「男の人が怖い」男性恐怖症を克服するために読んでほしいコラム

「男の人が怖い」男性恐怖症を克服するために読んでほしいコラム

恋活

男性のことが怖い、男性が近づくと不快だという症状を、男性恐怖症といいます。心にトラウマを負ってしまった場合に起こる、根の深い問題である男性恐怖症ですが、これを克服していくためにはどうしたらいいのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

まひる
まひる
2016.12.14

「男の人が怖い」男性恐怖症とはどんな状態?

男性恐怖症 女性

「わたしは男性恐怖症です」という女性がいます。

実際には女性だけでなく、男性であっても男性恐怖症にはなり得るのですが、やはり女性に当てはまるパターンが圧倒的に多いでしょう。

これは恐怖症の一つで、男性に触れられることや近くに寄られることに対して、怖いと思ったり、強い不快感を持つ症状です。

症状には程度がありますので、男性恐怖症であっても、話すと赤面する程度というものから、見るだけで怖い、耐えられないなど、人によってさまざま。

本人にとって強いコンプレックスとなったり、通常の社会生活を営むのに支障をきたすこともあります。

よって、男性恐怖症の女性は、男性が怖いあまりに社会から孤立したり、そもそも恋愛すらできない状態に置かれることがあるのです。

そんな男性恐怖症を少しでも克服したいと思っている女性は、たくさんいます。

今回は男性恐怖症を克服する・男性が怖いという気持ちに向き合う方法などをご紹介します。

克服への一歩、原因の特定

女性 調べる

男性恐怖症になってしまう原因は、トラウマになるような出来事が深く関わっていると言われています。

たとえば子どもの頃に父親や男の兄弟からつらい仕打ちを受けたり、学校で男子にいじめを受けたりといったパターンが多く見られます。

直接自分が被害を受けたわけでなくとも、男性が女性に対してひどい扱いをしているのを見て、男性を怖いものだと思ってしまう場合もあります。

何にせよ、男性に対して怖いと思ったり、不快感を感じた経験から心に傷を負ってしまい、その結果に男性恐怖症となるケースが多いです。

男性恐怖症にならないパターンだってある

カップル

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。