付き合い始めなのにもう倦怠期!カップルに訪れる早めの倦怠期の謎

ゆず

倦怠期と聞くと長年一緒にいたカップルに起こるもの、と思っている人も多いと思いますが、倦怠期は付き合い始めのカップルにも訪れてしまうことがあります。付き合って1ヶ月ちょっとなのになぜ倦怠期が訪れてしまうのか、今回はその理由について紹介していきたいと思います。

謎!付き合って1ヶ月、付き合い始めの倦怠期


カップルの多くが倦怠期を経験しています。

倦怠期は、相手にドキドキを感じなくなってしまった、一緒にいることが当たり前になってしまったことから訪れると言われています。

このような倦怠期は、付き合いが長くなっているカップルにだけのもの、と思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、倦怠期は付き合い始めのカップルにも訪れる事があります。


倦怠期は放っておくと破局に繋がってしまうので、これからも長く恋人と交際を続けていくためには、倦怠期を乗り越える努力をしていかなければいけません。

付き合い始めのカップルも「私たちに倦怠期はまだない」と安心してはいけませんよ!

そこで今回は、付き合い始めなのに倦怠期が訪れてしまう理由を紹介していきたいと思います。

まだ付き合って1ヶ月、私たちはラブラブ♪

という人は用心のためにも読んでおきましょう!

お互い短所を見せてしまうようになる


付き合ってすぐなのに倦怠期が訪れてしまう理由1つ目は、「お互い短所を見せてしまうようになるから」です。

好きになった時や付き合い始めてすぐの時は、誰でも「相手に嫌われたくない」という思いが強くあるので、自分をよく見せようと頑張っています。


これは男性だけではなく、女性も同じです。

相手に「素敵な人だな」と思ってもらうために、いつも以上にオシャレしたり、いつも以上に相手のことを気にかけたりしちゃいますよね。


しかし、付き合いを続けていけば、いつかは自分の短所を見せなければいけなくなってしまいます。

片想いの時は一緒にいる時間も短いので、自分の短所を上手く隠すことが出来ると思いますが、付き合い始めると一緒にいる時間が長くなるので、付き合ってすぐにでも相手の短所を見ることが出来ます。

これが倦怠期に繋がってしまいます。


付き合って1ヶ月そこそこなど、付き合い始めてすぐの頃はお互い「非日常生活」の中にいることが多いんです。

「あの人は何をしていてもカッコイイ」というフィルターがかかっているので、相手のちょっとした短所がみえてしまうと「あれ?」と違和感を感じて、これが増えていくと倦怠期を迎えてしまいます。

人間誰もが短所を持っているので、恋人の短所に幻滅してしまうのはあまり良くないことかもしれませんが、付き合い始めだからこそ「カッコイイ」と思う姿のままでいてほしいと思ってしまうんですよね。

これからも仲良く交際を続けていくためには、倦怠期を迎えてしまった時でも、ちょっとした相手の短所は許す心を持てるようにしましょうね。

付き合っている生活に慣れ始めた


付き合ってすぐなのに倦怠期が訪れてしまう理由2つ目は、「付き合っている生活に慣れ始めたから」です。

付き合って1日目2日目で倦怠期を感じるカップルはいません。

倦怠期を感じるのは「付き合ってすぐ」と言っても、大体1ヶ月程度は経っているのではないかと思います。


付き合っている、恋人がいる生活って1人でいるときの生活とは違いますよね。

例えば、1人でいる時は休みの日も出掛けなかったり、外食をする頻度が低かったりしますが、恋人がいればデートと言って外に出掛ける回数や、外食に行く回数が増えると思います。

恋人がいる時の生活と1人の時の生活って、変えようとしているわけではない人でも、自然に変わっていくものなんです。

劇的な変化があるわけではなくても、ちょっとした生活の変化はあります。


そのため付き合って数ヶ月は、その生活の変化についていけないと思うのです。

しかし、毎日毎日生活をしていくと、恋人がいる生活にいつの間にか慣れていきます。

そこで、倦怠期を迎えてしまうんです。


倦怠期の一番の原因は「慣れ」です。

恋人がいる生活に慣れてしまったからこそ、ドキドキや刺激を感じることが出来なくなってしまうんです。

毎日一緒にいる


付き合ってすぐなのに倦怠期が訪れてしまう理由3つ目は、「毎日一緒にいるから」です。

付き合ってすぐに同棲を始めるカップルも少なくありません。


毎日毎日顔を合わせていると、お互いに変化がないのでつまらないと感じてしまうんです。

付き合っていてもなかなか会うことが出来ないカップルは、お互い会えない時間に恋人への気持ちを盛り上がらせることが出来たり、お互いのドキドキを保つための努力をすることが出来ます。

しかし、付き合って1ヶ月もしないでいきなり同棲したりして、いつもいつも一緒の空間にいると、お互いの気持ちを盛り上げることや、ドキドキを保つための努力をすることをしなくなってしまうので、あっというまに倦怠期に入ってしまうんです。


付き合い始めに同棲をすることが、いけないわけではありません。

好きな人とは「ずっと一緒にいたい」と思いますし、同棲することでお互いの気持ちを満たすことが出来るのであれば、付き合ってすぐの同棲も悪くないですよね。

しかし、お互いの気持ちを保ち続けるためには同棲しても一人の時間を作ったり、相手に干渉しすぎないようにした方が、倦怠期が訪れにくくなるのではないかと思います。


付き合って1ヶ月もしないうちは、まだお互いに「かっこつけていたい」「可愛い女性と思われたい」など、相手に良いところだけを見せようとしてしまう時期ですよね。

そして同時に、もし相手に多少、「あれ?」と思うところがあったとしても、そこは「恋は盲目」ということで、うまく見逃せたり、飲み込めたりしてしまいます。

それが、付き合って1ヶ月も経たないうちに、すぐに同棲を始めてしまうことで、とても難しくなってしまいます。

1つ屋根の下で一緒に暮らしていれば、どうしても「楽さを優先した部屋着」や、「あまり人に見せたくないスッピン」など、幻滅してしまうポイントまでさらけ出すことになります。

これに対して、男性が「イメージと違う」と引いてしまい、イマイチ女性として見ることができなくなり、早々に倦怠期が訪れてしまうこともあります。

逆に、女性が男性の嫌なクセや見たくない部分を見てしまったことで、幻滅してしまい、倦怠期が訪れることもありますね。

同棲しているくらいですから、お互いにちょっとくらい不快なところが見えたとしても、すぐに「嫌い」になるわけではないのです。

ただ、「なんだかちょっと、気持ちが冷めたかも」という、倦怠期独特の、微妙な距離感ができてしまったりするわけです。


また、このような事態になるのを防ごうと、付き合って1ヶ月も経たないうちに始めた同棲で、無理をし過ぎてしまうパターンもあります。

一緒に同じ部屋で同じ時間を過ごしているのに、「彼が寝るまでスッピンは見せない」とか、「家事ができる女と思われたいから掃除も料理も手を抜かない」とか、必死になり過ぎてしまうのです。

このような無理をしてしまうと、彼と過ごす時間が楽しいものというよりは、「疲れるもの」になってしまうことがあります。

その結果、倦怠期のような状態に陥ってしまうカップルもいるのです。


付き合って1ヶ月も経たないうちは、まだお互い、嫌なところまで許せてしまえるほどの強い絆ができているとは言いにくいですよね。

そんな状態で、いきなり同棲というものを始めてしまうから、幻滅したり疲れたりといったことが起こり、「この人とは合わないのかも」「一緒にいても楽しくない」という倦怠期のような状況になってくるわけですね。

付き合って1ヶ月経たないうちに始める同棲は、そんな事態になるのを防ぐためにも、とにかく「無理をしないこと」が大切です。

相手のイヤなところが見えたら、それは自分の中で飲み込むのではなく、「あなたのそういうところは直してほしい」と、お互いに話し合うようにしましょう。

そして、「私は料理が苦手だけど、それでも大丈夫?」と、一緒に暮らせばいずれはバレてしまう欠点も、最初にさらけ出してしまうことも大切です。

そして、お互いに自分の時間をきちんと持つこと。

こうして、毎日一緒にいても適度な距離感を保ち、お互いの嫌なところも認め合ったり改善しようと努力しながら、尚且つ無理をしない同棲ができれば、付き合って1ヶ月程度で早々に来てしまう倦怠期を乗り越えることもできるでしょう。

男性が「察してほしい」という気持ちになるから


付き合ってすぐなのに倦怠期が訪れてしまう理由4つ目は、「男性が「察してほしい」という気持ちになるから」です。

「好き」という言葉は相手に言わないと相手に伝わりません。

しかし、日本人は愛情表現をすることがあまり得意ではないので、素直に「好き」という言葉を言えないんです。


そこで「付き合っているんだから好きってことだよ、わかってよ」というオーラを出すんです。

ですが、オーラなんて相手には伝わりませんよね。

オーラは見えるものと言われていますが、オーラの見方を知らない人にとっては今相手がどんなオーラを出しているかなんてわからないですよね。


付き合う前は好きな人に対して自分のものにしたいがために「好き」という言葉を勇気を振り絞っていうことが出来ます。

でも、いざ付き合えばお互い好きということが分かっているので「察してちゃん」になってしまうんです。

「好き」という言葉を相手に言わなくなってしまうことによって、相手が不満に感じて倦怠期を迎えてしまうようです。


あなたは最近、相手に「好き」と伝えていますか?

男性から言うのが恥ずかしいと思っている人も多いので、女性から積極的に「好き」と言葉にしてあげることで、男性も恥ずかしがることなく「好き」という言葉を伝えることが出来るようになるのではないかと思います。

付き合い始めは特に「好き」という気持ちが強くなっていますし、相手にはちゃんと口で自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

倦怠期はいつでもやって来るのだ!

付き合ってすぐなのに倦怠期が訪れてしまう理由を紹介しました。

付き合ってすぐはどんなカップルでもラブラブで、倦怠期なんて訪れないと思っている人も多いと思いますが、付き合ってすぐのカップルにも、倦怠期という魔の手は訪れることがあるんです。

ちょっと相手に違和感を感じたり、自分の気持ちが少しわからないなと思った時は、倦怠期が訪れているのかもしれないので、倦怠期を乗り越えるために自分がどのような行動をとるべきなのか、しっかり考えていきましょう。


付き合い始めに訪れる倦怠期は、ちょっとしたことで改善されることがあります。

付き合いが長くなって倦怠期を迎えたカップルよりも、気持ちを復活させやすくなっていると思いますので、付き合い始めに倦怠期を感じたらすぐ対処するようにしましょう。


ですが、付き合い始めのカップルでも倦怠期を迎えたら、いつ抜けられるかは分かりません。

倦怠期には決まった期間があるわけではありませんので、なかなか倦怠期を抜け出せ無くなってしまうこともあるかもしれませんが、倦怠期を乗り越えようという気持を強く持ち行動していけば、いつかきっと明るい未来を切り開いていくことが出来ます。

倦怠期を見て見ぬふりはせず、お互いに倦怠期を抜け出せるような努力をしていきましょう。

「付き合い始めなのにもう倦怠期!カップルに訪れる早めの倦怠期の謎」を読んだ人に人気の記事
倦怠期を招くかも?お付き合いが長いカップルが忘れがちなこと5つ恋人とのお付き合いが長く続くことは、とても喜ばしいことです。その半面、長く続いたカップルは、「倦怠期」が気になって来るということもあるのではないでしょうか?長く続いたカップルがそんな倦怠期を招いてしまうのは、恋人とのお付き合いが長くなることで忘れがちなことがあるからかもしれません。
エッチのマンネリ解消に効果的!今さら聞けないラブホのアレコレ皆さんは、ラブホって知っていますか?名前は知っているけど行った事がないという女性も意外と多いようですね。普段は部屋でするエッチも、場所を変えるだけでも随分感じ方が変わるようですよ!今回はそんなエッチのマンネリ解消にも効果的なラブホについてまとめてみました★
昔みたいにはもう戻れないかも?マンネリ彼氏と別れた方がいい時付き合いが長くなれば訪れる可能性が高くなると言われている「マンネリ」ですが、マンネリになっても彼氏との付き合いを続けていかなければいけないということはありません。マンネリ彼氏とは別れた方がいい時もあります。今回は、マンネリ彼氏と別れた方がいい時ついて紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 彼氏とのセックスにマンネリ気味?この3つの方法でマンネリ解消!

      彼氏との付き合いが長くなってくれば、セックスにマンネリを感じるようになってしまうのも仕方のないこと!しかしそのままの状態では「セックスレス」なんてことにもなりかねません!セックスにマンネリを感じてきたら、コレを試してマンネリ解消に役立ててみてはいかが?

    • その一言で決裂?!倦怠期中に彼氏に言ってはいけない言葉4つ

      ラブラブカップルでも、ある日を境に倦怠期に突入してしまうカップルはいます。倦怠期って、抜け出すためには今の状況を変えていかなければいけないのですが、その時にある一言をいってしまうと、さらに倦怠期が悪化してしまうかもしれないんです。その一言とは一体どんな言葉なのか、紹介します。