結婚を考えていた彼氏と破局。失恋のショックからの立ち直り方4つ

結婚を考えていた彼氏と破局。失恋のショックからの立ち直り方4つ

3466
update

結婚を考えていた彼氏に失恋してしまったら、失恋のショックもかなりのものですよね。「これからどう生きていけばいいのか分からない…」と途方に暮れてしまう人もいるでしょう。立ち直るのに時間がかかりそうなこの失恋は、こんな風に考えて立ち直りましょう。

3466
update

彼氏と結婚も考えてたのに…この失恋どうすれば立ち直れる?

結婚も考えていた彼氏にフラれてしまった!

まさかの別れを、素直に受け止めることができない人は多いと思います。

そう簡単に立ち直ることが難しいかもしれませんが、早く立ち直りたいという人は参考にしてみて下さいね。

失恋の立ち直り方①結婚を結び付けて考えないようにする

結婚を考えていた彼氏に失恋してしまった。

この失恋が立ち直りに時間がかかるのは、「結婚」がポイントになっているからでしょう。

結婚をするつもりの彼氏と破局したということが、余計に失恋のショックを大きくしてしまっているわけです。

この結婚の部分さえなければ、失恋の痛手ももっと軽くなれるのです。

つまりこの失恋から早く立ち直るためには、結婚を結び付けて考えないようにするのが一番なんですね。

彼氏と別れたことよりも「結婚できなくなってしまった」ことにショックを受けていませんか?

失恋というのは恋が終わってしまったことです。

結婚できなくなってしまったことと失恋は、全くの別物なんですね。

失恋で悲しむのであれば「彼氏を失ってしまったこと」を悲しみましょう。

結婚できなかったことまで一緒に悲しむ必要はありません。

彼氏を失った上結婚できなくなってしまったと考えるのはNG!

彼氏を失っただけです。

そのままスムーズに結婚できたかもしれない、と考えるのはやめましょう。

たとえ結婚を考えていた彼氏に失恋してしまったとしても、1つの恋が終わりを告げただけのことです。

この先結婚できなくなってしまったわけではありませんよ。

失恋の立ち直り方②恋の終わりに焦らない

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー