自由恋愛時代にお見合い結婚は古い?お見合いのデメリット4つとは

ゆず

今の時代、お見合いをして結婚するカップルの話はあまり聞かないかもしれませんが、お見合い結婚をしているカップルはいます。お見合いにはメリットが沢山あると思っているかもしれませんが、実はお見合いにもデメリットがあるんです。今回は、お見合いのデメリットについて紹介します。

お見合いにはデメリットがある?


一昔前までは「お見合い結婚」が多く、「恋愛結婚」はわずかでした。

しかし今では、自由に恋愛をして結婚するカップルが殆どです。

だからといって、お見合い結婚が無くなったわけではありません。

周りの人やネット経由でお見合いを申し込んで、結婚する人もいます。


お見合いというと、結婚を前提にしているので「早く結婚したい!」と思う人にとっては、手っ取り早く結婚出来る方法の一つなのではないかと思います。

しかし、お見合いはメリットばかりではありません。

今回は、お見合いのデメリットについて紹介していきたいと思います。

デメリット①断りにくい


お見合いのデメリット1つ目は、「断りにくいこと」です。

お見合いをする場合、2人だけではなく間に「仲人」という人がいます。

この仲人が、お見合いをする場所を提供してくれたり、2人の会話がより弾むように仕切ってくれたりと、2人が結婚するまでサポートをしてくれます。

仲人は、お互いの親族など近しい人がなることが多いので、お見合い相手がどんな人なのかという情報も教えてくれたりします。


また、仲人が間に入ってくれることにより自分達がどのような行動をすればいいのか戸惑うことが無くなるので、一見「仲人」という存在はメリットに感じるかもしれません。

しかし、お見合いをして良い人に出会い結婚までいければ、仲人に感謝出来ると思いますが、お見合い相手は、1人目で必ずしも良い人に巡り会えるとは限りません。

お見合いをした時に「この人とは付き合えないな…」と思った時は、本人ではなく仲人にお断りします。

この仲人が、自分の両親の上司だとか目上の人だった場合は断りにくいですよね。


お見合いを断るということは、仲人の好意を裏切ってしまうということにもなります。

仲人も立場があるので、あなたが断りの連絡を入れても「もう1度会って決めてみない?」と言われることもあります。

ネットなどからの出会いの場合は、「合わないな」と感じたらすぐに他の人に乗り換えることが出来ますが、お見合いの場合は仲人がおり、立場もあるため中々断れないというデメリットがあるようです。

デメリット②相性が合うかどうかわかりにくい


お見合いのデメリット2つ目は、「相性が合うかどうか分かりにくい」です。

お見合いは結婚を前提としているため、スピード婚が多いんです。

お見合いをして、その場で結婚を決めてしまう人もいるようです。

しかし、この場合、相手の本当の姿を見れていないので、相性が合うかどうかが分からず、結婚してから「こんな人だとは思わなかった…」と後悔してしまうこともあるんです。


お見合いの席では、両者自分を良く見せようとしていますし、良い所を見ようとしているので悪い面を知ることはできません。

お見合い後に付き合いを始めても、結婚を意識しているので、中々悪い面を見る機会がないんです。

また、お見合いの席では気が合うかもと思っても、結婚した後に意見の食い違いが多くなり、喧嘩ばかりしてしまうカップルも多いんです。

お見合い結婚の場合は付き合う期間が短いため、相手の本当の姿を結婚後に知ることも多いようですね。


人間は誰でも長所と短所があるので、短所の部分も受け入れていかなければいけません。

結婚してから本当の姿を知った時に、それを受け入れることが出来れば問題はありませんが、受け入れることが出来ないと結婚生活は上手くいきません。

恋愛結婚の場合は、お互いをよく知ってから一緒になることが多いので、結婚後に幻滅したり喧嘩をすることが少ないんです。

相手のことをよく知るためには、やはり多くの時間が必要ですよね。

デメリット③盛り上がる恋愛にはなれない


お見合いのデメリット3つ目は、「盛り上がる恋愛が出来ない」です。

恋愛と言えば、異性と話したり、何かを一緒にやり遂げたことでドキドキして好きになるパターンが多いと思いますが、お見合いの場合は違います。

お見合いの場合はすでに相手がいて、ドキドキとか「好き」という強い気持ちがないまま結婚することもあります。


お見合いではなく恋愛ならば、ドキドキしたり好きな人への不安を抱えたりと喜怒哀楽が激しくなったりしますが、お見合いではあまり喜怒哀楽がありません。

「落ち着いた恋愛が出来る」と言えばメリットに聞こえるかもしれませんが、恋愛をしている人のように、不安になったり悩んだりすることがないので、退屈に感じてしまう人もいます。

落ち着いた恋愛だからといって悪いことは何もありませんが、ドキドキしたり好きな人のことを思って悲しくなったりすることがあまりないので、恋愛をしている気分にはなれないまま結婚してしまうことになるかもしれません。


お見合いの場合は、結婚してから好きになるということも多いようです。

なので、全く相手に気持ちを向けることが出来ないというわけではありませんが、片思いの切なさや辛さを経験することはないかもしれませんね。

デメリット④お見合いをするのには準備が必要


お見合いのデメリット4つ目は、「準備が必要」です。

普通の恋愛ならば、ある日突然好きな人が出来たり、異性に告白されて恋人が出来たりします。

自分の心の準備が出来ていなくても、恋愛を始めることは可能です。


しかしお見合いの場合は、日時が決まっていて、その日に必要なものを揃えたり事前にお互いの写真を送りあったりします。

一方、恋愛には、お互いの写真なんか必要ではありませんし、お見合い用の服を用意することもありません。

恋愛をするために、ファッションを変えたりメイクを変えたりなど美容代はかかったりすることもありますが、これは絶対ではありませんよね。

今まで通りの自分でも好きになってくれる男性がいれば、0円で恋愛を始めることが出来るんです。


お見合いの場合は、事前準備が絶対必要です。

手ぶらでお見合いを始めることは出来ませんし、今日お見合いをしたくなったからといってすぐにお見合いが出来るというわけでもありません。

お見合いはそれなりにお金がかかってしまうこともあるので、普通の恋愛より大変なことが多いかもしれません。

気軽に恋愛をしたい、という人にとってはデメリットになるのではないかと思います。

まとめ

お見合いのデメリットについて紹介しました。

自由に恋愛が出来る時代でもお見合いをする人はいますし、今の時代はお見合いにも様々な形があります。

お見合いは1対1で行われることが多く、世の中にいる大勢の異性の中から選ぶ必要がないので目の前の男性のことだけを見ることができます。

しかし、お見合いの場合は結婚を前提としているため「まだ結婚はしたくない」と思っている人にはおすすめできません。

結婚を真剣に考えていると言う人は、お見合いという出会い方もあることを知っておくといいと思いますよ。


今回はお見合いのデメリットを紹介しましたが、デメリットが気にならなくなるくらいのメリットも沢山あります。

普通の恋愛が上手くいかないことばかりという人は、1度お見合いをしてみてはいかがでしょうか?

もしかしたらあなたには、お見合いという形で恋愛を始める方が合っているかもしれません。

お見合いというと堅苦しいイメージがある人も多いと思いますが、きちんとルールに沿って進めていけば難しいことは何もありません。

お見合いにはデメリットもありますが、素敵な人に出会うチャンスはどこに隠れているかわかりません。

これからお見合いをするという人は、これらのお見合いのデメリットも頭に入れておきながら、お見合いに挑戦してみて下さい。

あなたが「この人と結婚したい」と思える人と出会えることを願っています。

「自由恋愛時代にお見合い結婚は古い?お見合いのデメリット4つとは」を読んだ人に人気の記事
ストーカー予備軍はそこら辺にいるかも?出会いの場で注意したい事今の時代、ネットだったり婚活パーティーだったりと出会いの場は様々ありますよね。出会いの場が増えたからこそトラブルも増えてきています。「これは安心だから」と思っていても、トラブルに巻き込まれてしまうことはあります。出会いの場ではどんなことに気をつけるべきか、紹介します。
これだけはダメ!飲み会で男性たちがドン引きする女性の行動6つ人は酔っ払うといつもと違う自分になりますよね。女子会だったら許されることも、男性のいる飲み会ではドン引きされちゃうことだってあるんです!男性的にNGな女性の酔っ払い行動って何でしょう?お酒に失敗談のある人も無い人も、ぜひチェックです!!
結婚式の二次会こそ出会いがある!チャンスを掴む女性の特徴とは結婚式の二次会には、出会いがあるって知っていましたか?新郎新婦を見て「羨ましいなぁ」と思っているだけではダメです。次に幸せを掴み取れるのは、あなたかもしれませんよね。そこで今回は、結婚式の二次会で出会いをモノに出来る女性の特徴について紹介します。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事