【男性必見!】仕事と私どっちが大事なの?と言われない5つのコツ

【男性必見!】仕事と私どっちが大事なの?と言われない5つのコツ

カップル
mayu
mayu
2015.06.30

連絡頻度を多くしたいけれど、出来ない場合もありますよね。

そういう時には自分自身もイライラしてしまい、仕事に支障をきたすようなことになりかねません。

そうならないようにするためには、連絡の頻度は少なくても、内容を濃くするように工夫をしてみましょう。

たとえばデートの約束について、はっきりした日が決められない場合でも、その場所についての情報を伝えるのも良いかもしれません。

好きという言葉をストレートにメッセージに書いても良いですね。

「会えなくても、私のことを大切に思ってくれている!」と彼女が思うことが出来れば、これからも二人の付き合いをうまく続けてくことが出来るでしょう。

相手とのやりとりが苦手な場合

人によっては、連絡をしたくないというのではなくて、やりとりそのものが苦手ということもあります。

特に男性はメールでのやりとりが得意ではない人が多いです。

でも女性から見れば、メールが愛情のバロメーターというようなところがあります。

そのため、メールやLINEのメッセージが少ないと、愛されている確信が持てなくなるため、気持ちが安定しないのです。

「自分は、連絡があまり得意ではない」ということを、最初の段階で伝えるようにしましょう。

そして唯一、電話ならまだ出来るというような時には、電話でのやりとりをメインにするようにすれば、彼女も理解をしてくれるのではないでしょうか。仕事が出来る男はかっこいい!と思いながらも、私のこともちゃんと見てほしい!というように思うのが、女性の気持ち。

それを表面に出すか出さないかの違いだと思います。

男性としては、そういう女性の気持ちに対して思いやりを持って、二人で話し合うようにしてほしいと思います。

そして連絡の仕方についてどうするかを決めたり、気持ちを伝える努力をしたりするようにしてみましょう。

そうすればきっとお互いに理解がし合えるはずです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事