失恋を重ねることで「良い女」になる

失恋を重ねることで「良い女」になる

1590

失恋を経験したとき、どん底まで落ち込み「もう二度と恋なんてしない」と極端な考えにいたる人もいます。

1590

失恋からネガティブ思考になるのはもったいない

恋をして、終わりはあるもの。失恋をする経験は恥ではありません。良いステータスとして受け入れることが、良い女のレベルを上げていくんです。失恋は何度繰り返しても慣れるものではありません。目前にして味わうのは、いつも悲しみや絶望です。大事なのはその後の思考の働き方で自分がより高みを望むかにあります。

失恋は自分を変えるチャンス

正面から受け止め、先に進め強くなる。強くなったことで、自分を磨く。そのためにも、正面から失恋を受け止める必要があります。ネガティブに追い込まれる必要性はまったくありません。受け止めきれず、自分のプライドを守るための行動をとりがちですが素直さを見せることへの慣れる良い機会だと思います。

ついとりがちな、悪循環になるプライドを守るためのNG行動

失恋した相手の悪口を笑顔で言う涙

これは、強がりでしかありませんし、悪女感が出てしまいます。同性同士はもちろん異性には最悪です。涙を流しながら不満を言うは良い発散方法です。笑顔を間違った場面で使うのは控えましょう。

失恋後、仕事に打ち込むにおいて2つのNG

・仕事にのめりこみ過ぎて婚期を逃しがち。

仕事に逃げるのは短期間に留めましょう。仕事のプロフェッショナルまでになったら良い所でタイミングを見つけ、後輩の教育に打ち込み任せられる、尊敬されるようになるほどになれば同じビジネスマン男性からも関心され「この人なら子育ても上手にできそうだ」と一目置かれるようになり結婚が近づくかもしれません。

・周りに当たり散らすのはNG

仕事にのめりこむ時、つい周りに当たり散らす傾向がありますが、信頼を失うので控えましょう。周りの評判は結婚相手の評判だと意識すると女性らしさを失わずにいられるでしょう。

人前での放心状態は評価を下げるのでNG

反応が薄かったりすると「話聞いてる?」と不快感を与えますので、オンオフの切り替えを明確にしましょう。これをマスターするのはきついですが、使いこなせるようになれば、他の場面でも大きく活用できます。

学業に打ち込むのは?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
失恋のおすすめ! おすすめコンテンツをお届け!
フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー