友達から「自慢?」って婚テロ扱い…SNSで平和に結婚報告するには

友達から「自慢?」って婚テロ扱い…SNSで平和に結婚報告するには

3328

多くの人がやっているSNSでの「婚テロ」が今話題を集めています。結婚を報告する場としては悪くないのにどうして「婚テロ」になってしまうのか?そして「婚テロ」にならないためにはどのように報告すればいいのか、SNS上での結婚報告で気をつけたいことを紹介します。

3328 |

「婚テロ」とは?

ホームボタン

あなたは「婚テロ」という言葉を聞いたことがありますか?

「婚テロ」は、SNS上で結婚報告をしたり、結婚式までの様子をアップすることです。

今はSNSをやっているという人が多いので、結婚報告をする際にSNSを使って「結婚しました」と伝えれば、1度に多くの人に伝えられますし、簡単お手軽ですよね。

しかし必要以上に写真をアップしたり、結婚話を長々とSNS上に流したりしていると「婚テロ」と呼ばれ、多くの人から反感をかってしまうこともあるのです。

もちろん、SNS上で結婚報告や結婚式のことを流してはいけない、というわけではありません。

幸せいっぱいな時期、みんなにも祝福してもらいたいですよね。

「婚テロ」にならないようにするためにはどうしたらいいのか、今回はSNS上での結婚報告で気をつけたいことを紹介します。

繋がった瞬間ドン引き?彼に嫌われる女子のインスタ投稿例7つ | KOIMEMO

写真を投稿するSNSといえば、Instagramが人気です。インスタの利用者数が増えてきている今、あなたと彼もフォローし合っていたり、今後その機会が訪れるかもしれません。しかし、男性が引く投稿もあります。そこで、インスタに投稿するなら、男性が引くような投稿や使用例はどんなものか知っておきませんか?

https://koimemo.com/article/5648

許可なしに他人の写真をアップしない

汚れた手

SNS上での結婚報告で気をつけたいこと1つ目は、「許可なしに他人の写真をアップしないこと」です。

SNSでは、頻繁に写真を公開している人も多いと思います。

自分1人が写っている写真だけをアップしたり、風景の写真をアップするだけならば問題はありませんが、自分以外の人をSNS上でアップするためには、その人の許可が必要です。

結婚式などの結婚パーティーのような席では多くの人と写真を撮ることも多いと思いますが、無断でSNS上にアップしてはいけません。

これは、自分より目上の人が駄目で友達ならいいということではなくて、たとえ親族であっても初めて顔を合わせた人であっても、許可は必要なんです。

写真には「肖像権」というものがあり、これは撮った人が誰であれ写真に写っている人に関係があるものなので、写真を撮った人に許可を取るのではなく写真に写っている人に許可を取りましょう。

もし、写っている人が「写真を公開してほしくない」と言えば、SNS上に公開することは出来ません。

勝手にSNS上に公開したらあなたが訴えられてしまう可能性があるんです。

あなたが結婚したからといっても、写真をSNS上にアップしてほしくないと思っている人は多いです。

SNS上に写真をアップすれば、1度だけだったとしてもその写真が拡散されたりすれば多くの人に見られてしまってり、保存されてしまったりします。

すぐに消したとしてもどれだけの人に見られてしまっているかは特定することが出来ないので、知らない所で自分の顔がサイトに載せられていた…ということもあります。

結婚で浮かれてしまっていると、周りのことを気にせずに写真をアップしてしまう人が多くなりますが、トラブルに巻き込まれないようにするためにも写真をアップする際はきちんと許可を取っておきましょう。

何度も結婚について投稿しない

ダイヤの指輪
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー