「やっぱり結婚したくない!」皆が婚約破棄を決めた理由って?

「やっぱり結婚したくない!」皆が婚約破棄を決めた理由って?

3432
update

婚約したからといって結婚が決まったわけではありません。婚約している時に「やっぱりこの人とは結婚出来ない」と感じて婚約破棄をすることもあります。婚約したからこそわかる相手のこと。今回は、みなさんが婚約破棄をした理由について紹介していきたいと思います。

3432
update

婚約したから安心…ではなかった!

彼氏にプロポーズされて、両親に挨拶に行き、結婚式のことや新居のことを話し合ったり、婚姻届を書いたり、婚約中にはやることが沢山ありますよね。

一つ一つこなしていくごとに「私はこれから幸せになれるんだ」と、嬉しくなるかと思いますが、中にはこの幸せが一瞬で終わってしまうこともあるんです。

それが「婚約破棄」です。

結納を交わしていても、両親や親戚に「結婚する」ということを伝えていても、婚姻届を提出する前までに結婚することを中止したら、それは婚約破棄になります。

お互いに「この人と結婚する!」と決めたものの、何らかの原因があって婚約破棄に至ってしまうことは少なくありません。

1番多いのが「浮気」で、結婚して家庭にはいってしまうことから「最後にちょっと遊ぶくらいならいいだろう」という軽い気持ちで浮気に走る人は多いそうですよ。

しかし、いくら遊びとはいえ浮気は許される行為ではありませんよね。

ちょっとした出来心でも婚約破棄になってしまうことはあるんです。

婚約中だからこそ、浮かれてばかりいないで相手のことをしっかり見極めて安心したいですよね。

そこで今回は、浮気以外で実際にあった婚約破棄をした理由を紹介していきたいと思います。

婚約破棄の理由①相手の本性を知った

婚約破棄をした理由1つ目は、「相手の本性を見たから」です。

長年交際していると、相手のことを全て知った気になっちゃったりしていませんか?

相手の好きなこと、好きな食べ物、嫌いなもの、悪い癖など良くも悪くも相手のことを知っていると思っている人も多いと思います。

しかし、どんなに長く付き合っていても、相手のことを100%知ることなんて出来ないんです。

結婚した夫婦でさえ、「あなたにこんな一面があったなんて」と結婚生活の中で知ることがあるくらいなので、あなたはまだ相手の全てを知ることなんて出来ていないんですね。

また、交際中はお互いに「良い所を見せたい」という気持ちが強くあるため、あまり悪い部分を見せません。

自分の悪い面を知ってもらうことも大切とはいえ、積極的に自分の短所は見せたくないですよね。

結婚するとなると、今まで隠してきた部分が隠しきれなくなることも増えますし、「本性を出しても逃げられない」と思うようになります。

そのため、まだ婚約中の身であっても自分の本性を現してくることがあります。

付き合っていた時は凄く優しい人だと思っていたのに実はDV男だった…とか、亭主関白タイプだった…など婚約中に本当の相手の姿が見れます。

本当の相手の姿を見ても「この人とならやっていける」と受け入れることが出来る場合もありますが、DVなどの結婚生活を続けられないほどの姿を見た場合は、迷わず婚約破棄した方があなたのためですよ。

婚約破棄の理由②相手と自分の仕事の事情

この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

結婚してからじゃ遅いから、ちゃんと本当にその人がいいのか?しっかり見極めた方がのちのちいいと思います。

結婚するつもりで親に紹介したら、親に反対されて、結婚を考え直し別れた人が居ますが、

両親と合う合わないっていうことも、家族になる上では大事だと思います。

3 名無しさん
通報

婚約する前にある程度見抜けなかったこちらにも落ち度はありますが、やっぱり一緒にいる時間が短いとどうしても判断力が鈍ります。見えてない部分ってどうしてもいい方向に補完してしまうので

2 ぽぽ
通報

婚約破棄しました。同居は絶対NGと言っていたのに同居するって言い出したからです。弟と妹もまだ同じ家で暮らしてて、私達のスペースは6畳一間。ありえない。今は別の人と結婚して幸せなので、あの時、妥協しなくてよかったと思っています。婚約したら逃げられないと思って本性を現す男、少なくないから要注意ですね。

1 穏やか
通報

婚約破棄になったら、両家の家族は驚くでしょうが、結婚する前に大事なことを知れて良かったと思いますよ。結婚してすぐに、浮気や借金とかが発覚したら、後悔する方もいるでしょう。場合によっては婚約破棄をせざるを得ないケースもあると思いますから、慎重になることが肝心ですよ。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー