最近彼氏の様子がおかしい。それって男性の別れたいサインかも

最近彼氏の様子がおかしい。それって男性の別れたいサインかも

4952

あなたは別れたいと思ったらどんなサインを出しますか?あからさまに不機嫌になったり、会わなくなったりなど、いろいろなサインがあります。でも男性だって同じです。そこで今回は、別れたいと思っている男性が出すサインについてご紹介していきます。

4952 |

別れたいと思ってるかも?

あなたはどんな時に別れたいと思いますか?

喧嘩した時、浮気された時など、女性の立場からしてもいろいろな場面があるかと思います。

むしろ女性の方が、そういった場面に遭遇することが多いかもしれませんね。

でも男性も、別れたいと思うことだってあります。

もしかすると、あなたが気付いていないだけで、彼氏は別れたいと思っているのかもしれません。

そこで今回は、彼氏(男性)が別れたいと思っている時に出すサインをご紹介します。

今付き合っている彼氏がいる方はぜひ彼氏の動向をチェックしてみてください。

今は彼氏がいない方も、今までの経験を思い出して、また今後そのようなサインが出てきた時に、対処できるようにしておきましょうね♪

彼氏が別れたい時に出す4つのサインと対処法~これが出たら要注意 | KOIMEMO

別れる前、彼氏からはちゃんと『別れたい』というサインが出ています!彼氏が別れたがっていると知ったらどうすればよいでしょうか?今回の記事では、彼氏があなたと別れたいと思っている時に出す「別れたいサイン」と、もしそのサインが出ていた時の対処法も合わせてご紹介します。

https://koimemo.com/article/1563

男性が別れたいと感じている時に出すサイン1:会う時間が減る

男性が別れたいと感じている時に出す1つ目のサインは『会う時間が減る』です。

これは女性でも同じサインを出す人もたくさんいるので、わかりやすいと思います。

女性の場合にも「会う時間を減らすことで気持ちを楽にしたい」や「会うとイライラしちゃって嫌」という理由はありますよね。

男性にも同じ理由で会う時間を減らしたいと思うことがあります。

しかし、これだけならわかりやすいのですが、男性の厄介な所は男性によっては会う時間を減らすことで、次の恋を探す時間を作り出しているということなんです。

もしかしたら女性にもこのようにしてしまう方がいるかもしれませんが、男性は特に多いと言われています。

具体的には、「今後の土曜は仕事で土曜出社しないといけないから夜からしか会えない」と言いながら、実は他の女性と会っていることがあるんです。

注意深く見てみると、ちょっとした変化があったりするので、勘の良い女性ならわかるかもしれません。

夜会ってみると、土曜出社とは言えあまりにラフで会社に行くような服装ではない・・・少し香水の匂いもする・・・。

これってもしかして?っていうことですね。

これは比較的多くの人が気づきやすいポイントなので、わざわざ書かなくてもわかるよ!という方も多いかもしれませんね。

では、もしこのようなサインが出てきた時、別れたくないあなたはどう対応すべきなのでしょうか?

このサインが出てきた時、多くの人は何もできないと思います。

だって会う時間が減らされちゃったらどうしようもないし、自分も対抗して会う時間をさらに減らすなんてことをしたら、それこそ相手の思う壺ですからね。

この別れたいサインが出た時、意外に有効な対処法になるのが、『思い出の場所を巡ること』なんです。

相手の気持ちが既に別れたいと思っている証拠なので、その気持ちを初心に戻すようにするのです。

これで全てが解決するわけではありませんが、彼氏の中にある、次の恋に行こうという気持ちを少しでも止める必要があるので、相手の情に訴えかける方法が有効なんです。

また、会うとイライラしちゃって・・・というタイプの彼氏の場合には、「1回に会う時間を少なくしてその分回数を増やす」という方法も有効みたいです。

せっかく会ったならたくさん一緒にいたい、長い時間一緒にいたい!と思ってしまいがちですが、ここは彼氏の気持ちを察して、あえて短い時間で楽しい所だけを彼氏に印象付けて、その分会う回数を増やすことで、この人といてもイライラしなくなったかも?と感じてもらえるようにするのです。

実際に知人はこの方法でこのサインが出ていた彼氏と、ラブラブに戻っていました。

「付き合いが長くなると、面倒な部分もたくさん見るし、見られているから、それを一時的に隠して楽しいことを印象付ければ、彼氏の浮気心もちょっとは抑えられるからね!」と名言を放っていたのが、今でも忘れられません。(笑)

男性が別れたいと感じている時に出すサイン2:優しくなる

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー