恋人たちの愛の試練「倦怠期」不満を上手に解消して新しい2人に!

まひる

最近なんだか恋人とうまくいってない…むしろ不満ばかり。それ、倦怠期かもしれません。倦怠期とは、長く一緒にいる夫婦や恋人同士には必ず訪れるといわれている、恋とは切っても切れない期間です。「別れの危機?」と必要以上に怖がらず、上手につきあっていきましょう。倦怠期を上手く乗り越えることができれば、ますます二人の仲が深まることもあるんですよ!

恋人に対する不満が次々と・・・倦怠期の到来

恋人同士にしても夫婦にしても、長く一緒にいれば気持ちは移りゆくものです。

恋人同士になってすぐは「ずっとラブラブでいたい!」と思うものですが、悲しいかな、そのときめきは持続するものではありません。

ドキドキとした高揚感が薄れ、だんだんと落ち着いた愛情へと変わってゆくわけですね。

しかし長い年月の間には、2人を試練が襲うことも。

そう、その一つが「倦怠期」です。

倦怠という言葉を辞書で引くと、「物事に飽きて嫌になること。飽き飽きすること」とあります。

つまり恋人間、夫婦間においては「相手に飽きてしまうこと、嫌になること」をさすわけですね。

これは何とも悲しい話です…。

今回は、恋人たちの試練「倦怠期」と上手に付き合っていくコツをお教えします!

倦怠期を機に、違った二人に生まれ変わってみませんか?

倦怠期は誰にでも訪れる?


倦怠期と聞くとちょっぴり悲しい印象を与えますが、程度の差こそあれ、どんな恋人同士にでも起こりうる時期なのです。

ですから、倦怠期に対して必要以上にナーバスにならなくても大丈夫。

恋人間で倦怠期の起こる時期は、一般的には3の倍数なんて言われますね。

恋愛にまつわる3ヶ月、3年のさまざまな説を耳にしたことがある方もいるのでは?

昔「3年目の浮気」という歌がヒットしましたが、この3という数字にもちゃんと意味が隠されていたというわけです。

とはいえ、倦怠期に突入してしまうと落ち着かないですよね。

何か大きな原因があることは少なく、どちらかといえば小さな不満が積もった結果、倦怠期になっていたケースが多いのです。

ですから「これってもしかして倦怠期?」と感じても、すぐに事態を改善するのは難しい場合もあります。

倦怠期はどの恋人同士にも訪れるものですが、あまり長引かせずに終わらせたいのが正直なところですよね。

では、不満爆発の倦怠期を終わらせるにはどうしたらいいのでしょうか?

これには2人の間にどんな不満、不安が積もっていたのかを突き詰めていく作業が必要です。

恋人同士なのですから、しっかり向き合わないといけませんよね☆

倦怠期の理由が【マンネリ】だったら?


マンネリ感から倦怠期になってしまったというパターンは、とても多いです。

つき合い始めの頃は、2人でいるだけで何をしていても、どこにいても新鮮で楽しく、ドキドキしていたものでした。

しかし、長いおつき合いの中でそういったドキドキが薄れていくのは、仕方のないことです。

「あの頃のようにラブラブに戻りたい!」

というのはいささかハードルが高いというもの。

あの頃のときめきは、期間限定のものだったと割り切った方がよいでしょう。

過去を振り返るのではなく、今の2人でどんどん新しいことに挑戦していく。

そういった意識へ切り替えていくのがベストです。

気づけばデートだって食事だって、ルーティン作業のように同じことの繰り返しになっていませんか?

そういえば、以前と比べてメイクや服装に気を遣わなくなっていませんか?

そんな、刺激のなくなった毎日に思いきって活を入れましょう。

倦怠期の理由が【いろいろな不満の積み重ね】だったら?


自分では気づいていなかった小さな問題が、相手にとっては大きなストレスとなっていた、なんてことがよくあるものです。

こういった問題は自分一人では気づきにくいものですが、「大きな問題ではない」という気持ちから、なかなか口に出して言わない人も少なくありません。

ひとつひとつの不満が小さいと、不満によって倦怠期が起こったとは、思いつかない人もいるんですね。

ガマンを続けるうちにストレスが蓄積されていき、相手への不満が爆発してしまうんです。

こういったケースの場合、むしろラッキーだととらえましょう。

普段、恋人がガマンして言ってくれなかった、自分に対する不満を聞けるチャンスなんですから。

不安や不満、そういった気持ちをはっきり恋人に伝えることのできる人ばかりではありません。

グッと飲み込んで耐えてしまう人もいるんです。

お互いの不満をさらけ出すことができないと、関係をより良いものに改善していく術がなくなってしまいます。

不満を飲み込んでしまいがちな人が話しやすい雰囲気を作ってあげること、それも円満な関係を続けていく秘訣ですよ。

まとめ:倦怠期はどっしり構えてやりすごそう

正しい知識を持っていれば倦怠期は決して怖がらなくてもよい、ということがわかりました。

まずは、どんな恋人たちにも訪れる可能性があるということを知っておきましょう。

そしてその時期が来たら、新しいことを始めてみたり、お互いの不満や不安をさらけだすのです。

焦らずにゆっくりと2人の関係を新しいものに構築しなおしていけばいいのですから。

あくまでも、元に戻そうとはしないこと!

倦怠期の到来は、お互いの新しい一面を見ることができる、良い機会になるかもしれませんね。

「恋人たちの愛の試練「倦怠期」不満を上手に解消して新しい2人に!」を読んだ人に人気の記事
【別れる前に】倦怠期になったら考えてほしい「過去と今と未来」あなたは彼氏のことをずっと好きでいられていますか?「なんか最近彼氏のことを好きと思えないな...」と感じた事がある人もいるのではないでしょうか。それが一般的に「倦怠期」と言われています。彼氏への気持ちがわからなくなった倦怠期の時に、別れた方が良いのか、どうしたらいいのか、考え方ひとつで何か変わるかもしれませんね。
遠距離恋愛だからこそ要注意な倦怠期。心も体も離れ離れは嫌だ!倦怠期と言えば、お互いに馴れ合いの関係になってしまう時期に起こるものですが、遠距離恋愛のように会える機会が少ないカップルでも、訪れることはあります。では、そんな遠距離での倦怠期、どう乗り越えれば良いのでしょうか?6つの対処法を紹介していきます。
放っておくとレスに繋がる!セックスのマンネリ化の解消法とは?一緒にいると安心できる彼とのセックス、愛されているのも感じるし、ほっとできるのも確かなんだけど、なんだか最近マンネリで刺激が足りない。そんなお悩みをお持ちでは?マンネリ化したセックスにガッカリするのではなく、もっと新しい楽しみを見つけるチャンスだと考えてみましょう♪

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 彼氏欲しいなー。恋人が欲しい人がやっているキラキラ習慣3つ!

      恋人が欲しいと思う気持ちは何歳になっても、どんな環境にいても思うものですよね。でも恋人が欲しいという思いだけを持っていても、恋人を作ることは出来ません。恋人が欲しいと思っている人には、やるべきことがあります。今回は、恋人が欲しい人がやっていることを紹介します。

    • 遠距離恋愛だからこそ要注意な倦怠期。心も体も離れ離れは嫌だ!

      倦怠期と言えば、お互いに馴れ合いの関係になってしまう時期に起こるものですが、遠距離恋愛のように会える機会が少ないカップルでも、訪れることはあります。では、そんな遠距離での倦怠期、どう乗り越えれば良いのでしょうか?6つの対処法を紹介していきます。

    • ドキドキから安らぎの関係へ。倦怠期をポジティブにする乗り越え方

      付き合い始めの頃はラブラブだったカップルも、徐々に関係がマンネリ化してくれば、倦怠期と言われる時期を迎えます。この倦怠期の乗り越え方で、これから先の関係が大きく変わる可能性があるので要注意です。そこで、そんな誰にでもある倦怠期の上手な乗り越え方を紹介していきます。