【恋愛俯瞰】どんな形の愛が自分に似合うのか?恋愛、友愛、家族愛

【恋愛俯瞰】どんな形の愛が自分に似合うのか?恋愛、友愛、家族愛

3378

「恋愛」「友愛」「家族愛」……など、「愛」という単語がつく言葉はいくつもあります。あなたは、自分の中に「愛されたい」という気持ちが芽生えた時、まず「彼氏が欲しい」と思ってしまいませんか?でも、彼氏ができなくてフラストレーション……。だったら、違う方向に考え方を切り替えるのはいかがでしょう。

3378 |

「好き」の意味は「LIKE」か「LOVE」しかない?

日常で「彼のことは好きだよ」「それってLOVE?それともLIKE?」という会話がなされることがありますよね。

確かに、恋愛として好きであるという意味の「好き」と、それ以外の「好き」を見分けるには、今のところ最も妥当な聞き方であると思います。

日本語では「好き」のいっしょくたになってしまうから、わかりやすい英語を利用して聞く。

ただ、私は最近、日本語に「LIKE」と「LOVE」を違う意味として捉えた「好き」に似た表現がないのって、意味があるんじゃないかなと思うんですよね。

『愛』とは大きな感情のベクトルのことを指す、と定義すれば、どんな他者との間にも愛という言葉を適用できるわけで、この『愛』が流れる瞬間をさすのが『好き』という言葉のような気がします。

少しややこしい表現になってしまうのですが、なんというかもし『愛』というものが目に見えるものだとしたら、『愛』はそこに静止している物体で、感情のエネルギー量と愛の色や形、流れる方向を示しながらAさんとBさんという二者の間に突っ立っています。

そしてその『愛』がAさんからBさんに向かって歩き始めた時にそれが『好き』という感情なのではないかと。

極端に言ってしまえば、人と人の間には必ず『愛』が存在していて、その量が大きいか小さいか、どんな色や形をしているのかは両者の関係によるわけです。

この色や形というのを日本語に直してみると、「家族愛」「友愛」「恋愛」とかになっていくのでしょう。

これらの愛情がある人に対して流れることを「好き」というとすれば、たしかに「好き」をわざわざ使い分ける必要が無いのですから。

これは本当に私個人の勝手な解釈ですが、結構妥当だと思うのです。

無論こんな議論をしたところで、友達に「LOVEなの?LIKEなの?」と聞かれた時に「愛というのは~」と言い始めるわけにはいかないので、そう聞かれたらできるだけ近い形で答えるつもりでいますが、私はこの考え方に気づいた時にわざわざ「恋愛」か「恋愛以外の愛か」の二つで決める必要ってないなと思いました。

どんな形の愛が自分にとって心地よいのかを考えてみる

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー