重い嫉妬なんてしたくない。嫉妬をコントロールして楽に恋する方法

たんぽぽ

嫉妬心に振り回されて困っている方は多いのではないでしょうか。恋をすると、どうしても今まで抱かなかった感情が溢れてきて、自分でもコントロールできなくなってしまうのが普通です。そんなとき、自分にも相手にもストレスになる嫉妬心を抑える方法をまとめました♪

<こんなことありませんか?>

彼氏や好きな人ができた途端、彼のことが気になって、仕事が手につかない。

どこにいても何をしていても彼のことを考えてしまう。

考えるだけならまだしも、少し連絡が途絶えただけで「どこで何してるの?他の女の子と会っているんじゃないの?」とか、少し女性の名前が出ただけで「その人とどういう関係なの?好きなの?」とか。

SNSなどの写真で女性が写っていたり、コメントしたりしていると、すごく気になって眠れなくなってしまう。

こんな症状は、程度の差はあれ誰にでもあると思います。

しかし、こんな嫉妬心、持ってしまう自分もつらいし、本当は持ちたくないはずです。

彼にぶつけてしまったら、喧嘩や別れに発展する可能性も大。

そうです!嫉妬心こそ恋愛感情の証しですが、恋愛関係を壊す最大の原因でもあるのです。

なので、できるだけ自分の嫉妬心と戦って、うまくコントロールすることが、恋愛成功の秘訣にもなります。

なぜ嫉妬心が芽生えるのか


まず、男性と女性では性から来る本能が違うので、嫉妬心が芽生えるのは当然です。

男性は一人でも多くの子孫(自分の遺伝子)を残したい性なので、たくさんの女性と関わりたいと思っています。

反対に女性は、子供を身ごもると、10ヶ月動けず、その後も子育てをしなければならないので、相手の男性にはそのこのためにお金や愛情を注いでもらわないと本能的に困ります。

なので、他の女に興味を持ってしまう男性を、どうにか自分から興味を逃さないように、捕まえておこうとします。

その本能ゆえに生まれるのが嫉妬心です。

これは生物学的な精子と卵子の数の差でも明らかで、沢山の精子をばらまきたい男性の性と、1つの卵子を守りたい女性の性の違いです。

しかし、そうやって縛られそうになればなるほど、ストレスを感じるのも男性の特徴なので、そこが恋愛の難しいところなのですね。

私たちが今からコントロールしようとしているのは、本能からくる感情です。

並大抵のことじゃコントロールできないのは、分かりますよね?

それでも、少しでもこの嫉妬を抑えたいと思うのであれば、続きを読んでみてください!

嫉妬することのデメリット


嫉妬心が芽生えると、次のようなデメリットが生まれます。

・相手を信じられなくなり、いちいち勘ぐったり証拠を求めてしまう。

 →疑われる相手もうんざりしたり、不必要に嘘を沢山つくようになってしまいます。

・連絡が来ない間が不安になり、必要以上に連絡を送り続けてしまう。

 →仕事中など、忙しい時に立て続きに連絡が来ると、プレッシャーを感じ、仕事を邪魔する者と捉えられてしまいます。

・彼の周りの女友達に冷たくしてしまう。

 →恋愛よりも友情を取る人もいるので 冷たくした相手が彼の大切な親友だった場合、自分の方が切られてしまう可能性があります。

・自分自身に大きなストレスで、仕事が手につかない、彼に八つ当たりをしてしまう。

 →身に覚えのないことで八つ当たりされることが続くと、それを見逃してくれる心の広い人は多くないです。

また、「彼を取られるかもしれない」という嫉妬心以外に、あの子が羨ましいという嫉妬心もあります。

例えば、「あの子が彼氏と温泉旅行に行ったみただから、私も行きたい」「あの子が彼にこんなものを買ってもらったみたいだから、私も欲しい」など、心の中で無意識に誰かと競っていたり、それを実際彼に伝えてしまうこともデメリットです。

「この子は常に人より勝ってないと気が済まないんだな。俺の希望なんかより自分のことが大切なんだな」と思われてしまいます。

ですので、このような羨ましがる嫉妬心にも気を付けましょう。

嫉妬心をコントロールする方法


ではその厄介な嫉妬心をコントロールするには、一体どうすればいいのでしょう。

嫉妬は自分にとっても彼にとっても、心を悩ませる負の感情です。

なんとか害が及ぶ前に、自分の中でコントロールして、消化したいですよね(笑)

嫉妬をしないようにするのは大変難しいですが、嫉妬心を上手に昇華して、違うパワーに変えてみたりすると、上手くいくかもしれません。

具体的にどうすればいいのか、見てみましょう。

自分の仕事や趣味に没頭する




一番効果的なのは、彼のことを考える時間を減らせるように、他のことに没頭することです。

趣味でも仕事でも、女友達との遊びでもいいです。

自分が没頭できることが見つかれば、考える時間も減り、気にならなくなります。

これは比較的簡単な、嫉妬心のコントロール方法ですね。

逆に相手にしてくれなくなって、彼の方が構って欲しがったりしますよ(笑)

相手を信じる、直接聞く




相手を信じて、嫉妬心を抑えること、これが一番理想ですが、一番難しいです。

恋愛において相手を信じるということは、それなりの時間や経験が必要です。

どうしても信じきれなくなったら、勇気を出して直接聞いてみましょう。

しかし、初めから疑ってかかった喧嘩腰の質問の仕方は、絶対に禁物です。

「昨日の夜何してたの?なんで連絡くれなかったの?」「この女誰?」などは、少しの嫉妬なら可愛くも思われますが、度がすぎるとうんざりされます。

可愛らしく、落ち着いた雰囲気で、感情的にならず、明るく「素朴な疑問」という感じに聞いてみましょう。

「ねーねー、最近仕事遅いの?大丈夫?」など、彼を労う言葉を入れると、相手も嫌な気分にならず効果的です。

また、気になる女性がいる場合は「この人可愛いね、いいな私もこんな風になりたいな」などと言うと、「君の方が可愛いよ。」などと言ってくれて、安心するものです。

また、彼の周りの女友達について教えてもらうのもいいコントロール方法でしょう。

知らない女が周りにいるより、知っている女が周りにいる方が、まだ安心できませんか?

嫉妬心は「好きだから」だと自分自身で受け止め、相手にぶつけない


嫉妬心を抱くほど好きな人に出会えたということは、とても素晴らしいこと。

そしてその好きな人の恋人は、自分なのです。

そう思って、その感情を自分の中でコントロールし、相手にはぶつけないようにしましょう。

それでも気になる時は、女友達など、客観的に判断してもらえる相手に話して、すっきりしたり、意見をもらいましょう。

そうするとかなり冷静になれます。

男性と恋バナをして、男性の意見を聞いてみるのもいいですね。

人に話すことは、カウンセリング効果があります。

カウンセリングとは、何かアドバイスをもらうことが目的ではなく、「話すこと」自体が目的です。

ですので、人に話すだけで、自分の耳でも自分の話を聞き、再確認し、解決策が自分で見えてきたりします。

しかし、優しい相手だからといって、愚痴りまくるのはNG。

相手が不快になっていないか、相手の話も同じだけ聞けているかなど、最低限のマナーは気遣いましょう。

嫉妬心を抑える最大の方法は「自信」を持つこと


嫉妬心が出てからコントロールするのも大切ですが、嫉妬心を初めから抱かないことが自分自身にとっても一番楽な方法です。

嫉妬心をコントロールするための最大の方法は、自分自身に「自信」を持つことです。

他の女の人より優れているという自信があれば、他人に嫉妬することは減ります。

ではその自信はどうやったらつくのでしょうか。

実は自信は、結果よりも「努力している」ときに感じやすくなります。

仕事や趣味や美容や料理など、なんでもいいですが、努力していることで、満足感と自信が付きます。

自信があることでいちいち他人と比べたり、競ったりしなくなるのです。

そして、それを決定づける結果は、努力のあとに自然についてきます。

仕事で成功して出世したり、趣味で賞をとったり、綺麗だねと褒められるようになったり。

そうして、努力して成功している女性は、男性から見てもとても魅力的です。

キラキラとしていて、ポジティブパワーに包まれ、一緒にいて明るい気持ちになりますし、「この子は僕に依存し過ぎないだろうな」という安心感も与えます。

そうして彼にとって「特別な存在」になれば、彼も自然に嫉妬心を沸かせるような行動は取らなくなっていき(自分が捕まえておかないと他の男性に取られる可能性があるので)彼にも大事にされ、一石二鳥です!

彼の嫉妬をうまく使って恋をうまくいかせる方法


最後に、このやっかいな嫉妬心もうまく使って、彼の心をさらにつかむ方法もあります。

彼に定期的に、程よい嫉妬心を抱かせるのです。

嫉妬心=恋愛感情なので、マンネリしかけた彼の心を再び燃え上がらせることができます。

・自分からばかり連絡していたら、その連絡を減らす。(多く送ってピタッと止めて彼から来るのを待つ)

・SNSなどで他の男性との写真をUPする(やりすぎは禁物です。あくまで二人きりではなくグループで写ってるものにします)

 ・仕事の同僚や上司で男性の名前を出す。(褒めすぎたり、あまり頻繁に出すと逆効果です。あくまで仕事だけの関係という程で話をしましょう)

 ・「◯◯さんに言い寄られて困る」など他の男性に狙われていることをアピールする(あまり頻繁に言ったら逆効果です。喜んでいるのではなく、あくまで困っているように言いましょう)

 ・グループで一緒にいるときに他の男性と話す(あまり長く話さないように、彼の視線を感じたらすぐに彼を紹介したり、会話に招きましょう)

どうですか?

憎き嫉妬心も、うまくコントロールできれば、立派な恋の刺激になるのです♡

まずは自分の嫉妬心をコントロールして、その次に彼の嫉妬心をあおってしまいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

嫉妬心は恋愛をするうえで、必ずと言っていいほど生まれる感情です。

そのため、コントロールするのも大変ですよね。

でもきちんとその気持ちと向き合えば、黒い感情にも打ち勝つことができるのです。

恋のためなら嫉妬心だって利用しちゃいましょう♪

自分にも相手にもやっかいな「嫉妬心」をうまくコントロールして、自分磨きの糧にし、さらに愛される女になりたいですね!

「重い嫉妬なんてしたくない。嫉妬をコントロールして楽に恋する方法」を読んだ人に人気の記事
彼氏と話す女性に嫉妬しちゃう!嫉妬する気持ちを抑える方法自分の彼氏が女性と話したり、意図的ではなくとも触れ合ってしまった時…。イラっとしませんか?それって“嫉妬”“やきもち”ですよね。そんな嫉妬が原因で、彼氏と喧嘩してしまう事も多いのではないでしょうか?今回はそんな嫉妬する気持ちを抑える方法をまとめてみました!
モテる秘訣!適度な重さの女になる方法~脱【重たい女】への道はっきり言って重たい女は嫌われます。でもそっけなさすぎるのもNG!バランスを保ちながらつき合うために必要なことをご紹介します♪脱【重たい女】で彼氏はもっとあなたのことを好きになるかも。彼への依存が強いなど心当たりがあれば、実践しましょう!
妬くのは止められない!なら嫉妬心をコントロールする方法を学ぼう彼氏が他の女の人と仲良くしていたり、何かに打ち込んでいる姿を見た時に「ずるいな」などと思ったりしたことはありませんか?それは言うまでもなく「嫉妬」です。嫉妬はしすぎてしまうと彼氏に嫌われてしまう可能性があるので、自分の中で芽生えた嫉妬心を上手くコントロールする方法を今のうちに学びましょう!

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 「恋したい!」この気持ちが女性を綺麗にさせる理由って?

      恋って何?する意味あるの?最近恋したいと思う女性が減り、「恋離れ」が増えているのではないでしょうか?男との駆け引きがめんどくさい・・・。なんかめんどくさい!恋したいなんて思えない!そんなこと言わないでください。そんなあなたに贈る、恋がしたくなる理由をご紹介!

    • 何だか疲れちゃったなぁ。もう限界?片思いに疲れた時の対処法とは

      決して楽しいことばかりではない片思い。辛いなと思うこともあれば、もう片思いをしていることに疲れてしまったな…と思ってしまうこともありまよね。もう片思いをしているのも限界かな…なんて片思いに疲れを感じてしまったときには、こんな風に考えてみましょう。

    • また言ってるよ。。。恋人ができない人のダメ癖あるある5選!

      恋人ができない人には、共通点があります。「恋したい」「彼氏ほしい」と言っているのに「なぜやらない?」「なぜそうなる?」と、周りはその人に恋人ができない理由を分かっているものです。誰かその人に気づかせてあげてほしいものですが、なかなか言いにくい事もあると思います。