この片思い、自分で終わらせる?告白するかどうかの決め手はこれ!

この片思い、自分で終わらせる?告白するかどうかの決め手はこれ!

3369

片思いの相手がいれば告白した方が良いのか、しないままが良いのか悩みますよね。今回は片思いの相手に告白をするメリットと、デメリットをまとめてみました!あなたはこれを読んで自分から告白したいと思う?それとも告白はやめておく?告白するか悩んでいる人は必見ですよ♪

3369 |

告白するメリット・デメリットはこんな感じ♪

自分から告白をするのは、メリットもあればデメリットもある!

結果的に良かったと思えるか、後悔するかは神のみぞ知ることです。

今現在告白に悩んでいる人は、メリットもデメリットも理解した上で、告白するか決めてみては…?

答えを出すのは他の誰でもなく、自分自身です。

後悔することのないように、自分にとって一番の答えを出したいですね☆

告白するメリットその1「恋に決着をつけられる」

片思いの相手に告白しないままでいるということは、恋に決着をつけることができないということです。

片思いの相手に動きがない限りは、その恋に決着はつかないんですね。

果てしない片思いをしたいのなら、それも良いでしょう。

しかし恋に決着をつけたいという気持ちがあるのならば、自分が告白という形で動く決心が必要です。

でなければその先もダラダラと、片思いを続けることしかできないんですね。

片思いをしているということは、片思いの相手と両想いになりたい、恋人同士になりたいという希望があるわけです。

告白をせずに恋に決着を着けずにいるということは、その希望を自ら捨ててしまうということ。

この恋がどうなるのか、自分自身で決着を着けるための告白です。

自分自身で答えを出したいからこそ、告白をするのです。

答えを出すことができるのが、告白のメリットなんですね。

ダラダラと片思いを続けることが、ときには時間の無駄になってしまうこともあるでしょう。

恋に決着を着けるのが早ければ、そんな風に時間を無駄にすることもありません。

この恋がどうなるのか、自分自身で告白という形で答えを出すことができます。

告白するメリットその2「晴れて恋人同士になれる可能性が上がる」

告白をする一番のメリットはこれでしょう。

それは片思いの相手と、晴れて恋人同士になれる可能性が上がることです。

自分から告白をせずに、片思いの相手と恋人同士になれる可能性はどれくらいでしょうか?

片思いの相手から告白されなければ、それは叶わないことです。

つまり片思いの相手も自分と同じように、好きになってもらわなければならないんですね。

そう考えると片思いの相手と恋人同士になれる可能性というのは、決して高いとは言えません。

ですが自分から告白することを考えたらどうでしょうか?

告白した時点では相思相愛ではなくても、もしかすると告白をしたことでOKしてくれる可能性があります。

実際に告白をされたことで意識するようになったり「付き合ってみてもいいか」と告白をOKされることは、珍しくありません。

つまり自分から告白をすることで、恋人同士になれる可能性を自分で上げることができるんですね。

片思いの相手と恋人同士になりたいという気持ちが強いのであれば、上手くいく可能性を自分で高めることは大切なことです。

晴れて恋人同士になれる可能性を上げることができるなんて、告白のメリットは思っている以上に大きいのかもしれませんね。

告白するデメリットその1「かなりの勇気が必要になる」

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

告白することにはリスクがあるけれど、リスクのない人生なんてないですよね。10年後20年後に後悔したくないから、私は告白する派ですね。

1 きなこ
通報

恋に決着をつけるためにも告白するのは大事ですよね。相手に恋人がいても言うだけなら別に悪いことじゃないですもんね。言わないまま消化しきれないままのほうが次に進みにくいと思います。ダメならダメってきっぱり言ってもらったらすっきりするもんね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー