【男性心理】男性が嫌いな女性にとる露骨な態度5つ。気になるその心理とは?

【男性心理】男性が嫌いな女性にとる露骨な態度5つ。気になるその心理とは?

恋活
mimi
mimi
2016.11.04

嫌いな女性に対する態度2:最低限の会話しかしない

静か

男性は嫌いな女性とは最低限の会話しかしないように心掛けます。

これは男性にとって、嫌いな女性との会話は「意味のないもの」「無駄な時間」という心理が働いているからなんですね。

できることなら嫌いな女性との会話なんてゼロでも良いのです。

しかしどうしても会話をしなければならないときは、なんとか最低限の会話だけは我慢してするように心掛けます。

そもそも嫌いな女性に対しては、男性は不快感を感じてしまうことが多いです。

そのため対面して話すという時間も、嫌いな女性の声を聞くということも、男性にとっては耐え難い時間になってしまうんですね。

こんな男性心理は、女性にとっては「酷い!」という気持ちが生まれてしまうかもしれません。

しかし女性に比べても元々お喋りな男性は少ないですよね。

そもそもお喋り自体が得意でない、あるいは好きでない男性が、わざわざ嫌いな女性と会話をするというのは大変なことなのです。

男性が女性と会話をするためには、ある程度頑張る必要があります。

女性に気を使いながら会話をすすめる男性が多いですよね。

男性にとっては手間にもなる″会話″だけに、嫌いな女性との会話はなるべくしたくないというのが男性心理なんですね。

嫌いな女性に対する態度3:笑顔を向けてくれない

男性 足

嫌いな女性に対しては、基本的に表情が硬くなってしまうものです。

ムスッとした表情をしているか、あるいは無表情であることが多くなるんですね。

嫌いな女性に笑顔を向けるようなことは、まずありません。

男性が嫌いな女性に対して笑顔を向けないのは、嫌いな女性に気を許したくないという男性心理があるからです。

男性にとって嫌いな女性というのは、いわゆる敵のような存在です。

自分との接点を持ってもらいたいとも思わないし、自分を理解して欲しいという気持ちも当然芽生えません。

自分が嫌いな女性には、自分も嫌われるくらいが、男性にとっては希望なんですね。

そのため何がなんでも隙を作らないように、表情を硬くしたままでいるわけです。

このような男性心理を考えると、嫌いな女性に対するガードが露骨にされていることが分かりますよね。

男性にとって興味がない女性と嫌いな女性では、かなりの差があるということ。

男性が嫌いと認識する女性に対しては、徹底的に冷たい態度になることが分かります。

これほどの敵対心を見せる男性心理は、女性には理解しにくいかもしれませんね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事