソ告をする人に対する、からかい目的で流行っているみたいですが、もしあなたに告白してきた男性もこのウソ告だとしたらどうですか?

最悪の場合、人間不信にまでなってしまいそうですよね。

こんなものが流行ること自体どうかしてますが、LINEという手軽に気軽に使えるツールだからこそなのかもしれませんね。

安易に信用してOKの返事をしてしまい、後から「騙された!」なんてことにならないように、気を付けたいですね。


LINEで告白された場合には、相手がどんなつもりで告白したのかを、よく考えるようにしましょう。

LINEでの告白だけでなく、相手に直接告白してもらうようにお願いするのが一番です。

本気であなたのことを想ってくれている相手なら、恥ずかしくても自信がなくても直接伝えてくれるはずです。

相手の本心がわからなければ、会って伝えてもらうようにしましょう。

「LINEで告白された!気持ちは本物?返事をする前に考えたい5点」を読んだ人に人気の記事
LINEも既読スルー、彼氏からの放置プレイにアナタができること彼氏がLINEも既読スルー、電話をかけても出てくれない・・・こんな所謂、放置プレイ状況が続いている時、どうすれば良いでしょうか?彼氏の放置プレイに、あなたの心が揺れているなら、これからのこともちゃんと考えた方が良いかもですよ。
モテない女かどうかは、好きな人とのLINEのやりとりで分かる!好きな人とのLINEのやりとりって大事なこと!それなのにそんなLINEでチャンスを逃しちゃってる女性も多いんですよね。今回は、好きな人とのLINEのやりとりで分かるモテない女がついしちゃうことを紹介!あなたもこんなこと、好きな人とのLINEでしてしまっていませんか…?
好きな人とLINEするには?接点のない彼とLINEで繋がる方法好きな人とLINEがしたい!そんな風に思っていても、好きな人との接点がなければなかなかLINEを聞き出すことが難しいです。しかし接点がないからこそ、LINEをすることができれば好きな人と親しくなれる可能性も…!今回は、接点のない彼とLINEで繋がる方法を紹介♡

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント1件

  • 1 :toya 2017/04/06

    今晩は。私は、北海道虻田郡洞爺湖温泉に住んで居る、年齢43歳の男性です。私は、真剣に本気で、自分とお付き合いして下さる、お付き合いして頂ける女性の方を探しております。出来れば、HOTEL業界勤務、飲食店業界勤務の方で御願い致します。

    通報

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事