ついに私達もマンネリカップル?!彼氏との関係これからどうする?

らん

大好きで付き合い始めたはずのカップル。ですが、期間が長くなったり、何度も会ったりしているうちに、徐々に関係がマンネリ化してきてしまうことがあります。では、マンネリになった彼氏との関係はどうすれば良いのでしょうか?3つの選択肢の中から、自分が今とるべき行動を考えてみましょう。

私達マンネリカップルになっちゃったかも


人間は、残念ながら飽きてしまう生き物です。

何か1つのことを長く続けられるケースもありますが、そこまで夢中になれなかったものは、どんどん飽きて新しいものに目がいってしまいますよね。


恋愛も同じです。

長く付き合うことで徐々に飽きてきてしまい、「マンネリ」と言われる関係になってしまうことがあります。

恋人同士の関係がマンネリになってしまうと、「会っても楽しくない」「トキメキが感じられない」といった状態になってしまい、悩みますよね。

付き合い始めのカップルの話なんかを聞いていると、羨ましくなってしまうこともあるでしょう。


では、マンネリになった彼氏との関係はどうすべきなのでしょうか?

そのまま別れの道を選ぶべきなのか、それとも関係を立て直すための努力をするべきなのか・・・

そこで、そんなマンネリ化したカップルが考えるべき、3つの選択肢をチェックしてみましょう。

その1:別れる


マンネリになった彼氏とは、2人で会っても楽しい時間を過ごすことができず、もう別れようと考える方もいるでしょう。

別れてしまえば、お互いに罪悪感を抱くことなく、次の恋愛に進むことができます。

他に素敵な男性を探したり、新しい恋愛が始まれば、マンネリになっていた彼氏のことなんかすっかり、忘れることができるでしょう。

マンネリになった彼氏と、別れの道を選ぶべきかどうか判断するポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。


・彼氏に思いやりの気持ちが持てない

・彼氏と会うことが面倒

・他の男性にときめいてしまう


ただマンネリ化しているだけでなく、思いやりの気持ちすら持てなくなってしまっているなら、これはもう、カップルとしての関係を終わらせるべき時期にきていると考えてください。

例えば彼氏が仕事で疲れている時、「労わりたい」という気持ちを持つことはできるでしょうか?

「仕事ばっかりだね!」と自分本位の考え方しかできなくなっていたり、「仕事で忙しいから会わずに済んで楽」なんて感じてしまうようなら、もう付き合い続ける意味はないと言えます。

マンネリというよりも、彼氏に対して、もう「好き」という気持ちが残っていない状態なのですね。


さらに他の男性にときめいてしまうようなら、彼氏よりも他の男性の方に気持ちが向いていることは確かです。

それ以上、マンネリになった彼氏にしがみついている必要はありませんので、別れを切りだしてしまいましょう。


彼氏にとっては「別れたくない彼女」である可能性もありますが、それでも、思いやりが持てず、彼氏と会うことすら面倒で、他の男性に気持ちが向いている状態で付き合い続けるのは彼氏に対しても失礼です。

別れて新しい恋愛に進むのは、自分のためでもあり、彼氏のためでもあると考えれば、別れを切り出しやすくなりますね。


マンネリ化した彼氏との恋愛を、ズルズル続けるのは時間のムダです。

さっさと他の恋愛に進んで、今度こそ一生添い遂げられるくらいの素敵な彼氏を見つけてしまいましょう!

その2:距離を置く


マンネリ化したカップルが考える選択肢として、よくあるのが「距離を置く」というものです。

お互い、頻繁に会っていれば話題が無くなってしまったり、相手にときめきを感じられなくなってきます。

そこで、しばらく距離を置くことで、お互いの必要性を再確認しようという考え方ですね。

マンネリ化したカップルが距離を置くという選択肢を選ぶポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。


・お互いに思いやりの気持ちは残っている

・どちらか一方だけでなくお互いがマンネリを感じている

・2人で過ごす時間が長すぎる

・近づきすぎて見えなくなっている部分があると感じる

・次の恋愛への憧れはない


このような状態であれば、しばらく会わない、連絡を取らないなど、距離を置いてみることで、マンネリが解消される可能性があります。

ただし、「距離を置く」という方法は、必ずしも「関係の修復」に向けたものであるとは限らないので注意してください。


距離を置き、冷静に2人の関係を見つめなおした結果、「やっぱり別れた方が良いのではないか」という決断になってしまうこともあります。

距離を置くようなマンネリ化した関係の場合は、そんな別れの選択肢が最終的に選ばれてしまう可能性は決して低くはありません。

もしマンネリ化しているのに、別れたくはない彼氏である場合は、「距離を置こう」なんて選択肢は避けて、必死でしがみついておいた方が安心かもしれませんね。

その3:関係を続ける


マンネリ化したカップルが、必ずしも悪い関係であるとは言えません。

なぜなら、それはお互いをよく知り合い、側にいるのが当たり前の関係になってしまった結果だから、とも言えるからです。


究極のマンネリ化と言えば、夫婦ですよね。

夫婦は長い年月を共に過ごしていくうちに、徐々に「一緒にいるのが当たり前」という感覚の関係になってしまいます。

「空気のような存在」なんてことは、よく言われますね。

ですが、空気というのは「そこにあって当たり前」であり、同時に「無くなると困るもの」でもあります。


つまりマンネリ化したカップルであっても、夫婦のようにお互いを思いやる関係であれば、決して別れの道を選ぶ必要はないのです。

これは「より深い絆が築かれている証拠」と考えて、関係を続けていくと良いでしょう。

マンネリ化を感じているのに、関係を続けていくことを選択するためのポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。


・一緒にいて居心地が良い

・ときめかないけど「好き」という気持ちはある


マンネリ化していても、一緒にいる時間が苦にならず、どちらかと言えば居心地が良くて落ち着けるのなら、これはとても良い関係です。

付き合い始めのようなドキドキは無いかもしれませんが、長年連れ添った夫婦のような深い思いやりが、そこにはあるのです。

そんな素晴らしい関係が築けているのなら、マンネリであることを気にする必要はないでしょう。


もしどうしてもマンネリを解消したいのなら、ちょっと新鮮な気持ちになれるような、非日常感を味わえるデートスポットなどに行き、楽しんでみると良いですね。

意外と簡単にマンネリ化した気持ちが解消されたり、「やっぱりこの人と付き合って良かった」という気持ちになれるかもしれません。

マンネリ化は必ず起こるもの!


カップルのマンネリ化を恐れてしまう方は少なくありません。

ですが、カップルがマンネリ化してしまうのは、実はとても自然な現象とも言えます。


付き合い始めの頃のドキドキする気持ち、ときめきなどを一生維持していくのは無理な話ですよね。

付き合ってから、お互いの色々な部分を知り始めると、新鮮な気持ちが無くなってくるのは仕方ないのです。


一生ドキドキしながら、初々しいカップルのように添い遂げる夫婦なんかがいれば羨ましいものですが、実際にはそのような方は、ほとんどいません。

大抵はラブラブだったカップルでも、結婚すれば夫婦になり、子供を授かって親になり、家族として、ときめきを感じなくても大切な存在、尊敬し合える存在になっていくものです。


つまり、マンネリ化は決して恐れるようなものではなく、男女が付きあえばほぼ、必ず訪れるものなのですね。

その時、別れるか、距離を置くか、関係を続けるか・・・どの選択肢を選ぶのかは人それぞれです。

相手との関係や抱いている気持ちを考慮しながら、後悔しない選択肢をじっくり検討しましょう。

マンネリ化はカップル達のターニングポイント

マンネリになった彼氏との関係をどうするか、悩んでいるなら、まずは自分自身の相手に対する気持ちを客観的に見てみましょう。

そのうえで、彼氏に対して「好き」という気持ちが残っているかどうかで判断すると良いですね。


別れるとしても、そのままの関係を続けるとしても、それが自分と彼氏のこれからの人生にとってプラスになるかどうかをよく考えることが大切です。

その場の勢いだけで別れを選んだり、「寂しくなるから」と無理に関係を続けるのはやめましょう。

「ついに私達もマンネリカップル?!彼氏との関係これからどうする?」を読んだ人に人気の記事
「またこの場所?もう飽きた」マンネリデートをどうにかしたい!長い間付き合っているからこそ陥ってしまうマンネリデート。場所もプランもネタ切れしていませんか?しかしせっかくならデートは楽しいものであって欲しいですよね。そこで今回は、マンネリデート対策や解決策を紹介していきたいと思っています。最近のデートに飽き飽きしている人は、ぜひ読んでみて♪
「最近マンネリかも。」そんなカップルがしてはいけないこと3つ!付き合いが長くなるとやってくる「マンネリ化」はとても厄介なものです。マンネリ化を上手く乗り越えようとしても乗り越えられず、別れてしまうカップルもいます。そこで今回は、マンネリ化を上手く乗り越えるために、マンネリ化したカップルがしてはいけないことを紹介します。
倦怠期を招くかも?お付き合いが長いカップルが忘れがちなこと5つ恋人とのお付き合いが長く続くことは、とても喜ばしいことです。その半面、長く続いたカップルは、「倦怠期」が気になって来るということもあるのではないでしょうか?長く続いたカップルがそんな倦怠期を招いてしまうのは、恋人とのお付き合いが長くなることで忘れがちなことがあるからかもしれません。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事