好きと言えた自分を愛そう。失恋したときに気付いてほしい事4つ

好きと言えた自分を愛そう。失恋したときに気付いてほしい事4つ

3550

恋愛をしていれば、誰にでも失恋をしたという経験はあると思います。好きな人からフラれるってとても辛いですよね。今回は前を向くために、失恋した時に気付いてほしいことについて紹介します。好きって伝えることができた自分を、まずは褒めてあげてくださいね。

3550 |

失恋は誰にでもあること

世の中には沢山のカップルがいます。

しかし、誰もが好きになった人とカップルになれるわけではありません。

沢山いるカップルと同じくらい、それ以上に、自分の好きな人と同じ気持ちになれず、涙を流してる人たちがいます。

失恋って凄く辛いですよね。

「もうこんな気持ちになりたくない」と思いますよね。

恋をすれば誰でも失恋してしまう可能性があるんです。

でも失恋は悲しいことばかりではありません。

考え方を変えてみれば、辛い気持ちも少しは上を向くのではないでしょうか?

今回は、失恋した時に気付いてほしいことについて紹介したいと思います。

失恋したのは自分だけではないこと

失恋した時に気付いてほしいこと1つ目は、「失恋したのは自分だけではないこと」です。

失恋した時、多くの人は「どうして私だけこんな気持ちにならなければいけなかったんだろ」と思いますよね。

しかし、失恋を経験したことがある人はあなただけではないのです。

例えば「イケメン」と言われている男性芸能人や、「可愛い」と言われている女性芸能人だって、失恋を経験しています。

「イケメンだから自分から振ることはあっても、女性から振られることはないんだろうな」と思うしれませんが、イケメンだともてはやされている男性芸能人だって、私達の知らない所で好きな女性に振られて、失恋したことがきっとあるんです。

自分が「この人のこと好きだな」と思っても、必ずしも相手も同じ気持ちになれるとは限りません。

それは決してあなたの力不足ではなくて、どんなにあなたが周りから魅力的に見られる女性になったとしても、自分の好きな人が「この子は魅力的だな」と思ってくれなきゃ意味がないのですから。

人にはそれぞれ「気持ち」があります。

「気持ち」というものは目に見えないものですし、他人が手を加えることはできません。

だからこそ「これはいける」と思っていても、失恋してしまうことがあります。

ですが、失恋は誰にでもあることです。

「自分ばかり」と悲観的にならずに、みんなが経験してきた痛みだと分かれば、少しは気持ちが楽になりませんか?

男性はその人だけではないこと

失恋した時に気付いてほしいこと2つ目は、「男性は好きになった人だけではないこと」です。

好きな人が出来ると、「もうこの人しかいない!」と周りが見えなくなってしまうという人が多いと思います。

「あの人もいいな、この人もいいな」と目移りしていたら一番好きな人は誰なのかわからなくなってしまいますし、相手にも「適当なんだな」と思われてしまいますので、好きな人が出来た時にその人だけにアピールすることは間違いではありません。

しかし、失恋した時にも同じ気持ちになってはいけません。

失恋した時は「私にはこの人しかいない、好きな人に好きになってもらえなかったから一生恋愛はできない」と思ってしまいがちです。

ですが、世の中には沢山の異性がいます。

あなたはこれまでの人生の中で、沢山の異性と知り合ってきましたよね。

生まれてからこれまで1度も、異性と関わりを持ったことがないという人はいません。

これからの人生の中でも、沢山の異性と知り合うチャンスはいくらでもあります。

その出会いの中で「この人いいな」と思う人は必ず現れます。

勿論、今まで出会った人、これから出会う人全ての人を恋愛対象として見ることは出来ないと思います。

ですが、沢山知り合う中でいつかきっと、恋愛対象として見ることが出来る男性は現れます。

多くの人が知っている曲の中にも「彼だけが男じゃないことに気付いて」という歌詞があります。

失恋してしまうと、好きな人以外は異性として見ることが出来なくなってしまうと思いますが、あなたの周りには沢山の異性がいます。

これからも沢山の異性と関わることがありますからね。

今生きている男性全てと出会うことは出来ませんが、異性と出会うチャンスを無駄にせず一つ一つちゃんと掴んでいけば、きっといつかあなたの運命の人に出会えると思いますよ。

今の辛さは今だけであること

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー