【恋愛俯瞰】どんな形の愛が自分に似合うのか?恋愛、友愛、家族愛

yukino

「恋愛」「友愛」「家族愛」……など、「愛」という単語がつく言葉はいくつもあります。あなたは、自分の中に「愛されたい」という気持ちが芽生えた時、まず「彼氏が欲しい」と思ってしまいませんか?でも、彼氏ができなくてフラストレーション……。だったら、違う方向に考え方を切り替えるのはいかがでしょう。

「好き」の意味は「LIKE」か「LOVE」しかない?


日常で「彼のことは好きだよ」「それってLOVE?それともLIKE?」という会話がなされることがありますよね。

確かに、恋愛として好きであるという意味の「好き」と、それ以外の「好き」を見分けるには、今のところ最も妥当な聞き方であると思います。

日本語では「好き」のいっしょくたになってしまうから、わかりやすい英語を利用して聞く。

ただ、私は最近、日本語に「LIKE」と「LOVE」を違う意味として捉えた「好き」に似た表現がないのって、意味があるんじゃないかなと思うんですよね。

『愛』とは大きな感情のベクトルのことを指す、と定義すれば、どんな他者との間にも愛という言葉を適用できるわけで、この『愛』が流れる瞬間をさすのが『好き』という言葉のような気がします。


少しややこしい表現になってしまうのですが、なんというかもし『愛』というものが目に見えるものだとしたら、『愛』はそこに静止している物体で、感情のエネルギー量と愛の色や形、流れる方向を示しながらAさんとBさんという二者の間に突っ立っています。

そしてその『愛』がAさんからBさんに向かって歩き始めた時にそれが『好き』という感情なのではないかと。

極端に言ってしまえば、人と人の間には必ず『愛』が存在していて、その量が大きいか小さいか、どんな色や形をしているのかは両者の関係によるわけです。

この色や形というのを日本語に直してみると、「家族愛」「友愛」「恋愛」とかになっていくのでしょう。

これらの愛情がある人に対して流れることを「好き」というとすれば、たしかに「好き」をわざわざ使い分ける必要が無いのですから。

これは本当に私個人の勝手な解釈ですが、結構妥当だと思うのです。

無論こんな議論をしたところで、友達に「LOVEなの?LIKEなの?」と聞かれた時に「愛というのは~」と言い始めるわけにはいかないので、そう聞かれたらできるだけ近い形で答えるつもりでいますが、私はこの考え方に気づいた時にわざわざ「恋愛」か「恋愛以外の愛か」の二つで決める必要ってないなと思いました。

どんな形の愛が自分にとって心地よいのかを考えてみる


他人との信頼関係を得ていく上で、いわゆる「親しみ」を感じずにはいられない相手がいますよね。

私はそこに確かに「愛」の存在を感じますし、愛のベクトルが同じ量で互いを向いているときって、一緒にいてすごく居心地のいいものです。

それは恋人と一緒にいる時すごく居心地がいいのと同じことでしょう。

友人でも家族でも、同じような感覚になる相手との間に、きっとそういう相互に愛の受け渡しがあるのですよね。


現在私には彼氏がいませんが、それでも満たされているのって、周囲に自分が渡す愛を受け取ってくれる人がいて、同様に向こうからも同じ量の愛情を受け取っているからなんじゃないかなと思っています。

私も前までは結構彼氏を作って、彼に愛情を求めるタイプだったと思うのですが、最近自分に似合う愛の形ってこういう方向の、日本語にすれば「友愛」のほうが似合っているんじゃないかと思うようにもなりました。

「友愛」の良いところは、「恋愛」ほど大きな感情ではないかもしれないけれど、波もなく穏やかで継続的な愛情をもらえるところですね。

逆に私の知り合いで彼氏を絶やさない子がいますが、彼女は「恋愛」と言うかたちで愛を誰かと交換し合うのが本人の生き方に合っているのだと思います。

もちろん自分にあう形は一つじゃないと思います、いわゆる「友愛」が合う人もいれば「家族愛」が合う人もいるし、「恋愛」が合う人もいる、たとえば「友愛」と「恋愛」をうまく両立させてどちらにおいても満足のいく愛の受け渡しができている人もいるでしょう。

「愛されたい」=「恋人をつくる」だけではないということ


「愛されたい」というのは、非常に強い人間の根源的な欲求だと思います。

だから、愛されたいと思うのは当然だと思っていいし(自分は愛に飢えているのだとか愛されたがってばかりいるという心配はしなくていいということ)、それに対して自分は行き過ぎだと思うことはないのです。

きっと、愛されたいという欲求が強い人ほど本当は誰かを愛したいのだと思うし、自分の中にたまりきった愛を放出する先を求めているというか、誰かに渡したくて仕方がないのだけれど、その相手が見つからないからなんともぐしゃぐしゃな感情が胸の中に巣食うのだと思うんですよね。

実際私も、それを強く感じていた時期がありました。

特に大学時代は、告白された相手を人間的に嫌いでなければOKして付き合っていたし、それゆえに痛い目にあったこともあります。

彼氏から「本当に俺のことを好きじゃないなら、なんで付き合ったの?」と言われたこともあったし、男友達から付き合った理由を聞かれ「振るのが辛かったから」というと「それは優しさじゃないよ」と説教されたこともあります。

当時の自分には、それがなぜだかわからなかったんですよね。

自分にとっての「愛」って恋愛にしかなかったから、私は「親からもらえなかった愛情を恋で満たすしかない」と思っていたんです。

親からもらった家族愛に気づかないのも愚かだったと今なら思うし、「家族愛」を「恋愛」と置き換えることができていたにも関わらず、今のような考えに至らず、ただ「家族愛」は「恋愛」でしか埋めることが出来ないと思い込んでいたのも疑問。

ただ、そうと気付けなかった自分の未熟さは、今の私にとっては一つの勉強材料になっているわけですから悪いことだけだったとも言い切れませんが。

どんな愛情でも、人間は幸せになれると思う


私はそうして、現在いわゆる「友愛」や「家族愛」で満たされているわけですが、みなさんにとって今最もほしいのはどんな愛情でしょうか。

いま、「恋愛」がほしいと思っていたとしても、それを手に入れるのが難しいようであれば、まずは「友愛」でその穴を埋めても良いと思うのです。

個人的に「家族愛」って長い長い年月の積立が必要だけれど、「友愛」って心やフィーリングがマッチすればそれほど年月の積立がなくても得られるものだと思うから。


これは「友愛」にあたるのかわかりませんが、私には一緒にものづくりをしてくれる仲間が何人かいます。

そのうちの一人とは、まだ現在出会って1ヶ月くらいですが非常にフィーリングが合うので、私はよく彼にそのことを伝えます。

自分にとって彼がいかに大切な存在であるのかを伝えれば、彼も同じように返してくれる。

彼の心に嘘がないことを感じ取ることができるから、私は彼から素直にその言葉を受け取ることができる。


きっとそういう人に巡り合うことができれば、誰しも心は愛で満たされると思うのです。

愛をもらう相手を「恋人」だけに限定せず、まずは他人と関わることを恐れずに色んな人と出会い、話をしてみて、この人であれば自分と愛情の交換ができると思える人を探すのが「愛されたい」という思いを叶える一つの方法だと思うのです。

もちろんそれぞれの愛によって、色や形が違うので付随して得られるものも自ずと変わってきますが、中心にあるのは「愛」として変わりありません。


しかし、これはあくまでも「心が愛で満たされるかどうか」という話です。

つまり、「老後一人は寂しいから結婚したい」とか「子供がほしい」とか、そういう別の欲求が芽生えた場合は確かに「恋人」とか「結婚相手」という相手が必要になりますから、それにはまた別のアプローチをしなくてはなりません。

ただ、そういう相手を探すにも時間が掛かるし、なにもその相手を探す途中は他の形の愛で満たされてはならないというわけではありませんから、自分の支えにするためにも愛の定義を広く持って、自分にあう愛の形を見つけて欲しいということです。

「【恋愛俯瞰】どんな形の愛が自分に似合うのか?恋愛、友愛、家族愛」を読んだ人に人気の記事
デートの始まりにキス?!彼氏の心を掴むキスのタイミング5つ!恋人同士ならキスをするのは当たり前ですが、タイミングを見計らわず、あまりに雑なキスばかりだと彼氏の心は離れてしまうかも...?なので今回は、彼氏の心をしっかりと掴んでおくために効果的となる、キスのタイミングについてご説明します。
男性がとにかく怖いんです…そんな男性不信の女性の対処法4つ!「男性が怖い」と男性不信の女性は少なくありません。それでも「恋愛をしてみたい」という気持ちは誰にでもあるので、まずは「男性が怖い」という気持ちを無くすことが大切です。そこで今回は、男性不信の女性に向けて、対処法を4つと注意点をご紹介していきたいと思います。
恋愛にトラブルは付きもの!?青春時代のイタいエピソード3つ!恋愛におけるトラブル。できればそんなトラブル、訪れないに越した事はないですよね。今回は、そんなイヤ~な瞬間をまとめてみました。特に、学生時代のエピソードが多いので、自分の立場に当てはめてみてくださいね。意外と皆さん、繰り返しているものですよ。

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事